ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

ZBrush公式ユーザーガイドのハードサーフェイスモデリングの項目を読んでみることにした。↓

Hard Surface

Hard Surface

ハードサーフェイスをスカルプトするのためのブラシ

Planarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシ、Formブラシと、改良されたLazy Mouseや新しいBack Track機能を組み合わせれば、モデルに正確な平坦面を作ることができます。鎧や武器、小道具、ロボットなど、あらゆるメカニカルな形状を簡単に彫ることができます。
メカ系のモデリングをサポートするため、ZBrushはハードサーフェイス専用の新しいブラシ群を提供します。メカ系のスカルプトは、主にPlanarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシがベースとなります。
Lazy MouseとImbedやDepthパラメータ等のブラシ調節機能を併用すると、あなたのニーズに合わせて無限種に近いカスタムブラシを作成できます。

ハードサーフェイスモデリングでは、PlanarTrimPolishの3種類のブラシが基本になるのね。


スポンサーリンク


さらにそれぞれの解説を引用。↓


スポンサーリンク

Planar Trim Polish

Planar系ブラシ

Planarブラシは、重複ジオメトリを作成せずにモデルの一部を平坦化することができます。デフォルトでは、これらのブラシはドラッグ中の筆圧やブラシ角に合わせて全てを平らにします:
Cavity内をクリックすると、クリックしたDepthより高い部分がすべて平らになります。 つまり、クリックした部分が最も高いDepthだった場合、カーソルはすでにモデルの頂上にあるので平坦化されません。
Brush >> DepthメニューにあるImbedスライダーはPlanarブラシを使用する際のストロークの深さを制御します。

Trim系ブラシ

Trimブラシは、Planarブラシがベースとなっていますが、面法線に基づくものと、画面平面に基づくもので異なる動作をします。Planarブラシがクリックしたサーフェイス上の点や定義されたPath上の制約を受けるのに比べ、Trimブラシは、デフォルトではこれらの制限はありません。これらのブラシを使用すると、フリーハンドのようにハードサーフェイスを彫刻することができます。

Polish系ブラシ

Polishブラシは、磨き上げられた金属のように表面を滑らかに、平坦に輝かせることができます。

そして、少し古いけど、ハードサーフェイスモデリングのチュートリアルを見つけた。↓

Making of The Cyborg

Making of The Cyborg

http://gwroom.com/zbrush_basicbrush/
http://gwroom.com/zbrush_hardbrush_01/


スポンサーリンク

関連記事

世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
タダでRenderManを体験する方法
ZBrushでカスタムUIを設定する
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Stanford Bunny
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
単純に遊びに行くのはだめなのか?
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
After Effects全エフェクトの解説(6.5)
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
OpenMayaのPhongShaderクラス
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
サンプルコードにも間違いはある?
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
WebGL開発に関する情報が充実してきている
3Dグラフィックスの入門書
Photogrammetry (写真測量法)
トランスフォーマー :リベンジのメイキング (デジタルドメイン)
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
Unityで360度ステレオVR動画を作る
ファンの力
Subsurface scatteringの動画
『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のVFXブレイクダウン まとめ
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
Adobe Photoshop CS4 Extendedの3Dモデル編集機能
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
レンダラ制作はOpenGL とか DirectX を使わなくてもできるんだぜ
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
SIGGRAPH論文へのリンクサイト
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
Blender 2.8がついに正式リリース!
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
HD画質の無駄遣い その2
Raytracing Wiki
トランスフォーマーロストエイジのメイキング
PureRef:リファレンス画像専用ビューア

コメント