ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。



そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。

オイラは左利きなんだけど、普段PCのマウスは右手で使っている。 ただ、ペンタブレットでは左手でペンを持つので、ペンタブレットを使った諸々の操作では、自分が左利きであるということが多少ハンデかなぁと思っていた。 オイラはちょっと古い型のin...

気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。 ゴ...

4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
Zbrush2018にアップデートしたら新しく追加された「Sculptris Pro」を触ってみましたが、これがとても革命的な機能でしたよ。 何が出来るかというと、スカルプトした部分のポリゴンが盛り上がるのではなくて、まるで粘土が追加されるように分割されたポリゴンが自動で追加され 逆にフラットにさせ



オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.