Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』

MakeHumanの流れをくむ(というか開発者の1人であるManuel Bastioni氏による)Blender用の人体モデリングアドオン「ManuelBastioniLAB」は、資金調達の問題で2018年11月に終了してしまった。



現在は「ManuelBastioniLAB」をベースとしたMB-Labというアドオンがあり、Blender 2.8にも対応している。

MB-Lab

manuelbastionilab facerig

MB-Labはヒューマノイドキャラクターを作成するためのBlenderアドオンです。

MB-Labは、次世代のBlender向けにManuelBastioniLABを進化させたものです。MB-Labは、科学的で強力な3Dのヒューマノイドエディターを作ることを目的に、ManuelBastioniLABをベースとするコミュニティが開発・サポートしているプロジェクトです。元のManuelBastioniLABの開発が途絶えた今、このアドオンの進化を継続させるためのフォークプロジェクトです。

MB-Labは、Manuel Bastioni氏がManuelBastioniLABの開発をやめた直後の2018年11月に分岐しました。ManuelBastioniLABはオープンソースだったため、GitHubでこのすばらしいツールの開発・サポートを支援する他のメンバーを招待しました。何か変更を加えることは可能か、独自のサブフォークを持つグローバルなプロジェクトにできるか、などを検証するために始まったものです。

このソフトウェアは、様々な3Dグラフィックスプロジェクトを実現する過程で培ったPythonスクリプトのコレクション、新しいアルゴリズム、Manuel Bastioni氏が開発したオリジナルのプロトタイプとモデルなど、長きに渡って得られた知見に基づいています。


スポンサーリンク

MB-LabはPATREONで資金援助を募っているようです。

元の開発プロジェクトが終了してしまっても他の誰かがそのコードを元に開発を継続できるって、オープンソースの大きな魅力だよな。
Blenderの経緯も元を辿れば似たような感じだし。


スポンサーリンク


パッケージは公式サイトからダウンロードでき、ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/animate1978/MB-Lab

User Guideを見てみると、Auto-ModelingFace RigMuscle base systemなど、確かにManuelBastioniLABの仕組みを受け継いでいる様子。

ライセンス

ManuelBastioniLABと同様に、このアドオンに含まれる要素それぞれでライセンスが異なっている。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(アドオンに含まれる.blendなどの3Dファイル形式、画像、jsonファイルなど):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデルを用いた2Dレンダリング画像・動画:
    2Dレンダリングした者が著作権者となる

あれ、生成した3Dモデル自体のライセンスもCreative CommonsじゃなくてAGPL 3になった?


スポンサーリンク

関連記事

フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
日本でMakersは普及するだろうか?
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
BlenderのRigifyでリギング
デザインのリファイン再び
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Google App Engineのデプロイ失敗
OpenCVで動画の手ぶれ補正
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ZBrush キャラクター&クリーチャー
Unityの薄い本
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ゴジラ(2014)のディティール制作の舞台裏
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
続・ディープラーニングの資料
ラクガキの立体化 反省
OpenGVの用語
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
MFnMeshクラスのsplit関数
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
OANDAのfxTrade API
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク

コメント