ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。

ZBrush 2018 World Premiere

そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288

無印!ZBrush超入門講座第1回 ブラシ設定やSculptrisProモード解説。

オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
無料で使える人体3DCG作成ツール
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
JavaによるCGプログラミング入門サイト (日本語)
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
Oculus Goを購入!
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ラクガキの立体化
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
なんかすごいサイト
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
SIGGRAPH ASIAのマスコット
ZBrushのZScript入門
この本読むよ
Mayaのプラグイン開発
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 Dam Standardブラシでディティールを彫る
サンプルコードにも間違いはある?
ワンダーフェスティバル2020[冬]に行ってきた
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
Adobe Photoshop CS5の新機能
Houdiniのライセンスの種類
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Physically Based Rendering
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
Raytracing Wiki
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
海外ドラマのChromaKey
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
2012のメイキングまとめ(途中)
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する

コメント