人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
機械学習手法『Random Forest』
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Mayaのレンダリング アトリビュート
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
UnityでARKit2.0
フルCGのウルトラマン!?
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
OpenGVのライブラリ構成
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Verilog HDL
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Maya 2015から標準搭載されたMILA
OpenCVで動画の手ぶれ補正
書籍『ROSプログラミング』
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
3DCG Meetup #4に行ってきた
機械学習で遊ぶ
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

コメント