海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理

前回、目につく気泡をパテで埋め、表面の様子をよく見るためにいったん全体にサーフェイサーを吹いた。

前回でほとんどのパーツの接着が終わってしまった。 ここからはエポキシパテを使ってパーツの継ぎ目や表面の気泡を埋めていく。(気泡埋めはパーツ接着作業中にもちょこちょこ進めていたけど) パーツの継ぎ目のパテ埋め パーツの継ぎ目部分に大雑...

ここからさらにちまちまと表面処理を進めていく。ひたすら地味な作業です。
今までと同様に、気泡を見つけた箇所を赤ペンでマーキングしていく。



深いしわが集まる下半身はまだ結構気泡が残っていますね。


スポンサーリンク




モールドが細くて深い部分は気泡が残りやすい傾向にあるな。





尻尾のひだの間は気泡の宝庫だ。



大きい気泡はエポキシパテ、小さい気泡は瞬間接着剤を流し込んで埋めていく。ブツブツとした細かい気泡なら、その上からサーフェイサーを筆塗りするだけでほとんど埋まってしまう。

下アゴパーツ

ところで、前回下アゴパーツにサーフェイサーを吹くのを完全に忘れておりました。。。



目立つ気泡をエポキシパテで埋めたら、とりあえずサーフェイサーを吹いて表面の様子を見る。


牙の延長工作

ここで、いつも通り牙の先端をちょっと延長する。
ソフビキットは、パーツの先端が丸まっていたり、そもそも気泡で欠けていたりするけど、延長して尖らせるだけでかなり雰囲気が良くなる。

牙の先端にゼリー状瞬間接着剤を垂らして硬化させる。



ゼリー状瞬間接着剤を削って尖らせていく。
ハンディルーターで大雑把に削ってから600番ぐらいのサンドペーパーで仕上げていくと良い感じ。



どうせサーフェイサーを吹くので多少粗くて良いのです。写真だとちょっとわかりづらいですかね。

再び全体にサーフェイサーを吹く。



そろそろ塗装プランをちゃんと考え始めないとな。

あ、舌パーツの存在を忘れてた。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.