ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
CEDEC 3日目
3Dグラフィックスの入門書
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 脚のポーズ調整
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Live CV:インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール
Maya 2015から標準搭載されたMILA
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Mean Stack開発の最初の一歩
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
PeopleSansPeople:機械学習用の人物データをUnityで生成する
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
PythonでBlenderのAdd-on開発
Google Chromecast
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
ジュラシック・パークのメイキング
プログラムによる景観の自動生成
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
Amazon Web ServicesでWordPress
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のシルエット出し
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
マルコフ連鎖モンテカルロ法
SVM (Support Vector Machine)
CreativeCOW.net
Blenderでよく使うaddon
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Unityの薄い本

コメント