UnityでARKit2.0

ここ最近iOSのARKitやAndroidのARCoreのようなスマホARのSDKが充実してきているようなので、オイラも遊んでみたくなった。

ARKit2.0

オイラが持っているスマホはiPhone 8だけなので、とりあえずARKitを触ってみよう。ARKit2.0は色々とすごいらしいですね。
https://developer.apple.com/videos/play/wwdc2018/602/

ということで、ARアプリの開発環境は必然的にMacとXCodeになる。
最新のARKit2.0を使うには最新のMacを購入しないと無理かと思ってたけど、オイラが今持っている古いMacBook Air(2012年モデル)もOSを最新のMojaveへアップデートしたらiOS12.1対応のXcode 10.1が使えるようだ。(7年前のハードなのに!)
MacBook Air購入時にスペックを割と高めにしておいて良かった。

Unity-ARKit-Plugin

今時はゲームエンジンのプラグインという形でAR系(主に画像認識)の機能を利用してコンテンツを作るのが当たり前になっているので、当然UnityからARKitの機能を利用できるプラグインが配布されています。
(Apple公式ではなく)Unity TechnologiesのリポジトリからUnity-ARKit-Pluginおよびサンプルプロジェクトがダウンロードできる↓
https://bitbucket.org/Unity-Technologies/unity-arkit-plugin

README.mdによると、このプラグインの推奨環境は以下。

  • Unity 2017.4以上
  • Xcode 10.0以上とARKitフレームワークの入った最新のiOS SDK
  • ARKitをサポートしたiOSデバイス(iPhone 6S以降、iPad(2017)以降)
  • iOS 12以上

これならオイラでも満たせるぞ。


スポンサーリンク


オイラの開発環境は以下。

  • macOS 10.14.2 (Mojave)
  • Unity 2018.3.0f2
  • Xcode 10.1
  • iPhone 8 (iOS 12.1.2)

Apple Developer アカウントの設定についてはここを参考に↓
https://docs.unity3d.com/ja/2018.3/Manual/iphone-GettingStarted.html
https://docs.unity3d.com/ja/2018.3/Manual/iphone-accountsetup.html

昔と違って、今はiOS開発もただ動作を試すだけなら無料でできるんですね。

まずはこの記事を参考にサンプルシーンをビルドして実機で動かしてみよう↓
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2018/09/19/205354

ダウンロードしたサンプルプロジェクトを展開し、
Assets/UnityARKitPlugin/Examples/UnityARKitScene
を開いてビルドしてみる。
UnityのBuild SettingでビルドするPlatformにiOSを選択し、MacにiPhone実機を繋いだ状態でBuild And Runを押す。



ビルドが始まるとXCodeプロジェクトが生成され、自動的にXCodeが立ち上がり、iOSアプリのビルドが進む。
と、ここに来てXCode上でエラー発生↓



TeamにはXCodeに登録したAppleIDに紐づいたチーム情報を指定しないといけないらしい。
Unityから生成されるXCodeプロジェクトではこの設定がデフォルトで空になっていた。Unityから生成されたXCodeプロジェクト上で手動で設定して、
XCodeの▶️ボタンを押してやればビルドが通る。(これってビルドの度に毎回手動でやらないといけないの?)

実機にアプリのアイコンが追加された。



ビルドしたサンプルシーンUnityARKitSceneは、画像認識で平面を検出して、タップするとそこにCubeを配置するというシンプルなもの。

ARKit2.0のポテンシャルについては、Apple公式のドキュメントを読んだ方が良いんだろうか。
https://developer.apple.com/documentation/arkit

CGオブジェクトへの環境マッピングは是非とも試したいところ。



https://blogs.unity3d.com/jp/2018/06/14/whats-new-in-unity-arkit-plugin-for-arkit-2/

映り込みのサンプルシーンは
〜/Examples/ARKit2.0/UnityAREnvironmentTexture/UnityAREnvironmentProbeAnchor




〜/Examples/ARKit2.0/UnityAREnvironmentTexture/UnityAREnvironmentProbeAnchorManual



か。

実機で動作させてみた↓


ARKitRemote

頻繁に修正してデバッグしていくならARKitRemoteを使った方が良いんだろうな。
http://nn-hokuson.hatenablog.com/entry/2018/10/17/190203
https://lilea.net/lab/how-to-use-arkit-remote/

AR Foundation

どうやらUnityでは、マルチプラットフォームAR開発環境も用意しているらしい。AR KitとAR Coreに対応しているらしい。
https://docs.unity3d.com/Packages/com.unity.xr.arfoundation@1.0/manual/index.html
http://tsubakit1.hateblo.jp/entry/2018/11/21/211400



スポンサーリンク

関連記事

Pix2Pix:CGANによる画像変換
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ZBrushのお勉強
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
自前Shaderの件 解決しました
SIGGRAPH Asia
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
OpenGVのライブラリ構成
ポリ男からMetaHumanを作る
Paul Debevec
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushの作業環境を見直す
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
ラクガキの立体化
Unreal Engine 5の情報が公開された!
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
なんかすごいサイト
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
ZBrushでカスタムUIを設定する
プログラムによる景観の自動生成
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Unityをレンダラとして活用する
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
プログラミングスキルとは何か?
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Mixamo:人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
この連休でZBrushの スキルアップを…
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング

コメント