メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装

前回から2ヶ月空いたけど、せっせと表面処理をやってました。

メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
先日購入したバンダイのメカコレクション ウルトラマンシリーズの組み立てを進める。 まずはNo.01のジェットビートルから。 まず、ジェットビートルについて軽くおさらい。 ジェットビートルは「ウルトラマン」に登場する...

今まで怪獣系ばっかり作ってたので、いわゆるツルンとした平滑なメカのプラモデルにそこそこ苦戦してしまいました。この手のものはどういう手順でやるとスマートに表面処理が進むのだろうか。

表面処理を何度もやり直しながら、塗装をどうするか色々考えた。で、ふと、今までと違う塗料を試してみようと思い始めた。今まで模型の塗装にはクレオスのMr.カラーばかり使っていたけど、最近ガイアノーツのガイアカラーの存在がちょっと気になっていた。メタリック系やクリアー系の塗料のラインナップが結構充実しているようなのだ。

塗料のラインナップを眺めていたら、ジワジワと今回のジェットビートルをメタリック + クリアーカラーで仕上げてみたくなってきた。
ということで、メタリックで行くと決めたら、下地は黒で整えた方が発色が良いらしいのでまたまた表面処理の作業が増えたのでした。今回はガイアカラーのサーフェイサーエヴォ ブラックを使った。

GS-03 サーフェイサー エヴォ ブラック 50ml

こいつは隠蔽力が高く、粒子も細かいので繊細なモールドでも大丈夫。


スポンサーリンク



下地を真っ黒に仕上げたところで、今回のメタリック塗装のプランを考える。ガイアカラーでは普通のメタリック塗料よりも粒子の細かいスターブライトシリーズというのがあるので、それを使うことにした。
まず、全体に影色となる鉄色 スターブライトアイアンを吹き、その上からそこそこに影色が残るようにハイライト色となるスターブライトシルバーを吹くことに。

ガイアカラー 125 スターブライトアイアン(メタリック・15ml入瓶)■【ガイアノーツ】(121)ガイアカラー メタリックカラー スターブライト シルバー(15ml)(33121)塗料

ガイアカラーはメタリック塗料用に特別の溶剤があり、これを使うと粒子の細かい仕上がりになるらしいので、このメタリックマスターを使ってみる。

T-09m メタリックマスター (大) 500ml

とりあえず塗料1に対して溶剤1.5ぐらいの比率で希釈してみる。後片付けとか諸々を考え、最近はエアブラシ用に塗料を希釈する際は紙コップを使うようになった。

紙コップで希釈する

で、スターブライトアイアン、スターブライトシルバーを吹いた。(途中写真撮り忘れた)

エアブラシ塗装

吹き終わった状態でちょっと仮組みして雰囲気を見る。

まるでダイキャスト製の玩具のような質感

なんだかダイキャスト製の玩具みたいに見える。随分と粒子が粗い感じで、金属感は高まったけど、逆にスケール感を失ってしまった感じではある。
粒子が細かくなるというメタリックマスターを使ったのに。と思ってメタリックマスターの使い方をよく調べてみたら、推奨の希釈率は3〜4倍とかいてあるではないか!
単純にオイラのミスだったわけですね。。。

仕方がないので、もうジェットビートルはこれで良しとして、ウルトラホーク1号の方はちゃんと3〜4倍に希釈して吹こうと思う。ジェットビートルは「ダイキャスト玩具風仕上げ」を目指しますかね。
次はクリアーカラーを重ねて色を付けていくよ。

追記:制作記事のまとめページ作った。↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/bandai-mecha-collection-ultraman-series-no-1-jet-beetle/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.