海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強

海洋堂の20年前の怪獣ソフビキットがSci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collectionとして再販されたのが嬉しくてせっせと買ってしまっているものの、組み立てる手が追いつかずにいる。

ゴジラだけでなく、今年はガメラも再販されました。

ここ最近、海洋堂から酒井ゆうじ氏原型の20cm ゴジラシリーズが続々と再販されていましたが、ついに平成ガメラ三部作に登場するガメラ3種も5月から再販です。(この調子で逆襲ゴジラ早よ) 続々と再販されてて組み立てるのが追い付かないよ。 ...

まずは通称G1ガメラこと「Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ガメラ1995」に手を付ける。原型制作は酒井ゆうじ氏です。

Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ガメラ1995 約200mm PVC製 未塗装組立キット

Amazonだと定価8,424円から2,000円ぐらい値引きされて6,500円になってるな。

これは1995年公開の映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」に登場したガメラを再現した20cmサイズのソフビキット「ガメラ 1995」の再販品です。

オイラは「ガメラ 大怪獣空中決戦」がかなり好きです。「シン・ゴジラ」以前は人にオススメできる怪獣映画No.1だと思ってました。
オイラは怪獣映画が好きだけど、「数あるエンターテインメントの中でも怪獣映画が最高か?」と問われると、そうは思っていない。映画というジャンルに限ったとしても、怪獣映画が最高とは言えないだろう。オイラ自身が、怪獣映画独特のケレン味や造形を偏愛し...

造形デザイン的にはガメラ3の方が好きですけどね。


スポンサーリンク


さて、実はこのキットは84ゴジラと並行して結構前から手を付け始めていました。
まだ組み立て途中… 海洋堂の「Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ゴジラ1984」として再販された酒井ゆうじ氏原型の20cmサイズのソフトビニールキット。1984年公開の映画「ゴジ...

パーツの洗浄・煮沸

ソフビキットはいつも通り、表面を中性洗剤を使って歯ブラシでゴシゴシと洗浄。



その後、パーツの歪みを直すためにお鍋で5分程茹でる。



お湯から上げたらそのまま自然乾燥で冷ます。
ゴジラと違って背びれが無いから、パーツ数がかなり少なく見えるな。



って、もはやこの過程の写真を載せる意味すらあんまりないかもね。。。

工作のプラン

パーツを構成を見ていてまず気になったのが、ゴジラに比べて内部の空洞がかなり大きいということ。
つまり、体積に対するソフビの厚みが相対的に薄いわけで、組み立て後の強度がちょっと心配。自重でちょっとずつ形が崩れてしまわないだろうか、と。
なので、今回は胴体・甲羅と脚パーツの内部にレジンを流し込んで補強しておこうと思う。

パーツのバリ取り

いつも通り、まずはパーツのバリを切り取るんですが、胴体と甲羅パーツのバリは切り取らずにまだ残しておく。



胴体と甲羅パーツはレジンで補強する際にレジンの硬化熱で歪む可能性があるので、その影響をなるべく抑えるために、バリが付いたままの状態でレジンを流し込む予定。

レジンで補強

レジンは84ゴジラの時と同様にウェーブ レジンキャストEX(ノンキシレングレー)を使用する。(買ったのがまだ余ってるんです。。。)

モスゴジもデスゴジもまだ未完成ですが、ここで何故か別のキットに手を付け始める(笑) 同じく海洋堂から「Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ゴジラ1984」として再販された、19...

胴体・甲羅パーツにレジンを流し込む

まずは胴体と甲羅パーツ。
胴体パーツを裏側から見てみると、とても広い平面状になっており、ソフビ単体だとフニャフニャ。



甲羅パーツはドーム状なのでそこそこに全体の形状は保たれるんだけど、結構たわみます。



ということで、胴体パーツにレジンを流し込み、色々な角度へ傾けてレジンを行き渡らせた。
レジンがだんだん硬化してきてドロドロになってきてからもずっとやり続けると最終的にこんな感じになります。↓



甲羅パーツも同様に。



レジンが硬化したら、胴体・甲羅パーツのバリを切り取る。


脚パーツにレジンを流し込む

次は脚パーツ。
脚パーツにレジンを流し込むのは、補強のためもあるけど、上半身をレジンで補強すると重心が上に偏ってしまうので、重さのバランスを取って重心を下げる意味もある。

84ゴジラの時と同様に、脚パーツをダンボールに固定。



そこにレジンを流し込む。



レジンが硬化したら、脚パーツは胴体パーツに接着してしまう。

映画の撮影に使われたスーツ

ちなみに、「ガメラ 大怪獣空中決戦」の撮影用スーツは現存しており、たまに一般公開されてますね。(もちろん当時のままではなく補修されてるけど)

調布映画祭2017と同時開催されている特別展示「ぼくたちのトクサツ!」を見てきた。 ぼくたちのトクサツ! 開催期間:2017年3月5日(日)~2017年3月12日(日) 開催時間:午前10時~午後8時(土・日曜日は午後7時まで...



そういえば、コレってその後どうなったんでしょうか↓
https://blog.negativemind.com/2015/10/10/gamera-50th-anniversary/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.