ZBrush 2018へのアップグレード

ZBrush 2018がリリースされました。



そしてこれまで通り、以前のバージョン(ZBrush 4Rx)から無償でアップグレードできます。太っ腹ですね。

ただし、ZBrush 2018からライセンス認証の方法が変更になるため、サポートアカウントでログインして新しいシリアルナンバーを発行する必要がある。




スポンサーリンク


Histoneさんがシリアルナンバー発行からインストールまでの手順をTwitterにまとめてくださっているので引用。



あ、ExpressKey Remoteの設定はアプリケーションごとになってたから、またやり直しになるのか。



気分を新たにカスタムUIも含めて設定をやり直してみるか。
ZBrushでカスタムUIを設定する
ZBrushにも、Mayaで言うところのシェルフみたいに、ユーザーがGUIをカスタマイズできる機能があることは知ってたんだけど、今まではオイラの使っていたディスプレイの解像度が低すぎて狭かった(1600×1200)ので試していなかった。 ゴ...


4R8からUIを日本語化できるようになったから、英語UIの頃の手順メモに多少違和感。。。

新機能のSculptris Proも気になるけど。
http://modelinghappy.com/archives/8288



オイラはその前に従来からある機能の習得すらまだまだだ。


スポンサーリンク

関連記事

立体視を試してみた
シン・ゴジラのファンアート
サンプルコードにも間違いはある?
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 姿勢の変更
Photogrammetry (写真測量法)
iPhone欲しいなぁ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 腕の作り込み
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
CLO:服飾デザインツール
ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 側頭部のボリュームを探る
Subsurface scatteringの動画
MFnMeshクラスのsplit関数
布のモデリング
無料で使える人体3DCG作成ツール
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
ワンダーフェスティバル2024[冬]に行ってきた
ZBrushの練習 手のモデリング
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
MFnDataとMFnAttribute
Vancouver Film Schoolのデモリール
adskShaderSDK
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Open Shading Language (OSL)
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
ManuelBastioniLAB:人体モデリングできるBlenderアドオン
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
ZBrushトレーニング
trimesh:PythonでポリゴンMeshを扱うライブラリ
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ

コメント