GitHub Pagesで静的サイトを作る

このブログはオイラが取得してるドメイン negativemind.comのサブドメインblog.negativemind.comで運営してるけど、無印のドメイン(Apexドメインまたはネイキッドドメインと呼ぶらしい) negativemind.comの方でもサイトを作っておきたいと思い始めた。
ブログで使っているWordPressはレスポンスの重さを感じているので、Apexドメインの方は軽量な静的サイトを構築したい。

幸い、GitHub Pagesを使えば、GitHubのリポジトリにWebページを置いてそのままサイトとして公開できる。そして、独自ドメインで運用可能らしい。

GitHub Pagesの作り方

作り方は簡単。
まずはGitHub上で「アカウント名.github.com」をリポジトリ名としたリポジトリを作成する。
このリポジトリ直下にindex.htmlを置けばそれがそのままWebサイトと公開できる。とはいえ、ゼロからhtmlをガリガリ書くつもりはなく、サイトデザインのテンプレートをHTML5 UPからAstralを選んでちょっと手を入れる程度。

これだけでURL http://アカウント名.github.io/でWebサイトが公開できてしまう。
(オイラの場合はhttp://negativemind.github.io/)


スポンサーリンク

GitHub Pagesに独自ドメインを設定する

GitHub公式のヘルプを見ながら進めよう。
https://help.github.com/ja/github/working-with-github-pages/about-custom-domains-and-github-pages

リポジトリページの[Setting]を押してOptionsページへ進む。
Optionsページ内のGitHub Pagesの項にあるCustom domainに登録したいドメインを入力して[Save]を押す↓



スポンサーリンク

DNSレコードの設定

ドメインを管理しているネームサーバーでDNSレコードを設定する。
AレコードにGitHub PagesのIPアドレスを設定する。設定値は公式ヘルプに記載されているものをそのまま。
https://help.github.com/ja/github/working-with-github-pages/managing-a-custom-domain-for-your-github-pages-site#configuring-a-subdomain

設定したらDNSが浸透するまで待つ。
DNSレコードが反映されると、ブラウザからhttpのURLで独自ドメインのサイトにアクセスできるようになる。

https対応

そして、GitHub Pagesはhttpsにももちろん対応できる。
https://help.github.com/ja/github/working-with-github-pages/securing-your-github-pages-site-with-https

DNSの設定が正常に反映されていると、Optionsページ内のGitHub Pagesの項にあるEnforce HTTPSにチェックを入れられるようになる。
チェックを入れればhttps化完了↓



と、たったこれだけの手順だけど、実は上手くいかなくて2日ぐらいハマった。ドメインを管理しているネームサーバーを間違えていて、DNSがちっとも浸透しなかった。

Dig web interfaceで確認してやっと思い出した。
ドメイン自体はお名前.comで取得したけど、ブログをwpxへ移行した時にネームサーバーもwpxへ変更してたんだった。ずっとお名前.com側のDNS設定をいじくり回してた。

ということで、静的サイトを作成しました↓

Screenshot of negativemind.com


スポンサーリンク

関連記事

UnityプロジェクトをGitHubで管理する
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ブログがダウンしてました
このブログのデザインに飽きてきた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
WordPressの表示を高速化する
3DCG Meetup #4に行ってきた
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
胡散臭いデザインの参考サイト
アクセス元IPアドレスから企業名が分かるアクセス解析『User Local スマートフォン解析』
Mayaのプラグイン開発
ブログのデザイン変えました
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
html5のcanvasの可能性
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ブログをwpXレンタルサーバーからwpX Speedへ移行
現在公開されているWeb API一覧
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
ブラウザ上でJavaScript,HTML,CSSを書いて共有するサイト『jsdo.it』
Webページ制作のためのメモ
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
WordPressのテーマを自作する

コメント