人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

クラスの基本
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
ZScript
WebGL開発に関する情報が充実してきている
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
ブログの復旧が難航してた話
3DCG Meetup #4に行ってきた
Houdiniのライセンスの種類
色んな三面図があるサイト
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
オープンソースの取引プラットフォーム
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushのお勉強
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
書籍『ROSプログラミング』
Google App EngineでWordPress
このブログのデザインに飽きてきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
Raspberry Pi 2を買いました
Unite 2014の動画
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
C++始めようと思うんだ
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
html5のcanvasの可能性
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口のバランス調整
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された

コメント