ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

ZBrush公式ユーザーガイドのハードサーフェイスモデリングの項目を読んでみることにした。↓

Hard Surface

Hard Surface

ハードサーフェイスをスカルプトするのためのブラシ

Planarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシ、Formブラシと、改良されたLazy Mouseや新しいBack Track機能を組み合わせれば、モデルに正確な平坦面を作ることができます。鎧や武器、小道具、ロボットなど、あらゆるメカニカルな形状を簡単に彫ることができます。
メカ系のモデリングをサポートするため、ZBrushはハードサーフェイス専用の新しいブラシ群を提供します。メカ系のスカルプトは、主にPlanarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシがベースとなります。
Lazy MouseとImbedやDepthパラメータ等のブラシ調節機能を併用すると、あなたのニーズに合わせて無限種に近いカスタムブラシを作成できます。

ハードサーフェイスモデリングでは、PlanarTrimPolishの3種類のブラシが基本になるのね。


スポンサーリンク


さらにそれぞれの解説を引用。↓


スポンサーリンク

Planar Trim Polish

Planar系ブラシ

Planarブラシは、重複ジオメトリを作成せずにモデルの一部を平坦化することができます。デフォルトでは、これらのブラシはドラッグ中の筆圧やブラシ角に合わせて全てを平らにします:
Cavity内をクリックすると、クリックしたDepthより高い部分がすべて平らになります。 つまり、クリックした部分が最も高いDepthだった場合、カーソルはすでにモデルの頂上にあるので平坦化されません。
Brush >> DepthメニューにあるImbedスライダーはPlanarブラシを使用する際のストロークの深さを制御します。

Trim系ブラシ

Trimブラシは、Planarブラシがベースとなっていますが、面法線に基づくものと、画面平面に基づくもので異なる動作をします。Planarブラシがクリックしたサーフェイス上の点や定義されたPath上の制約を受けるのに比べ、Trimブラシは、デフォルトではこれらの制限はありません。これらのブラシを使用すると、フリーハンドのようにハードサーフェイスを彫刻することができます。

Polish系ブラシ

Polishブラシは、磨き上げられた金属のように表面を滑らかに、平坦に輝かせることができます。

そして、少し古いけど、ハードサーフェイスモデリングのチュートリアルを見つけた。↓

Making of The Cyborg

Making of The Cyborg

http://gwroom.com/zbrush_basicbrush/
http://gwroom.com/zbrush_hardbrush_01/


スポンサーリンク

関連記事

ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
Stanford Bunny
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
服飾デザインツール『CLO』
シン・ゴジラのファンアート
SIGGRAPH ASIA 2009で学生ボランティア募集してるみたい
Mayaのシェーディングノードの区分
サンプルコードにも間違いはある?
無料で使える人体3DCG作成ツール
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
『Deep Fluids』流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
色んな三面図があるサイト
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
ジュラシック・パークのメイキング
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
UnityのAR FoundationでARKit 3
MRenderUtil::raytrace
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrushのUV MasterでUV展開
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
Maya 2015から標準搭載されたMILA
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
素敵なパーティクル
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
ラクガキの立体化 進捗
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
ガメラ生誕50周年
参考書
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
Paul Debevec
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
ZBrush 2018での作業環境を整える
CGのためのディープラーニング
MFnDataとMFnAttribute
布地のシワの法則性
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
Unityをレンダラとして活用する
海外ドラマのChromaKey

コメント