ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ

ZBrush公式ユーザーガイドのハードサーフェイスモデリングの項目を読んでみることにした。↓

Hard Surface

Hard Surface

ハードサーフェイスをスカルプトするのためのブラシ

Planarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシ、Formブラシと、改良されたLazy Mouseや新しいBack Track機能を組み合わせれば、モデルに正確な平坦面を作ることができます。鎧や武器、小道具、ロボットなど、あらゆるメカニカルな形状を簡単に彫ることができます。
メカ系のモデリングをサポートするため、ZBrushはハードサーフェイス専用の新しいブラシ群を提供します。メカ系のスカルプトは、主にPlanarブラシ、Trimブラシ、Polishブラシがベースとなります。
Lazy MouseとImbedやDepthパラメータ等のブラシ調節機能を併用すると、あなたのニーズに合わせて無限種に近いカスタムブラシを作成できます。

ハードサーフェイスモデリングでは、PlanarTrimPolishの3種類のブラシが基本になるのね。


スポンサーリンク


さらにそれぞれの解説を引用。↓


スポンサーリンク

Planar Trim Polish

Planar系ブラシ

Planarブラシは、重複ジオメトリを作成せずにモデルの一部を平坦化することができます。デフォルトでは、これらのブラシはドラッグ中の筆圧やブラシ角に合わせて全てを平らにします:
Cavity内をクリックすると、クリックしたDepthより高い部分がすべて平らになります。 つまり、クリックした部分が最も高いDepthだった場合、カーソルはすでにモデルの頂上にあるので平坦化されません。
Brush >> DepthメニューにあるImbedスライダーはPlanarブラシを使用する際のストロークの深さを制御します。

Trim系ブラシ

Trimブラシは、Planarブラシがベースとなっていますが、面法線に基づくものと、画面平面に基づくもので異なる動作をします。Planarブラシがクリックしたサーフェイス上の点や定義されたPath上の制約を受けるのに比べ、Trimブラシは、デフォルトではこれらの制限はありません。これらのブラシを使用すると、フリーハンドのようにハードサーフェイスを彫刻することができます。

Polish系ブラシ

Polishブラシは、磨き上げられた金属のように表面を滑らかに、平坦に輝かせることができます。

そして、少し古いけど、ハードサーフェイスモデリングのチュートリアルを見つけた。↓

Making of The Cyborg

Making of The Cyborg

http://gwroom.com/zbrush_basicbrush/
http://gwroom.com/zbrush_hardbrush_01/


スポンサーリンク

関連記事

顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
MRenderUtil::raytrace
Mayaのプラグイン開発
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
テスト
OpenMayaRender
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
フルCGのウルトラマン!?
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
ラクガキの立体化 進捗
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
ZBrushCore
線画を遠近法で描く
Unite 2014の動画
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ClipCurve
CGWORLD CHANNEL 第21回ニコ生配信は『シン・ゴジラ』メイキングスペシャル!
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
adskShaderSDK
ラクガキの立体化 胴体の追加
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
clearcoat Shader
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
UnityのTransformクラスについて調べてみた
Paul Debevec
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ファンの力
OpenMayaのPhongShaderクラス
Point Cloud Libraryに動画フォーマットが追加されるらしい

コメント