ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。

ZBrush 2018 World Premiere

そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288

無印!ZBrush超入門講座第1回 ブラシ設定やSculptrisProモード解説。

オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Photogrammetry (写真測量法)
WebGL開発に関する情報が充実してきている
タマムシっぽい質感
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Paul Debevec
この本読むよ
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
マジョーラ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
Stanford Bunny
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
OpenMayaのPhongShaderクラス
参考になりそうなサイト
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
ラクガキの立体化 反省
Blenderでよく使うaddon
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
NICOGRAPHって有名?
Unreal Engineの薄い本
MFnDataとMFnAttribute
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Subsurface scatteringの動画
映画『ジュラシック・ワールド』のVFXメイキング
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
映画『ミュータント・タートルズ』を観てきた
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ZBrushトレーニング
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』

コメント