人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

タダでRenderManを体験する方法
機械学習で遊ぶ
CGのためのディープラーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
MeshroomでPhotogrammetry
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
ラクガキの立体化 モールドの追加
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
フルCGのウルトラマン!?
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Raspberry PiでIoTごっこ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
ラクガキの立体化 胴体の追加
定数
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
天体写真の3D動画
OpenGVのライブラリ構成
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
服飾デザインツール『CLO』
SIGGRAPH Asia
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Mayaのシェーディングノードの区分
顔モデリングのチュートリアル
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
UnityのGlobal Illumination
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
UnityのAR FoundationでARKit 3

コメント