HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工

アニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第2期の放送がもう始まったけど、第1期に登場したガンダム・バルバトスの凶悪な感じのデザインがかなり好みだったので、第1期放送中に1/144のキットは購入していたのでした。
2期のバルバトスルプスも良いなぁと思いつつ、こっちを完成させてからにします。

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス 1/144スケール 色分け済みプラモデル

購入後しばらく積んでいたのですが、ゴールデンウィーク頃からちょっとずつ組み立てを進めていた。めったにガンプラ作らないオイラでも、このHG 1/144のキットならパーツ数もそれほど多くなく、一応完成に向かえそうな気がしたので。(パーツ数の多いPGとかRGを組み立てる人の頭の中は一体どうなってるのかと)


スポンサーリンク



最近のガンプラは低価格なキットでも色プラ仕様なので、塗装しなくても成立するようにできている。なので、色ごとにパーツが分割されていて、実は塗装派にも優しい仕様。ほとんどマスキングせずに塗り分けができる。
とはいえ、オイラはあんまりプラモデル慣れしてないので、この辺の段取りがあんまり上手くないのです。

このキットは低価格ながら、上半身は内部フレームを装甲で覆う構造になっているため、塗装の段取りを考えてちょっと手を加える。

前腕部の挟み込みタイプの装甲は1度接着してから切断

ひじ関節も同様の理由で、塗装後にはめ込めるように、いわゆる「後ハメ」加工しておく。

ひじ関節部は後ハメ加工した

胸と腰をつなぐパーツも、後ハメ加工した。

胸部と腰パーツも後ハメ加工

先を急いでサフを吹いちゃったりしてるけど、表面処理が不十分。。。
表面処理については、サフを吹いてはやすりで削ってやり直してを繰り返しているので1番時間がかかっている。表面処理はもっと効率よく進めたいんだけど。。。
結局ガイアノーツのサーフェイサー エヴォ ブラックで黒立ち上げを狙うことにした。

顔はもっと劇中の凶悪なイメージに近づけたいので、アゴをパテで延長した。

アゴはパテで延長

プラモデルは怪獣キットと違って繊細な表面処理が必要なので結構苦戦。。。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.