JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』

Webページで動的にデータを可視化する方法を調べてみたら、今時はJavaScriptのライブラリがたくさんあるのね。↓
https://www.publickey1.jp/blog/15/javascript52javascript_graphs.html

細々と色々あるけど、自分の学習コストを考えると、できるだけ応用範囲の広いライブラリを勉強しておきたいので、有名なものをピックアップすることにした。そこで見つけたのがD3.jsというライブラリ。D3とはData Driven Documentの頭文字らしい。

D3.js

D3.js はデータに基づいてドキュメントを操作するための JavaScript ライブラリです。D3 はHTML や SVG、 CSSを使ってデータに命を吹き込みます。D3は WEB 標準に重点を置いており、強力な視覚化コンポーネントとデータドリブン (データ駆動型)DOM 操作手法の組み合わせにより、特定のフレームワークに縛られることなく、モダンブラウザの性能をフルに 引き出すことができます。

このD3.jsは数年前からあるようだけど、XMLベースの2次元ベクターイメージ形式であるSVG(Scalable Vector Graphics)によってグラフやチャートを描画する、今時な感じのライブラリ。
公式でチュートリアル様々な実装サンプルを配布しているので、お勉強もしやすそう。


スポンサーリンク


ドットインストールにもレッスンがある。


スポンサーリンク

D3.js入門

#01 D3.jsとはなにか? (02:06)
#02 D3.jsを導入してみよう (01:57)
#03 はじめてのD3.js (02:43)
#04 styleを設定してみよう (02:55)
#05 append、removeを使ってみよう (01:25)
#06 dataを使ってみよう (02:39)
#07 update、enter、exitを理解しよう (1) (02:32)
#08 update、enter、exitを理解しよう (2) (02:58)
#09 SVG領域を設定してみよう (01:46)
#10 データを使ってcircleを描画しよう (02:36)
#11 transitionを使ってみよう (02:42)
#12 eachを使ってみよう (02:58)
#13 onでイベントを設定しよう (02:18)
#14 横棒グラフを描画してみよう (02:02)
#15 scaleを使ってみよう (03:00)
#16 axisを使ってみよう (1) (02:48)
#17 axisを使ってみよう (2) (01:30)

すでに各地で勉強会も開かれているようだ。


スポンサーリンク

関連記事

任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
変形ロボットのデザイン
ブログのデザイン変えました
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
日本でMakersは普及するだろうか?
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
html5のcanvasの可能性
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
このブログのデザインに飽きてきた
Webページ制作のためのメモ
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
天体写真の3D動画
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
WordPressの表示を高速化する
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
東京オリンピックと案内表示
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
Raspberry PiでIoTごっこ
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
Profilograph
WordPressのテーマを自作する
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
生物の骨格
デザインのリファイン再び
現在公開されているWeb API一覧
UnityのuGUIチュートリアル
線画を遠近法で描く
胡散臭いデザインの参考サイト
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
3DCG Meetup #4に行ってきた
フルCGのウルトラマン!?
ヒトデの骨格のような構造物を作成するシステム『KINEMATICS』
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

コメント