ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。



そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288



オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

Oculus Goを購入!
この連休でZBrushの スキルアップを…
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenMayaのPhongShaderクラス
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
Paul Debevec
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Vancouver Film Schoolのデモリール
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ZBrush 2018での作業環境を整える
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
SIGGRAPH ASIAのマスコット
OpenMayaRender
Unityで360度ステレオVR動画を作る
顔モデリングのチュートリアル
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
色んな三面図があるサイト
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
MRenderUtil::raytrace
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
ラクガキの立体化 モールドの追加
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Clay Polish
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
UnityのTransformクラスについて調べてみた
3DCGのモデルを立体化するサービス
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
CreativeCOW.net
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
2012のメイキングまとめ(途中)
PolyPaint
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Pix2Pix:CGANによる画像変換

コメント