UnityプロジェクトをGitHubで管理する

UnityでARKit遊びを始めたことにより、超久しぶりにiOSアプリの開発を始めたわけです。



iOSアプリのビルドはもちろんMac上でやるんだけど、表示するFBXとかのCGデータはWindows上で作っているので、WindowsとMacの環境を行き来するはめに。一昔前ならUSBメモリでデータを移動していたところだけど、今ならクラウドの方が手軽だし、だったらいっそのことGitHubでバージョン管理しちゃえ、ということでGitHubにリポジトリを置くことにした。
何を隠そう、オイラはGitHubのProユーザーなのである。何年も前から更新せずに放置しているprivateリポジトリがいくつかあります(笑)

UnityのプロジェクトをGitでバージョン管理するのに一番手っ取り早いクライアントツールはGitHub for Unityかと思ったのですが、これがまあ、全然使い物にならなくて(笑)


スポンサーリンク


Windows環境オンリーなら、学生の頃に使っていたTortoiseSVNと同じ使い勝手のTortoiseGitを割と長く使っていたけど、TortoiseGitにMac版は無い。WindowsとMacで別々のツールを使ってあまりにも使い勝手が違うと混乱してしまうので、なるべく同じツールが良い。

と考えて、結局GitHubを前提にするならGitHub公式のクライアントツールが一番楽だという結論に達した。Windows版、Mac版両方あるデスクトップアプリ。
https://desktop.github.com/

こちらによると、最近のGitHubはgitignoreのプリセットがあるのでお手軽↓
https://qiita.com/hiesiea/items/7d027c8cf0fe6aa9dbf9

Unityのプロジェクトだと大きいファイルを扱うこともあるけど、GitHubには直接大きなファイル(100MB以上)を置けないので、ここに倣って対処する↓
https://qiita.com/kanaya/items/ad52f25da32cb5aa19e6

Git Large File Storage (LFS)をインストール。
https://git-lfs.github.com/

Git Large File Storage (LFS)

FBXファイルは余裕で100MBを超えてしまうので、拡張子FBXのファイルを登録しておいた

とりあえず当分はprivateリポジトリで管理していく。


スポンサーリンク

関連記事

python-twitterで自分のお気に入りを取得する
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
Mayaのプラグイン開発
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Unite 2017 Tokyoに行ってきた
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
GitHub Pagesで静的サイトを作る
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
仮想関数
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
pythonもかじってみようかと
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Unityをレンダラとして活用する
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Quartus II
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
UnityでPoint Cloudを表示する方法
Raspberry Pi 2を買いました
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』

コメント