各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア

プレミアムバンダイで1メートルサイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)のソフビフィギュアの予約受付が始まった。
原型製作は円谷プロダクションLSS品田冬樹さん。

究極造形シリーズSP ウルトラマンCタイプ 劇中カラーVer.

究極造形シリーズSP ウルトラマンCタイプ 劇中カラーVer.

販売価格:108,000円(税込)
予約受付開始:2016年7月21日 13時
お届け日:2017年1月発送予定

本商品はウルトラマンシリーズ放送開始50年を記念し、初代ウルトラマンCタイプのアクションスーツを、細部までこだわり再現した、全高約1mの巨大フィギュアです。その大きさを活かし、素材の異なる顔と胴体での微妙な色分けやスーツのダメージ、カラータイマーの凸部の位置やブーツの細かなステッチ模様などを、放送当時の記憶が甦る『劇中カラー』で再現しています。
原型は、円谷プロダクション造形スタジオ・LSSが製作。実際に撮影用、アクション用スーツの製作にあたっても、本商品の原型が参考モデルとして使用されています。


スポンサーリンク

プレミアムバンダイ限定商品で、お値段およそ10万円とは、完全に大人向けの商品ですね。

海洋堂のシン・ゴジラ雛型レプリカと言い、何かここ最近、ソフビを10万円ほどで販売するのが流行ってるんでしょうか(笑)



オイラはそうそう何個も大型・高額商品に手を出せる身分じゃないのでちょっと辛い。
この商品は、以前株式会社ジーマから発売された究極造形シリーズのウルトラマンCタイプのリペイント版ということのようです。


スポンサーリンク


究極造形シリーズSP ウルトラマンCタイプ 劇中カラーVer.

それにしても、初代ウルトラマンはCタイプの、それも素立ちポーズでの商品化が多いですね。一昔前だと、ウルトラマンの大型ソフビと言えば京本コレクションぐらいだった。

京本コレクション2 ウルトラマン

最近だと海洋堂の360mmのコールドキャストフィギュアがサイズ・クオリティ・価格的に1番お手頃か。サイズが違っても。似たポーズだと造形のアプローチの違いが結構はっきり出るね。

ウルトラマン [Cタイプ] 約360mm コールドキャスト製 塗装済み完成品 フィギュア

ギガンティックシリーズからも50cmサイズの初代ウルトラマン Cタイプが出るようです。

ギガンティックシリーズ ウルトラマン (Cタイプ) 全高約500mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

いや、あの、実はですね、オイラちょっと前に復刻された海洋堂の80cmサイズのウルトラマンを購入しちゃったんですよ。Amazonでだいぶ値引きされてたもので。(2万円ぐらいでした)

復刻版 全高80cm塗装済み組み立てモデル ハイパーソフビ 「ウルトラマン」

何で360mmのコールドキャストフィギュアではなく、デカいソフビの方を買ったのかというと、ソフビなら中空だから電飾を仕込んで遊べると思ったから。眼を光らせたり、カラータイマーの色を切り替えて点滅させるのをやりたかったのだ。

だけど、届くまで80cmというサイズを舐めていた。バカデカい箱に入って届きましたよ。。。

ハイパーソフビウルトラマン パッケージ

直立の状態のまま箱に入ってんのか!?

ウルトラマンの下半身

一応分割された状態で梱包されてるのね

一応分割された状態で梱包されてるのね



そしてそっと箱を閉じてしまいました。電飾改造の準備ができたらまた取り出そう。。。

今年はウルトラマン50周年とあって、気合の入った商品が続々と出てくるのかな。

今週末には全身可動のS.H.Figuarts版の初代ウルトラマンも発売される。これもCタイプだな。
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
またまた特撮玩具の話題ですが、バンダイのS.H.Figuartsからついにウルトラマンシリーズが登場。2016年3月1日予約解禁だそうです。特設サイトがオープンしました↓S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ始動...


S.H.フィギュアーツ ウルトラマン 約150mm PVC&ABS製 塗装済み可動フィギュア



魂ネイションズ AKIBAショールームより↓

S.H.Figurarts ウルトラマン


スポンサーリンク

関連記事

バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 完成
バンダイ メカコレクション 『ウルトラホーク1号-α号・β号・γ号』 接着・後ハメ加工
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
大人の知識で玩具の改造
円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
スター・ウォーズ ビークルモデル『レイザー・クレスト』 キャノピー部のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
HG 1/144 ガンダムバルバトス 塗装を想定した加工
ふなっしーのプラモデル
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の塗装
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
ゴジラ トレーディングバトル
2019年 観に行った映画振り返り
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 完成
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 仮組み
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 パーツの継ぎ目・気泡のパテ埋め
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
バンダイスピリッツ EG 1/144 RX-78-2 ガンダム 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム パール・キャンディ塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集

コメント