人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

Maya API Reference
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
ZBrush 4R8 リリース!
服飾デザインツール『CLO』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
デザインのリファイン再び
立体視を試してみた
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
Amazon Web ServicesでWordPress
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯を配置
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Google Chromecast
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる モールドの彫り込み・身体の形出し
線画を遠近法で描く
オープンソースの取引プラットフォーム
Mayaのレンダリング アトリビュート

コメント