ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。



そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288



オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のVFXブレイクダウン
UnityでLight Shaftを表現する
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
WebGL開発に関する情報が充実してきている
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrushの作業環境を見直す
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
UnityのGlobal Illumination
最近のフィギュアの製造工程
clearcoat Shader
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
Blender 2.8がついに正式リリース!
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
AfterEffectsプラグイン開発
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
Unityの薄い本
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
アニゴジ関連情報
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ZBrushのお勉強
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ゴジラの造形
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Mayaのレンダリング アトリビュート
ZBrushで基本となるブラシ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
ZBrushのZScript入門
Maya LTのQuick Rigを試す
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』

コメント