人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
タマムシっぽい質感
3Dグラフィックスの入門書
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
マルコフ連鎖モンテカルロ法
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Iterator
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
ZBrushでカスタムUIを設定する
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ZBrush 2018での作業環境を整える
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrush 4R8 リリース!
海外ドラマのChromaKey
AfterEffectsプラグイン開発
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
ラクガキの立体化 モールドの追加
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Mean Stack開発の最初の一歩
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
タダでRenderManを体験する方法
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Unityの薄い本

コメント