ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。



そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。 ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288



オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
布のモデリング
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ゴジラ三昧
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
OpenMayaのPhongShaderクラス
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
UnityのAR FoundationでARKit 3
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
色んな三面図があるサイト
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
物理ベースレンダリングのためのマテリアル設定チートシート
3Dグラフィックスの入門書
ラクガキの立体化
マジョーラ
NICOGRAPHって有名?
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
自前Shaderの件 解決しました
ラクガキの立体化 進捗
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
geometry3Sharp:Unity C#で使えるポリゴン操作ライブラリ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴと頭部を作り込む
この連休でZBrushの スキルアップを…
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
WebGL開発に関する情報が充実してきている
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Blendify:コンピュータービジョン向けBlenderラッパー
UnityのTransformクラスについて調べてみた
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン

コメント