UnityプロジェクトをGitHubで管理する

UnityでARKit遊びを始めたことにより、超久しぶりにiOSアプリの開発を始めたわけです。



iOSアプリのビルドはもちろんMac上でやるんだけど、表示するFBXとかのCGデータはWindows上で作っているので、WindowsとMacの環境を行き来するはめに。一昔前ならUSBメモリでデータを移動していたところだけど、今ならクラウドの方が手軽だし、だったらいっそのことGitHubでバージョン管理しちゃえ、ということでGitHubにリポジトリを置くことにした。
何を隠そう、オイラはGitHubのProユーザーなのである。何年も前から更新せずに放置しているprivateリポジトリがいくつかあります(笑)

UnityのプロジェクトをGitでバージョン管理するのに一番手っ取り早いクライアントツールはGitHub for Unityかと思ったのですが、これがまあ、全然使い物にならなくて(笑)


スポンサーリンク


Windows環境オンリーなら、学生の頃に使っていたTortoiseSVNと同じ使い勝手のTortoiseGitを割と長く使っていたけど、TortoiseGitにMac版は無い。WindowsとMacで別々のツールを使ってあまりにも使い勝手が違うと混乱してしまうので、なるべく同じツールが良い。

と考えて、結局GitHubを前提にするならGitHub公式のクライアントツールが一番楽だという結論に達した。Windows版、Mac版両方あるデスクトップアプリ。
https://desktop.github.com/

こちらによると、最近のGitHubはgitignoreのプリセットがあるのでお手軽↓
https://qiita.com/hiesiea/items/7d027c8cf0fe6aa9dbf9

Unityのプロジェクトだと大きいファイルを扱うこともあるけど、GitHubには直接大きなファイル(100MB以上)を置けないので、ここに倣って対処する↓
https://qiita.com/kanaya/items/ad52f25da32cb5aa19e6

Git Large File Storage (LFS)をインストール。
https://git-lfs.github.com/

Git Large File Storage (LFS)

FBXファイルは余裕で100MBを超えてしまうので、拡張子FBXのファイルを登録しておいた

とりあえず当分はprivateリポジトリで管理していく。


スポンサーリンク

関連記事

Oculus Goを購入!
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
WebGL開発に関する情報が充実してきている
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Iterator
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
ニューラルネットワークで画像分類
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
プログラムによる景観の自動生成
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
Unityをレンダラとして活用する
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCV バージョン4がリリースされた!
スクレイピング
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
今年もSSII
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
WordPress on Windows Azure
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
UnityでOpenCVを使うには?

コメント