プロダクトデザイン概論

たまたま見つけたこのWeb講座が面白そうだったので受講してみた。↓

オンライン動画で学ぶ、プロダクトデザイナー/コンセプター 大西 裕弥先生による授業。こんな方におすすめの授業です!仕事でプロダクトデザインに関わる・関わりたい方

トランスフォーマーの玩具の開発に関わっているプロダクトデザイナーの大西 裕弥さんが講師で、プロダクトデザインという分野の考え方を紹介する入門編みたい。


スポンサーリンク



講座冒頭での自己紹介によると、大西裕弥さんは大学で機械工学を学んだ後、専門学校でカーデザインも学んだらしい。
こっちのプロフィールによると家電メーカーのR&D部門も経ている様子。↓

トランスフォーマーデザイナー/プロダクトデザイナー 大西 裕弥

おおにし・ゆうや/トランスフォーマーデザイナー/プロダクトデザイナー
1984年、“ものづくりの街”東大阪市生まれ。大工の父やまわりの“ものづくりのおやじたち”の影響でものづくりに目覚める。家電メーカーのR&D部門を経て2011年タカラトミーに入社。機械工学とカーデザイン/プロダクトデザインをバックボーンに、海外向けトランスフォーマーの企画と開発を担当。トランスフォーマーデザイナーとして年間20アイテム以上を手がける。代表作は実写映画版ロストエイジ「バンブルビー」やレジェンズ「ブレインストーム」など多数。コンセプトの生み出しから魅力的なアウトプットを繋ぐフェーズに強く、最近では他企業とのコラボレーションビジネスも担う。
共著書に『ものづくり2.0 メイカーズムーブメントの日本的展開』(角川書店)。

こっちの記事によると、家電メーカーでの経験がきっかけでカーデザインを勉強したようだ。↓

トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、 日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー ☆ ほぼ日刊...

3次元を詳細に考えて、サラッと紙の上に表現できる人って憧れる。



一見すると何の変哲もないミニカーが、ドアを引っ張り、ルーフを持ち上げ、タイヤをずらしていくことで、たちまちロボットフィギュアに大変身する。タカラトミーのロボット玩具「トランスフォーマー」は130の国と地域で5億個以上の販売実績を持つ大ヒット商品だ。

トランスフォーマー MPM-03 映画10周年フィギュア バンブルビー


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.