書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

ここ最近ちっともZBrushに触れてないのに何ですが、デジタルスカルプター・モデラーの森田悠揮氏の書籍を購入しました。

The Art of Mystical Beasts  ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート

学生時代から頭角を現し、今後もさらなる活躍が期待されるデジタルアーティスト、キャラクターデザイナーの森田悠揮(もりたゆうき)。
独創性とリアリティを併せ持った幻獣(Mystical Beasts)をいかにして描くのか、月刊CGWORLDで連載中の「Observant Eye」で紹介した17点、そして表紙を飾る新作アートを題材に、イラストレーターとCG制作者の双方に役立つTIPSを交えながら詳しく解説します。

数年前からネットで森田氏の名前をよく見かけていたけど、まだかなり若い方なんですね。

ワコム 森田悠揮 ZBrushテクニックセミナー


スポンサーリンク


ZBrush界隈は若き天才だらけだな。


スポンサーリンク
ZBrushMerge2017Summer 森田 悠揮 「クリーチャーデザインとコンセプトモデル」

この書籍の副題に「ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート」とあるけど、ここで「ほか」と括られているのがFoundry社の3DペイントツールMARIだ。(あとAutodesk Mudbox)

Mari 4.0 | Introduction For Mari 3.0 Users

Foundryの最先端の3Dペインティングツール、”MARI”は流動的かつ柔軟に3Dモデルへ直接ペイントを可能にします。MARIを使用する事でより短い時間で効率的なペントができ、また技術的な問題に時間を裂く必要がなくなります。
世界で最も進んだレイヤーシステムをサポートしたMARIは、スピードや効率性を損なうことなく、超高解像度のテクスチャや何百万ポリゴンの取り扱いが可能で、またインターフェイスも自由にカスタマイズができユーザーは自身のアートに集中することが可能となります。
現在Foundry MARIは多くのVFXスタジオで使用されています。

オイラは全然MARIに触ったこと無かったんだけど、幸い無料の非商用版もあるらしく、お勉強を始めるハードルはそれほど高くないようだ↓
https://www.foundry.com/products/mari/non-commercial

3Dのペイントツールだと、このMARI以外にもSubstance Painterってのも聞いたことあるけど、3D用途だとPhotoshopの時代じゃなくなってるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのZScript入門
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
そのアプローチは帰納的か演繹的か
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ゴジラ三昧
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
TVML (TV program Making language)
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
3DCGのモデルを立体化するサービス
CreativeCOW.net
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
HD画質の無駄遣い
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
iPhone欲しいなぁ
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
adskShaderSDK
clearcoat Shader
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
色んな三面図があるサイト
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
顔のモデリング
ガメラ生誕50周年
ラクガキの立体化 胴体の追加
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』

コメント