Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』

MakeHumanの流れをくむ(というか開発者の1人であるManuel Bastioni氏による)Blender用の人体モデリングアドオン「ManuelBastioniLAB」は、資金調達の問題で2018年11月に終了してしまった。



現在は「ManuelBastioniLAB」をベースとしたMB-Labというアドオンがあり、Blender 2.8にも対応している。

MB-Lab

manuelbastionilab facerig

MB-Labはヒューマノイドキャラクターを作成するためのBlenderアドオンです。

MB-Labは、次世代のBlender向けにManuelBastioniLABを進化させたものです。MB-Labは、科学的で強力な3Dのヒューマノイドエディターを作ることを目的に、ManuelBastioniLABをベースとするコミュニティが開発・サポートしているプロジェクトです。元のManuelBastioniLABの開発が途絶えた今、このアドオンの進化を継続させるためのフォークプロジェクトです。

MB-Labは、Manuel Bastioni氏がManuelBastioniLABの開発をやめた直後の2018年11月に分岐しました。ManuelBastioniLABはオープンソースだったため、GitHubでこのすばらしいツールの開発・サポートを支援する他のメンバーを招待しました。何か変更を加えることは可能か、独自のサブフォークを持つグローバルなプロジェクトにできるか、などを検証するために始まったものです。

このソフトウェアは、様々な3Dグラフィックスプロジェクトを実現する過程で培ったPythonスクリプトのコレクション、新しいアルゴリズム、Manuel Bastioni氏が開発したオリジナルのプロトタイプとモデルなど、長きに渡って得られた知見に基づいています。


スポンサーリンク

MB-LabはPATREONで資金援助を募っているようです。

元の開発プロジェクトが終了してしまっても他の誰かがそのコードを元に開発を継続できるって、オープンソースの大きな魅力だよな。
Blenderの経緯も元を辿れば似たような感じだし。


スポンサーリンク


パッケージは公式サイトからダウンロードでき、ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/animate1978/MB-Lab

User Guideを見てみると、Auto-ModelingFace RigMuscle base systemなど、確かにManuelBastioniLABの仕組みを受け継いでいる様子。

ライセンス

ManuelBastioniLABと同様に、このアドオンに含まれる要素それぞれでライセンスが異なっている。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(アドオンに含まれる.blendなどの3Dファイル形式、画像、jsonファイルなど):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデルを用いた2Dレンダリング画像・動画:
    2Dレンダリングした者が著作権者となる

あれ、生成した3Dモデル自体のライセンスもCreative CommonsじゃなくてAGPL 3になった?


スポンサーリンク

関連記事

映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
OpenGVの用語
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
CreativeCOW.net
線画を遠近法で描く
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
生物の骨格
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Paul Debevec
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
この本読むよ
UnityでOpenCVを使うには?
日本でMakersは普及するだろうか?
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
MFnMeshクラスのsplit関数
立体視を試してみた
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
Maya API Reference
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び

コメント