書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入

ここ最近ちっともZBrushに触れてないのに何ですが、デジタルスカルプター・モデラーの森田悠揮氏の書籍を購入しました。

The Art of Mystical Beasts  ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート

学生時代から頭角を現し、今後もさらなる活躍が期待されるデジタルアーティスト、キャラクターデザイナーの森田悠揮(もりたゆうき)。
独創性とリアリティを併せ持った幻獣(Mystical Beasts)をいかにして描くのか、月刊CGWORLDで連載中の「Observant Eye」で紹介した17点、そして表紙を飾る新作アートを題材に、イラストレーターとCG制作者の双方に役立つTIPSを交えながら詳しく解説します。

数年前からネットで森田氏の名前をよく見かけていたけど、まだかなり若い方なんですね。

ワコム 森田悠揮 ZBrushテクニックセミナー


スポンサーリンク


ZBrush界隈は若き天才だらけだな。


スポンサーリンク
ZBrushMerge2017Summer 森田 悠揮 「クリーチャーデザインとコンセプトモデル」

この書籍の副題に「ZBrush、Photoshopほか、デジタル技法で描く幻獣アート」とあるけど、ここで「ほか」と括られているのがFoundry社の3DペイントツールMARIだ。(あとAutodesk Mudbox)

Mari 4.0 | Introduction For Mari 3.0 Users

Foundryの最先端の3Dペインティングツール、”MARI”は流動的かつ柔軟に3Dモデルへ直接ペイントを可能にします。MARIを使用する事でより短い時間で効率的なペントができ、また技術的な問題に時間を裂く必要がなくなります。
世界で最も進んだレイヤーシステムをサポートしたMARIは、スピードや効率性を損なうことなく、超高解像度のテクスチャや何百万ポリゴンの取り扱いが可能で、またインターフェイスも自由にカスタマイズができユーザーは自身のアートに集中することが可能となります。
現在Foundry MARIは多くのVFXスタジオで使用されています。

オイラは全然MARIに触ったこと無かったんだけど、幸い無料の非商用版もあるらしく、お勉強を始めるハードルはそれほど高くないようだ↓
https://www.foundry.com/products/mari/non-commercial

3Dのペイントツールだと、このMARI以外にもSubstance Painterってのも聞いたことあるけど、3D用途だとPhotoshopの時代じゃなくなってるのだろうか。


スポンサーリンク

関連記事

実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
書籍『クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち』読了
書籍『天才を殺す凡人』読了
海外ドラマのChromaKey
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ジュラシック・パークのメイキング
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
まだまだ続く空想科学読本
シン・ゴジラのファンアート
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
タマムシっぽい質感
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
Open Shading Language (OSL)
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
色んな三面図があるサイト
書籍『GODZILLA GRAPHIC COLLECTION ゴジラ造型写真集』が出るぞ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
小説『仮面ライダーエグゼイド ~マイティノベルX~』読了
顔モデリングのチュートリアル
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
フルCGのウルトラマン!?
HD画質の無駄遣い その2
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
自前Shaderの件 解決しました
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
顔のモデリング
ZBrush 2018での作業環境を整える
CreativeCOW.net

コメント