ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。

ZBrush 2018 World Premiere

そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288

無印!ZBrush超入門講座第1回 ブラシ設定やSculptrisProモード解説。

オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ゴジラ三昧
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
無料で使える人体3DCG作成ツール
MRenderUtil::raytrace
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Maya 2015から標準搭載されたMILA
WebGL開発に関する情報が充実してきている
CreativeCOW.net
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
ZBrushCore
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrush 2018での作業環境を整える
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
イタリアの自動車ブランドFiatとゴジラがコラボしたCMのメイキング
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
布地のシワの法則性
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Mayaのレンダリング アトリビュート
ラクガキの立体化 反省
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
3Dグラフィックスの入門書
ゴジラ(2014)のメイキング
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
顔のモデリング

コメント