ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

ZBrush公式ユーザーガイドのハードサーフェイスモデリングの項目を読んでみることにした。↓

Hard Surface

Hard Surface

ハードサーフェイスをスカルプトするのためのブラシ

Planarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシ、Formブラシと、改良されたLazy Mouseや新しいBack Track機能を組み合わせれば、モデルに正確な平坦面を作ることができます。鎧や武器、小道具、ロボットなど、あらゆるメカニカルな形状を簡単に彫ることができます。
メカ系のモデリングをサポートするため、ZBrushはハードサーフェイス専用の新しいブラシ群を提供します。メカ系のスカルプトは、主にPlanarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシがベースとなります。
Lazy MouseとImbedやDepthパラメータ等のブラシ調節機能を併用すると、あなたのニーズに合わせて無限種に近いカスタムブラシを作成できます。

ハードサーフェイスモデリングでは、PlanarTrimPolishの3種類のブラシが基本になるのね。


スポンサーリンク


さらにそれぞれの解説を引用。↓


スポンサーリンク

Planar Trim Polish

Planar系ブラシ

Planarブラシは、重複ジオメトリを作成せずにモデルの一部を平坦化することができます。デフォルトでは、これらのブラシはドラッグ中の筆圧やブラシ角に合わせて全てを平らにします:
Cavity内をクリックすると、クリックしたDepthより高い部分がすべて平らになります。 つまり、クリックした部分が最も高いDepthだった場合、カーソルはすでにモデルの頂上にあるので平坦化されません。
Brush >> DepthメニューにあるImbedスライダーはPlanarブラシを使用する際のストロークの深さを制御します。

Trim系ブラシ

Trimブラシは、Planarブラシがベースとなっていますが、面法線に基づくものと、画面平面に基づくもので異なる動作をします。Planarブラシがクリックしたサーフェイス上の点や定義されたPath上の制約を受けるのに比べ、Trimブラシは、デフォルトではこれらの制限はありません。これらのブラシを使用すると、フリーハンドのようにハードサーフェイスを彫刻することができます。

Polish系ブラシ

Polishブラシは、磨き上げられた金属のように表面を滑らかに、平坦に輝かせることができます。

そして、少し古いけど、ハードサーフェイスモデリングのチュートリアルを見つけた。↓

Making of The Cyborg

Making of The Cyborg

http://gwroom.com/zbrush_basicbrush/
http://gwroom.com/zbrush_hardbrush_01/


スポンサーリンク

関連記事

2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
プログラムによる景観の自動生成
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ZBrushの練習 手のモデリング
mentalrayのSubsurface Scattering Shader『misss_fast_...
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
Photogrammetry (写真測量法)
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
Blender 2.8がついに正式リリース!
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
映画『ブレードランナー 2049』のVFX
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
Raytracing Wiki
ZBrushで基本となるブラシ
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
『ピクサー展』へ行ってきた
ファンの力
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
UnityでARKit2.0
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
天体写真の3D動画
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ

コメント