人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
ゴジラ三昧
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
Unite 2014の動画
ラクガキの立体化 モールドの追加
3DCG Meetup #4に行ってきた
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ニューラルネットワークで画像分類
OANDAのfxTrade API
Vancouver Film Schoolのデモリール
UnityからROSを利用できる『ROS#』
Konashiを買った
CreativeCOW.net
ROSの薄い本
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
CGのためのディープラーニング
この本読むよ
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
書籍『ROSプログラミング』
動的なメモリの扱い
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
Blenderでよく使うaddon
WebGL開発に関する情報が充実してきている
ROMOハッカソンに行ってきた
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』

コメント