ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

ZBrush公式ユーザーガイドのハードサーフェイスモデリングの項目を読んでみることにした。↓

Hard Surface

Hard Surface

ハードサーフェイスをスカルプトするのためのブラシ

Planarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシ、Formブラシと、改良されたLazy Mouseや新しいBack Track機能を組み合わせれば、モデルに正確な平坦面を作ることができます。鎧や武器、小道具、ロボットなど、あらゆるメカニカルな形状を簡単に彫ることができます。
メカ系のモデリングをサポートするため、ZBrushはハードサーフェイス専用の新しいブラシ群を提供します。メカ系のスカルプトは、主にPlanarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシがベースとなります。
Lazy MouseとImbedやDepthパラメータ等のブラシ調節機能を併用すると、あなたのニーズに合わせて無限種に近いカスタムブラシを作成できます。

ハードサーフェイスモデリングでは、PlanarTrimPolishの3種類のブラシが基本になるのね。


スポンサーリンク


さらにそれぞれの解説を引用。↓


スポンサーリンク

Planar Trim Polish

Planar系ブラシ

Planarブラシは、重複ジオメトリを作成せずにモデルの一部を平坦化することができます。デフォルトでは、これらのブラシはドラッグ中の筆圧やブラシ角に合わせて全てを平らにします:
Cavity内をクリックすると、クリックしたDepthより高い部分がすべて平らになります。 つまり、クリックした部分が最も高いDepthだった場合、カーソルはすでにモデルの頂上にあるので平坦化されません。
Brush >> DepthメニューにあるImbedスライダーはPlanarブラシを使用する際のストロークの深さを制御します。

Trim系ブラシ

Trimブラシは、Planarブラシがベースとなっていますが、面法線に基づくものと、画面平面に基づくもので異なる動作をします。Planarブラシがクリックしたサーフェイス上の点や定義されたPath上の制約を受けるのに比べ、Trimブラシは、デフォルトではこれらの制限はありません。これらのブラシを使用すると、フリーハンドのようにハードサーフェイスを彫刻することができます。

Polish系ブラシ

Polishブラシは、磨き上げられた金属のように表面を滑らかに、平坦に輝かせることができます。

そして、少し古いけど、ハードサーフェイスモデリングのチュートリアルを見つけた。↓

Making of The Cyborg

Making of The Cyborg

http://gwroom.com/zbrush_basicbrush/
http://gwroom.com/zbrush_hardbrush_01/


スポンサーリンク

関連記事

Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
書籍『The Art of Mystical Beasts』を購入
Mayaのシェーディングノードの区分
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
CEDEC 3日目
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
グローバルイルミネーションに手を出す前に、やり残したことがあるんじゃない?
2012のメイキングまとめ(途中)
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
フリーのUV展開ツール Roadkill UV Tool
Physically Based Rendering
無料で使える人体3DCG作成ツール
立体視を試してみた
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
ラクガキの立体化 反省
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
自前Shaderの件 解決しました
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
実写と実写の合成時の色の馴染ませテクニック
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』

コメント