書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

ここ最近ちっともZBrushに触れてないのに何ですが、デジタルスカルプター・モデラーの森田悠揮氏の書籍を購入しました。

The Art of Mystical Beasts  ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート

学生時代から頭角を現し、今後もさらなる活躍が期待されるデジタルアーティスト、キャラクターデザイナーの森田悠揮(もりたゆうき)。
独創性とリアリティを併せ持った幻獣(Mystical Beasts)をいかにして描くのか、月刊CGWORLDで連載中の「Observant Eye」で紹介した17点、そして表紙を飾る新作アートを題材に、イラストレーターとCG制作者の双方に役立つTIPSを交えながら詳しく解説します。

数年前からネットで森田氏の名前をよく見かけていたけど、まだかなり若い方なんですね。

ワコム 森田悠揮 ZBrushテクニックセミナー


スポンサーリンク


ZBrush界隈は若き天才だらけだな。


スポンサーリンク
ZBrushMerge2017Summer 森田 悠揮 「クリーチャーデザインとコンセプトモデル」

この書籍の副題に「ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート」とあるけど、ここで「ほか」と括られているのがFoundry社の3DペイントツールMARIだ。(あとAutodesk Mudbox)

Mari 4.0 | Introduction For Mari 3.0 Users

Foundryの最先端の3Dペインティングツール、”MARI”は流動的かつ柔軟に3Dモデルへ直接ペイントを可能にします。MARIを使用する事でより短い時間で効率的なペントができ、また技術的な問題に時間を裂く必要がなくなります。
世界で最も進んだレイヤーシステムをサポートしたMARIは、スピードや効率性を損なうことなく、超高解像度のテクスチャや何百万ポリゴンの取り扱いが可能で、またインターフェイスも自由にカスタマイズができユーザーは自身のアートに集中することが可能となります。
現在Foundry MARIは多くのVFXスタジオで使用されています。

オイラは全然MARIに触ったこと無かったんだけど、幸い無料の非商用版もあるらしく、お勉強を始めるハードルはそれほど高くないようだ↓
https://www.foundry.com/products/mari/non-commercial

3Dのペイントツールだと、このMARI以外にもSubstance Painterってのも聞いたことあるけど、3D用途だとPhotoshopの時代じゃなくなってるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
Blenderでよく使うaddon
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ガメラ生誕50周年
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
SIGGRAPH Asia
UnityのTransformクラスについて調べてみた
コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
ラクガキの立体化 進捗
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushで手首のモデリングをリファイン
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ZBrush 2018へのアップグレード
サンプルコードにも間違いはある?
Maya API Reference
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
顔のモデリング
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ZBrushのお勉強
UnityでLight Shaftを表現する
マジョーラ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
TVML (TV program Making language)
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』

コメント