ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。

ZBrush 2018 World Premiere

そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288

無印!ZBrush超入門講座第1回 ブラシ設定やSculptrisProモード解説。

オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
ゴジラの造形
ZBrushでアヴァンガメラを作ってみる
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Maya LTでFBIK(Full Body IK)
ラクガキの立体化 反省
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Blender 2.8がついに正式リリース!
この連休でZBrushの スキルアップを…
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Mayaのレンダリング アトリビュート
Vancouver Film Schoolのデモリール
2012のメイキングまとめ(途中)
Unityで360度ステレオVR動画を作る
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
AfterEffectsプラグイン開発
PolyPaint
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
SIGGRAPH Asia
天体写真の3D動画
MeshroomでPhotogrammetry
OpenMayaのPhongShaderクラス
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Blenderでよく使うaddon
参考になりそうなサイト
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
色んな三面図があるサイト

コメント