人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 目元だけ作り込んでバランスを見る
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
ZBrush 4R8 リリース!
Pix2Pix:CGANによる画像変換
布地のシワの法則性
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ファンの力
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
PolyPaint
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
ZBrushでカスタムUIを設定する
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
ZBrush 4R7
Google App EngineでWordPress
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
MFnDataとMFnAttribute
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
pythonもかじってみようかと
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
仮想関数
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
Unityをレンダラとして活用する
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する

コメント