ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す

ちょっと遅いけど、ZBrush 2019にアップグレードした。

で、バージョン2019の新機能とは全然関係なく(笑)、最近になってZBrushのUndo Historyを動画にできることを知った。

Undo History Movies

モデルのUndo Historyからムービーを作成できます。

ZBrushでスカルプティングしている最中は、常にモデルの向きを変えたり、ズームしたり、モデルの位置を変えて部分にフォーカスすることができますが、スカルプティングの録画を見返す際にこれらの動きは邪魔になります。Undo History機能ならこの問題を解消し、より見やすい録画を行うことが可能です。


スポンサーリンク

普段ZBrushの作業記録を取る際、オイラは単純にスクリーンショットで静止画を保存していたんだけど、自動的に記録されるUndo Historyを後から動画にできるとは。
確かにYouTubeにアップされている動画はこんな感じだったな(今頃気づいた)


スポンサーリンク


動画への書き出しは、ターンテーブル動画の書き出しと似た感じで、
ムービー (Movie) → F履歴録画 (F History)
でHistoryが過去から順にMovie化される。



逆に
ムービー (Movie) → B履歴録画 (B History)
で現在から過去へ向かって逆順にMovie化される。
FはおそらくForward(順方向)、BはBackward(逆方向)の略でしょう。

フレームレートや録画する領域・大きさの指定、ロゴの表示といった設定はターンテーブル動画の書き出しと共通。









ZBrush上でMovie化したら、ターンテーブルと同じように動画ファイルにエクスポートすればOK。

ということで、これのHistoryを動画にしてみた↓



ファイルが重くなるからHistoryを消しがちだったんだけど、色々と学びがあるな。長い時間をギュッと圧縮した動画にして見返すと、どこで悩んでいたかも、何がブレイクスルーだったのかも何となく分かる。


スポンサーリンク

関連記事

中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
ZBrushの練習 手のモデリング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
3DCG Meetup #4に行ってきた
Unityをレンダラとして活用する
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
MFnMeshクラスのsplit関数
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
clearcoat Shader
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
プログラムによる景観の自動生成
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
TVML (TV program Making language)
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
ゴジラ(2014)のメイキング
Stanford Bunny
この連休でZBrushの スキルアップを…
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ZBrushのお勉強
顔のモデリング
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Subsurface scatteringの動画
3Dグラフィックスの入門書
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
PS4用ソフト『Marvel's Spider-Man』
ラクガキの立体化 反省
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
Unityの薄い本
立体視を試してみた
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)

コメント