ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

ZBrush公式ユーザーガイドのハードサーフェイスモデリングの項目を読んでみることにした。↓

Hard Surface

Hard Surface

ハードサーフェイスをスカルプトするのためのブラシ

Planarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシ、Formブラシと、改良されたLazy Mouseや新しいBack Track機能を組み合わせれば、モデルに正確な平坦面を作ることができます。鎧や武器、小道具、ロボットなど、あらゆるメカニカルな形状を簡単に彫ることができます。
メカ系のモデリングをサポートするため、ZBrushはハードサーフェイス専用の新しいブラシ群を提供します。メカ系のスカルプトは、主にPlanarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシがベースとなります。
Lazy MouseとImbedやDepthパラメータ等のブラシ調節機能を併用すると、あなたのニーズに合わせて無限種に近いカスタムブラシを作成できます。

ハードサーフェイスモデリングでは、PlanarTrimPolishの3種類のブラシが基本になるのね。


スポンサーリンク


さらにそれぞれの解説を引用。↓


スポンサーリンク

Planar Trim Polish

Planar系ブラシ

Planarブラシは、重複ジオメトリを作成せずにモデルの一部を平坦化することができます。デフォルトでは、これらのブラシはドラッグ中の筆圧やブラシ角に合わせて全てを平らにします:
Cavity内をクリックすると、クリックしたDepthより高い部分がすべて平らになります。 つまり、クリックした部分が最も高いDepthだった場合、カーソルはすでにモデルの頂上にあるので平坦化されません。
Brush >> DepthメニューにあるImbedスライダーはPlanarブラシを使用する際のストロークの深さを制御します。

Trim系ブラシ

Trimブラシは、Planarブラシがベースとなっていますが、面法線に基づくものと、画面平面に基づくもので異なる動作をします。Planarブラシがクリックしたサーフェイス上の点や定義されたPath上の制約を受けるのに比べ、Trimブラシは、デフォルトではこれらの制限はありません。これらのブラシを使用すると、フリーハンドのようにハードサーフェイスを彫刻することができます。

Polish系ブラシ

Polishブラシは、磨き上げられた金属のように表面を滑らかに、平坦に輝かせることができます。

そして、少し古いけど、ハードサーフェイスモデリングのチュートリアルを見つけた。↓

Making of The Cyborg

Making of The Cyborg

http://gwroom.com/zbrush_basicbrush/
http://gwroom.com/zbrush_hardbrush_01/


スポンサーリンク

関連記事

ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
ZBrush 4R7
ラクガキの立体化
Maya 2015から標準搭載されたMILA
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
ZBrushのUV MasterでUV展開
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroup作成に再挑戦
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
Maya API Reference
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrush 2018へのアップグレード
ラクガキの立体化 モールドの追加
UnityのTransformクラスについて調べてみた
PolyPaint
ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
ラクガキの立体化 1年半ぶりの続き
人型3Dキャラクターアニメーション制作サービス『Mixamo』で遊ぶ
マイケル・ベイの動画の感覚
MeshroomでPhotogrammetry
昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか
注文してた本が届いた
CEDEC 3日目
そのアプローチは帰納的か演繹的か
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編

コメント