人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

フルCGのウルトラマン!?
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
オープンソースの取引プラットフォーム
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
Unityの薄い本
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
Google App EngineでWordPress
OpenMayaRender
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
注文してた本が届いた
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
線画を遠近法で描く
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
WordPress on Windows Azure
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
Oculus Goを購入!
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
OpenCVのバージョン3が正式リリースされたぞ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
HD画質の無駄遣い その2
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
html5のcanvasの可能性
Photogrammetry (写真測量法)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ラクガキの立体化
続・ディープラーニングの資料
Maya LTのQuick Rigを試す
仮想関数

コメント