ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。

ZBrush 2018 World Premiere

そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288

無印!ZBrush超入門講座第1回 ブラシ設定やSculptrisProモード解説。

オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

Unityで360度ステレオVR動画を作る
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
Paul Debevec
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
AfterEffectsプラグイン開発
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Photo Bash:複数の写真を組み合わせて1枚のイラストを制作する
色んな三面図があるサイト
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
Photogrammetry (写真測量法)
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Adobe Photoshop CS5の新機能
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
ZBrushトレーニング
参考書
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
Raytracing Wiki
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
3Dグラフィックスの入門書
ZBrushCoreのTransposeとGizmo 3D
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
CEDEC 3日目
タマムシっぽい質感
ラクガキの立体化
タダでRenderManを体験する方法
サンプルコードにも間違いはある?
MFnMeshクラスのsplit関数
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
ジュラシック・パークのメイキング
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
ZBrushの作業環境を見直す
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ゴジラ三昧
ZBrush 2018での作業環境を整える
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧

コメント