UnityでARKit2.0

ここ最近iOSのARKitやAndroidのARCoreのようなスマホARのSDKが充実してきているようなので、オイラも遊んでみたくなった。

ARKit2.0

オイラが持っているスマホはiPhone 8だけなので、とりあえずARKitを触ってみよう。ARKit2.0は色々とすごいらしいですね。

ARKit 2 makes it easy to develop vivid augmented reality experiences and enable apps to interact with the real world in entirely new...

ということで、ARアプリの開発環境は必然的にMacとXCodeになる。
最新のARKit2.0を使うには最新のMacを購入しないと無理かと思ってたけど、オイラが今持っている古いMacBook Air(2012年モデル)もOSを最新のMojaveへアップデートしたらiOS12.1対応のXcode 10.1が使えるようだ。(7年前のハードなのに!)
MacBook Air購入時にスペックを割と高めにしておいて良かった。

Unity-ARKit-Plugin

今時はゲームエンジンのプラグインという形でAR系(主に画像認識)の機能を利用してコンテンツを作るのが当たり前になっているので、当然UnityからARKitの機能を利用できるプラグインが配布されています。
(Apple公式ではなく)Unity TechnologiesのリポジトリからUnity-ARKit-Pluginおよびサンプルプロジェクトがダウンロードできる↓


README.mdによると、このプラグインの推奨環境は以下。

  • Unity 2017.4以上
  • Xcode 10.0以上とARKitフレームワークの入った最新のiOS SDK
  • ARKitをサポートしたiOSデバイス(iPhone 6S以降、iPad(2017)以降)
  • iOS 12以上

これならオイラでも満たせるぞ。


スポンサーリンク


オイラの開発環境は以下。

  • macOS 10.14.2 (Mojave)
  • Unity 2018.3.0f2
  • Xcode 10.1
  • iPhone 8 (iOS 12.1.2)

Apple Developer アカウントの設定についてはここを参考に↓

iPhone や iPad のようなデバイス向けにゲームをビルドするには、デスクトップ PC 向けゲームとは異なるアプローチが必要です。PC マーケットと異なり、iPhone や iPad のようなハードウェアは標準化されていて、専用ビデオカードをもつコンピューターほど高速で強力ではありません。このため、これらのプラッ...
A free Apple ID is all you need to test your build on any iOS devices you own. However, you should be aware that the free option is limited: you can’t use servi...

昔と違って、今はiOS開発もただ動作を試すだけなら無料でできるんですね。

まずはこの記事を参考にサンプルシーンをビルドして実機で動かしてみよう↓
先日(2018年9月18日)ようやくiOS12がリリースされて、ARKitもARKit 2.0にバージョンアップされました。ここではARKit 2.0の特徴と、UnityからARKitの機能を使う方法を紹介します。今回の目次は次のようになります。 ARKitとは ARKit 2.0で追加された機能 ARの永続化と複数人...

ダウンロードしたサンプルプロジェクトを展開し、
Assets/UnityARKitPlugin/Examples/UnityARKitScene
を開いてビルドしてみる。
UnityのBuild SettingでビルドするPlatformにiOSを選択し、MacにiPhone実機を繋いだ状態でBuild And Runを押す。



ビルドが始まるとXCodeプロジェクトが生成され、自動的にXCodeが立ち上がり、iOSアプリのビルドが進む。
と、ここに来てXCode上でエラー発生↓



TeamにはXCodeに登録したAppleIDに紐づいたチーム情報を指定しないといけないらしい。
Unityから生成されるXCodeプロジェクトではこの設定がデフォルトで空になっていた。Unityから生成されたXCodeプロジェクト上で手動で設定して、
XCodeの▶️ボタンを押してやればビルドが通る。(これってビルドの度に毎回手動でやらないといけないの?)

実機にアプリのアイコンが追加された。



ビルドしたサンプルシーンUnityARKitSceneは、画像認識で平面を検出して、タップするとそこにCubeを配置するというシンプルなもの。

ARKit2.0のポテンシャルについては、Apple公式のドキュメントを読んだ方が良いんだろうか。

CGオブジェクトへの環境マッピングは是非とも試したいところ。



Apple announced exciting news for AR developers last week at WWDC, including ARKit 2. Unity has worked closely with Apple to allow our developers instant a...

映り込みのサンプルシーンは
〜/Examples/ARKit2.0/UnityAREnvironmentTexture/UnityAREnvironmentProbeAnchor




〜/Examples/ARKit2.0/UnityAREnvironmentTexture/UnityAREnvironmentProbeAnchorManual



か。

実機で動作させてみた↓


スポンサーリンク

View this post on Instagram

UnityからiOSのARKit 2.0の機能を使うサンプルを試してみた

NegativeMindさん(@negative0mind)がシェアした投稿 –


ARKitRemote

頻繁に修正してデバッグしていくならARKitRemoteを使った方が良いんだろうな。

UnityのARKit Pluginには、作成したアプリを毎回実機に転送しなくてもデバッグできるARKitRemoteという仕組みが用意されています。今回はこのARKitRemoteを使用する方法を紹介します今回の目次は次のとおりです。 ARKitRemoteとは 実機にARKitRemoteのアプリをインストールする...
  前回の投稿は使い方の翻訳のみだったので、今回は具体的な方法をメモですよ。   大まかな…

AR Foundation

どうやらUnityでは、マルチプラットフォームAR開発環境も用意しているらしい。AR KitとAR Coreに対応しているらしい。

今回はARCoreとAR Kitの両方に対応したマルチプラットフォームAR環境である「AR Foundation」、その最初の一歩として「とりあえず動くもの」の作り方を紹介します。 AR Foundationとは? 使い方 ARのセットアップ 平面の検出をグラフィカルにする オブジェクトをAR空間に配置する 完成 関連...



スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.