人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』

いつの間にやら、オープンソースの人体モデリングツールMakeHumanの公式ページが移動してコミュニティページだけになった。ここ1年、更新もあんまりされてないみたい。
GitHubのリポジトリでは未だアップデートが続いてはいるけど。
https://github.com/makehumancommunity/makehuman

スタンドアローンなMakeHumanアプリはBlenderとの連携ツールがあったけど、現在のメインはBlenderのアドオン「ManuelBastioniLAB」の開発へ移行してるっぽい。

2019年 追記:ManuelBastioniLABプロジェクトは2018年11月に資金調達に失敗してストップしてしまいました。残念。。。

現在は別プロジェクトの「MB-Lab」がManuelBastioniLABを引きつづような形で開発を継続しています↓



なので以下は全て古い情報になります↓

ManuelBastioniLAB

ManuelbastioniLABはBlenderでヒューマノイドキャラクターを作成できる高度なアドオンです。ManuelbastioniLABは無料でオープンソースです。


スポンサーリンク

追記:経緯はこちらのブログ記事が詳しいです↓
http://awa.newday-newlife.com/blog/about/manuellab/

MakeHumanの頃にAPI化プロジェクトの話もあったけど、結局無くなっちゃいましたね。



ManuelBastioniLABはBlenderアドオンのインターフェイス仕様に合わせたAPIと言えなくもないか?


スポンサーリンク

ライセンス

このアドオンManuelBastioniLABは、含まれる要素それぞれでライセンスが異なっているので、使用には注意が必要。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(パッケージに含まれるblend, obj, mtl, jsonなどのファイル):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    ソースコードやデータベースを基に生成した3Dモデル:AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
    公式ソフトウェアで生成した3Dモデル:CC(Creative Commons)

要するに、ManuelBastioniLABの公式な使い方、Blenderのアドオンとして使用して生成した3DモデルはCreative Commonsで使用できる。
それ以外の非公式な使い方(ソースコードやデータファイルを直接叩く生成プログラムを自前で書くとか)で生成した3DモデルはAGPL 3に従うということ。(API的に使ったらAGPL 3になっちゃうということか)

開発のwork in progressはギャラリーページが分かりやすい。
http://www.manuelbastioni.com/gallery.php


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで動画の手ぶれ補正
参考書
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
HerokuでMEAN stack
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
今年もSSII
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
Raspberry Pi 2を買いました
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
素敵なパーティクル
線画を遠近法で描く
布地のシワの法則性
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
Raspberry Pi
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
3DCG Meetup #4に行ってきた
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
ディープラーニング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Vancouver Film Schoolのデモリール
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
Paul Debevec
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
この連休でZBrushの スキルアップを…
ZBrushでカスタムUIを設定する
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Unreal Engine 5の情報が公開された!

コメント