海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理

前回、目につく気泡をパテで埋め、表面の様子をよく見るためにいったん全体にサーフェイサーを吹いた。



ここからさらにちまちまと表面処理を進めていく。ひたすら地味な作業です。
今までと同様に、気泡を見つけた箇所を赤ペンでマーキングしていく。



深いしわが集まる下半身はまだ結構気泡が残っていますね。


スポンサーリンク




モールドが細くて深い部分は気泡が残りやすい傾向にあるな。





尻尾のひだの間は気泡の宝庫だ。



大きい気泡はエポキシパテ、小さい気泡は瞬間接着剤を流し込んで埋めていく。ブツブツとした細かい気泡なら、その上からサーフェイサーを筆塗りするだけでほとんど埋まってしまう。


スポンサーリンク

下アゴパーツ

ところで、前回下アゴパーツにサーフェイサーを吹くのを完全に忘れておりました。。。



目立つ気泡をエポキシパテで埋めたら、とりあえずサーフェイサーを吹いて表面の様子を見る。


牙の延長工作

ここで、いつも通り牙の先端をちょっと延長する。
ソフビキットは、パーツの先端が丸まっていたり、そもそも気泡で欠けていたりするけど、延長して尖らせるだけでかなり雰囲気が良くなる。

牙の先端にゼリー状瞬間接着剤を垂らして硬化させる。



ゼリー状瞬間接着剤を削って尖らせていく。
ハンディルーターで大雑把に削ってから600番ぐらいのサンドペーパーで仕上げていくと良い感じ。



どうせサーフェイサーを吹くので多少粗くて良いのです。写真だとちょっとわかりづらいですかね。

再び全体にサーフェイサーを吹く。



そろそろ塗装プランをちゃんと考え始めないとな。

あ、舌パーツの存在を忘れてた。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓



スポンサーリンク

関連記事

Zウィングマグナム
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
GMKゴジラの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ
今年も怪獣大進撃
映像ビジネスの未来
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 背びれの接着
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
シフトカーを改造してラジコン化する人達
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ぼくたちのトクサツ!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
ガレージキットのフィニッシャー
サンダーバード ARE GO
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの接着・気泡埋め
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
エアブラシの思い出
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 完成!
3DCGのモデルを立体化するサービス
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 完成
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 基本工作
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装

コメント