Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』

MakeHumanの流れをくむ(というか開発者の1人であるManuel Bastioni氏による)Blender用の人体モデリングアドオン「ManuelBastioniLAB」は、資金調達の問題で2018年11月に終了してしまった。



現在は「ManuelBastioniLAB」をベースとしたMB-Labというアドオンがあり、Blender 2.8にも対応している。

MB-Lab

manuelbastionilab facerig

MB-Labはヒューマノイドキャラクターを作成するためのBlenderアドオンです。

MB-Labは、次世代のBlender向けにManuelBastioniLABを進化させたものです。MB-Labは、科学的で強力な3Dのヒューマノイドエディターを作ることを目的に、ManuelBastioniLABをベースとするコミュニティが開発・サポートしているプロジェクトです。元のManuelBastioniLABの開発が途絶えた今、このアドオンの進化を継続させるためのフォークプロジェクトです。

MB-Labは、Manuel Bastioni氏がManuelBastioniLABの開発をやめた直後の2018年11月に分岐しました。ManuelBastioniLABはオープンソースだったため、GitHubでこのすばらしいツールの開発・サポートを支援する他のメンバーを招待しました。何か変更を加えることは可能か、独自のサブフォークを持つグローバルなプロジェクトにできるか、などを検証するために始まったものです。

このソフトウェアは、様々な3Dグラフィックスプロジェクトを実現する過程で培ったPythonスクリプトのコレクション、新しいアルゴリズム、Manuel Bastioni氏が開発したオリジナルのプロトタイプとモデルなど、長きに渡って得られた知見に基づいています。


スポンサーリンク

MB-LabはPATREONで資金援助を募っているようです。

元の開発プロジェクトが終了してしまっても他の誰かがそのコードを元に開発を継続できるって、オープンソースの大きな魅力だよな。
Blenderの経緯も元を辿れば似たような感じだし。


スポンサーリンク


パッケージは公式サイトからダウンロードでき、ソースコードはGitHubにある↓
https://github.com/animate1978/MB-Lab

User Guideを見てみると、Auto-ModelingFace RigMuscle base systemなど、確かにManuelBastioniLABの仕組みを受け継いでいる様子。

ライセンス

ManuelBastioniLABと同様に、このアドオンに含まれる要素それぞれでライセンスが異なっている。

  • ソースコード(Python):
    GPL 3(GNU General Public License 3)
  • データベース(アドオンに含まれる.blendなどの3Dファイル形式、画像、jsonファイルなど):
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデル:
    AGPL 3(GNU Affero General Public License 3)
  • 生成した3Dモデルを用いた2Dレンダリング画像・動画:
    2Dレンダリングした者が著作権者となる

あれ、生成した3Dモデル自体のライセンスもCreative CommonsじゃなくてAGPL 3になった?


スポンサーリンク

関連記事

イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ZBrush 2018での作業環境を整える
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Adobe Photoshop CS5の新機能
3Dグラフィックスの入門書
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
Pix2Pix:CGANによる画像変換
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
Physically Based Rendering
続・ディープラーニングの資料
この本読むよ
機械学習手法『Random Forest』
ZBrushからBlenderへモデルをインポート
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
自前Shaderの件 解決しました
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
UnityのGlobal Illumination
OpenCV
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ROSでガンダムを動かす
マジョーラ
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ZBrush 4R8 リリース!
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加

コメント