UnityプロジェクトをGitHubで管理する

UnityでARKit遊びを始めたことにより、超久しぶりにiOSアプリの開発を始めたわけです。



iOSアプリのビルドはもちろんMac上でやるんだけど、表示するFBXとかのCGデータはWindows上で作っているので、WindowsとMacの環境を行き来するはめに。一昔前ならUSBメモリでデータを移動していたところだけど、今ならクラウドの方が手軽だし、だったらいっそのことGitHubでバージョン管理しちゃえ、ということでGitHubにリポジトリを置くことにした。
何を隠そう、オイラはGitHubのProユーザーなのである。何年も前から更新せずに放置しているprivateリポジトリがいくつかあります(笑)

UnityのプロジェクトをGitでバージョン管理するのに一番手っ取り早いクライアントツールはGitHub for Unityかと思ったのですが、これがまあ、全然使い物にならなくて(笑)


スポンサーリンク


Windows環境オンリーなら、学生の頃に使っていたTortoiseSVNと同じ使い勝手のTortoiseGitを割と長く使っていたけど、TortoiseGitにMac版は無い。WindowsとMacで別々のツールを使ってあまりにも使い勝手が違うと混乱してしまうので、なるべく同じツールが良い。

と考えて、結局GitHubを前提にするならGitHub公式のクライアントツールが一番楽だという結論に達した。Windows版、Mac版両方あるデスクトップアプリ。
https://desktop.github.com/

こちらによると、最近のGitHubはgitignoreのプリセットがあるのでお手軽↓
https://qiita.com/hiesiea/items/7d027c8cf0fe6aa9dbf9

Unityのプロジェクトだと大きいファイルを扱うこともあるけど、GitHubには直接大きなファイル(100MB以上)を置けないので、ここに倣って対処する↓
https://qiita.com/kanaya/items/ad52f25da32cb5aa19e6

Git Large File Storage (LFS)をインストール。
https://git-lfs.github.com/

Git Large File Storage (LFS)

FBXファイルは余裕で100MBを超えてしまうので、拡張子FBXのファイルを登録しておいた

とりあえず当分はprivateリポジトリで管理していく。


スポンサーリンク

関連記事

AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
ドットインストールのWordPress入門レッスン
WebGL開発に関する情報が充実してきている
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Mayaのプラグイン開発
OpenCV バージョン4がリリースされた!
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Google App Engineのデプロイ失敗
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
OpenGVの用語
Verilog HDL
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
UnityのuGUIチュートリアル
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
adskShaderSDK
WordPress on Windows Azure
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
このブログのデザインに飽きてきた
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
UnityでOpenCVを使うには?
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
仮想関数
OANDAのfxTrade API
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ

コメント