ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す

ちょっと遅いけど、ZBrush 2019にアップグレードした。

で、バージョン2019の新機能とは全然関係なく(笑)、最近になってZBrushのUndo Historyを動画にできることを知った。

Undo History Movies

モデルのUndo Historyからムービーを作成できます。

ZBrushでスカルプティングしている最中は、常にモデルの向きを変えたり、ズームしたり、モデルの位置を変えて部分にフォーカスすることができますが、スカルプティングの録画を見返す際にこれらの動きは邪魔になります。Undo History機能ならこの問題を解消し、より見やすい録画を行うことが可能です。

普段ZBrushの作業記録を取る際、オイラは単純にスクリーンショットで静止画を保存していたんだけど、自動的に記録されるUndo Historyを後から動画にできるとは。
確かにYouTubeにアップされている動画はこんな感じだったな(今頃気づいた)


スポンサーリンク


動画への書き出しは、ターンテーブル動画の書き出しと似た感じで、
ムービー (Movie) → F履歴録画 (F History)
でHistoryが過去から順にMovie化される。



逆に
ムービー (Movie) → B履歴録画 (B History)
で現在から過去へ向かって逆順にMovie化される。
FはおそらくForward(順方向)、BはBackward(逆方向)の略でしょう。

フレームレートや録画する領域・大きさの指定、ロゴの表示といった設定はターンテーブル動画の書き出しと共通。









ZBrush上でMovie化したら、ターンテーブルと同じように動画ファイルにエクスポートすればOK。

ということで、これのHistoryを動画にしてみた↓


スポンサーリンク



ファイルが重くなるからHistoryを消しがちだったんだけど、色々と学びがあるな。長い時間をギュッと圧縮した動画にして見返すと、どこで悩んでいたかも、何がブレイクスルーだったのかも何となく分かる。

追記:Movieへの書き出しをZScript化してみた↓



スポンサーリンク

関連記事

Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
Zbrushでメカ物を作るチュートリアル動画
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushCore
UnityでARKit2.0
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ZBrush 4R8 リリース!
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
自前Shaderの件 解決しました
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Unreal Engine 5の情報が公開された!
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ジュラシック・パークのメイキング
Physically Based Rendering
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
ZBrushの練習 手のモデリング
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
PythonでBlenderのAdd-on開発
海外ドラマのChromaKey
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
タダでRenderManを体験する方法
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
HD画質の無駄遣い その2
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushのお勉強
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN

コメント