書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

ここ最近ちっともZBrushに触れてないのに何ですが、デジタルスカルプター・モデラーの森田悠揮氏の書籍を購入しました。

The Art of Mystical Beasts  ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート

学生時代から頭角を現し、今後もさらなる活躍が期待されるデジタルアーティスト、キャラクターデザイナーの森田悠揮(もりたゆうき)。
独創性とリアリティを併せ持った幻獣(Mystical Beasts)をいかにして描くのか、月刊CGWORLDで連載中の「Observant Eye」で紹介した17点、そして表紙を飾る新作アートを題材に、イラストレーターとCG制作者の双方に役立つTIPSを交えながら詳しく解説します。


スポンサーリンク

数年前からネットで森田氏の名前をよく見かけていたけど、まだかなり若い方なんですね。




スポンサーリンク


ZBrush界隈は若き天才だらけだな。



この書籍の副題に「ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート」とあるけど、ここで「ほか」と括られているのがFoundry社の3DペイントツールMARIだ。(あとAutodesk Mudbox)


Foundryの最先端の3Dペインティングツール、”MARI”は流動的かつ柔軟に3Dモデルへ直接ペイントを可能にします。MARIを使用する事でより短い時間で効率的なペントができ、また技術的な問題に時間を裂く必要がなくなります。
世界で最も進んだレイヤーシステムをサポートしたMARIは、スピードや効率性を損なうことなく、超高解像度のテクスチャや何百万ポリゴンの取り扱いが可能で、またインターフェイスも自由にカスタマイズができユーザーは自身のアートに集中することが可能となります。
現在Foundry MARIは多くのVFXスタジオで使用されています。

オイラは全然MARIに触ったこと無かったんだけど、幸い無料の非商用版もあるらしく、お勉強を始めるハードルはそれほど高くないようだ↓
https://www.foundry.com/products/mari/non-commercial

3Dのペイントツールだと、このMARI以外にもSubstance Painterってのも聞いたことあるけど、3D用途だとPhotoshopの時代じゃなくなってるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ラクガキの立体化 目標設定
OpenMayaのPhongShaderクラス
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
ゴジラの造形
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush 2018での作業環境を整える
顔のモデリング
ZBrushでカスタムUIを設定する
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushのUV MasterでUV展開
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
参考書
ゴジラ三昧
デザインのリファイン再び
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
ZBrushでアマビエを作る その2
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
布のモデリング
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Vancouver Film Schoolのデモリール
Mayaのレンダリング アトリビュート
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
Open Shading Language (OSL)

コメント