書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

ここ最近ちっともZBrushに触れてないのに何ですが、デジタルスカルプター・モデラーの森田悠揮氏の書籍を購入しました。

The Art of Mystical Beasts  ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート

学生時代から頭角を現し、今後もさらなる活躍が期待されるデジタルアーティスト、キャラクターデザイナーの森田悠揮(もりたゆうき)。
独創性とリアリティを併せ持った幻獣(Mystical Beasts)をいかにして描くのか、月刊CGWORLDで連載中の「Observant Eye」で紹介した17点、そして表紙を飾る新作アートを題材に、イラストレーターとCG制作者の双方に役立つTIPSを交えながら詳しく解説します。

数年前からネットで森田氏の名前をよく見かけていたけど、まだかなり若い方なんですね。

ワコム 森田悠揮 ZBrushテクニックセミナー


スポンサーリンク


ZBrush界隈は若き天才だらけだな。


スポンサーリンク
ZBrushMerge2017Summer 森田 悠揮 「クリーチャーデザインとコンセプトモデル」

この書籍の副題に「ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート」とあるけど、ここで「ほか」と括られているのがFoundry社の3DペイントツールMARIだ。(あとAutodesk Mudbox)

Mari 4.0 | Introduction For Mari 3.0 Users

Foundryの最先端の3Dペインティングツール、”MARI”は流動的かつ柔軟に3Dモデルへ直接ペイントを可能にします。MARIを使用する事でより短い時間で効率的なペントができ、また技術的な問題に時間を裂く必要がなくなります。
世界で最も進んだレイヤーシステムをサポートしたMARIは、スピードや効率性を損なうことなく、超高解像度のテクスチャや何百万ポリゴンの取り扱いが可能で、またインターフェイスも自由にカスタマイズができユーザーは自身のアートに集中することが可能となります。
現在Foundry MARIは多くのVFXスタジオで使用されています。

オイラは全然MARIに触ったこと無かったんだけど、幸い無料の非商用版もあるらしく、お勉強を始めるハードルはそれほど高くないようだ↓
https://www.foundry.com/products/mari/non-commercial

3Dのペイントツールだと、このMARI以外にもSubstance Painterってのも聞いたことあるけど、3D用途だとPhotoshopの時代じゃなくなってるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
Oculus Goを購入!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
MFnDataとMFnAttribute
ZBrushで基本となるブラシ
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
MeshroomでPhotogrammetry
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
NICOGRAPHって有名?
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ガメラ生誕50周年
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
iPhone欲しいなぁ
立体視を試してみた
タダでRenderManを体験する方法
書籍『転職の思考法』読了
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
日本でMakersは普及するだろうか?
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
まだまだ続く空想科学読本
素敵なパーティクル
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』

コメント