人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

フォトンの放射から格納までを可視化した動画
ラクガキの立体化 胴体の追加
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Verilog HDL
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushの練習 手のモデリング
Google App EngineでWordPress
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
デザインのリファイン再び
Vancouver Film Schoolのデモリール
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
HD画質の無駄遣い その2
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
PythonでBlenderのAdd-on開発
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
線画を遠近法で描く
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ

コメント