プロダクトデザイン概論

たまたま見つけたこのWeb講座が面白そうだったので受講してみた。↓
https://schoo.jp/class/2756

トランスフォーマーの玩具の開発に関わっているプロダクトデザイナーの大西 裕弥さんが講師で、プロダクトデザインという分野の考え方を紹介する入門編みたい。


スポンサーリンク


講座冒頭での自己紹介によると、大西裕弥さんは大学で機械工学を学んだ後、専門学校でカーデザインも学んだらしい。
こっちのプロフィールによると家電メーカーのR&D部門も経ている様子。↓

トランスフォーマーデザイナー/プロダクトデザイナー 大西 裕弥

おおにし・ゆうや/トランスフォーマーデザイナー/プロダクトデザイナー
1984年、“ものづくりの街”東大阪市生まれ。大工の父やまわりの“ものづくりのおやじたち”の影響でものづくりに目覚める。家電メーカーのR&D部門を経て2011年タカラトミーに入社。機械工学とカーデザイン/プロダクトデザインをバックボーンに、海外向けトランスフォーマーの企画と開発を担当。トランスフォーマーデザイナーとして年間20アイテム以上を手がける。代表作は実写映画版ロストエイジ「バンブルビー」やレジェンズ「ブレインストーム」など多数。コンセプトの生み出しから魅力的なアウトプットを繋ぐフェーズに強く、最近では他企業とのコラボレーションビジネスも担う。
共著書に『ものづくり2.0 メイカーズムーブメントの日本的展開』(角川書店)。


スポンサーリンク

こっちの記事によると、家電メーカーでの経験がきっかけでカーデザインを勉強したようだ。↓
http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar620789

3次元を詳細に考えて、サラッと紙の上に表現できる人って憧れる。



http://diamond.jp/articles/amp/135023

トランスフォーマー MPM-03 映画10周年フィギュア バンブルビー


スポンサーリンク

関連記事

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) は7月1日予約開始
S.H.Figuarts ウルトラマン シリーズ 始動!
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
バーガーキングのCM
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
スマホから操作できる『バットモービル タンブラー』のラジコン
3DCG Meetup #4に行ってきた
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ULTRA-ACT×S.H.Figuarts 『ULTRAMAN』が2015年7月31日発売
D3.js:JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
フルCGのウルトラマン!?
html5のcanvasの可能性
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
S.H.MonsterArts GMKゴジラ(2001)届きました
東京オリンピックと案内表示
進化するスタースクリーム
S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
Optimus PrimeとJetfire
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
ZBrushで人型クリーチャー
最近のフィギュアの製造工程
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
天体写真の3D動画
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
トランスフォーマー:リベンジ
シフトカーの改造
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
サイドスワイプ
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
WordPressの表示を高速化する
マイケル・ベイの動画の感覚
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
生物の骨格
各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売

コメント