UnityプロジェクトをGitHubで管理する

UnityでARKit遊びを始めたことにより、超久しぶりにiOSアプリの開発を始めたわけです。



iOSアプリのビルドはもちろんMac上でやるんだけど、表示するFBXとかのCGデータはWindows上で作っているので、WindowsとMacの環境を行き来するはめに。一昔前ならUSBメモリでデータを移動していたところだけど、今ならクラウドの方が手軽だし、だったらいっそのことGitHubでバージョン管理しちゃえ、ということでGitHubにリポジトリを置くことにした。
何を隠そう、オイラはGitHubのProユーザーなのである。何年も前から更新せずに放置しているprivateリポジトリがいくつかあります(笑)

UnityのプロジェクトをGitでバージョン管理するのに一番手っ取り早いクライアントツールはGitHub for Unityかと思ったのですが、これがまあ、全然使い物にならなくて(笑)


スポンサーリンク


Windows環境オンリーなら、学生の頃に使っていたTortoiseSVNと同じ使い勝手のTortoiseGitを割と長く使っていたけど、TortoiseGitにMac版は無い。WindowsとMacで別々のツールを使ってあまりにも使い勝手が違うと混乱してしまうので、なるべく同じツールが良い。

と考えて、結局GitHubを前提にするならGitHub公式のクライアントツールが一番楽だという結論に達した。Windows版、Mac版両方あるデスクトップアプリ。
https://desktop.github.com/

こちらによると、最近のGitHubはgitignoreのプリセットがあるのでお手軽↓
https://qiita.com/hiesiea/items/7d027c8cf0fe6aa9dbf9

Unityのプロジェクトだと大きいファイルを扱うこともあるけど、GitHubには直接大きなファイル(100MB以上)を置けないので、ここに倣って対処する↓
https://qiita.com/kanaya/items/ad52f25da32cb5aa19e6

Git Large File Storage (LFS)をインストール。
https://git-lfs.github.com/

Git Large File Storage (LFS)

FBXファイルは余裕で100MBを超えてしまうので、拡張子FBXのファイルを登録しておいた

とりあえず当分はprivateリポジトリで管理していく。


スポンサーリンク

関連記事

UnityのuGUIチュートリアル
Google Chromecast
WebGL開発に関する情報が充実してきている
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
Google App EngineでWordPress
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
このブログのデザインに飽きてきた
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
pythonもかじってみようかと
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
3D復元技術の情報リンク集
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
書籍『ROSプログラミング』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
PythonでBlenderのAdd-on開発
OpenGVの用語
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
ディープラーニング
Amazon Web ServicesでWordPress
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
ニューラルネットワークで画像分類
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
ROMOハッカソンに行ってきた
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
プログラムによる景観の自動生成
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか

コメント