ZBrushでゴジラ2001を作ってみる 身体のSubToolを分割

前回、ZSphereから身体も作り始めた。
そしてまた2ヶ月以上放置してた。。。このゴジラを作り始めてからもう1年ほど経ってしまったな。



身体を作っておくと全体に目を向けられるので、頭だけ作り続けて変に細部に囚われ過ぎるのを防げるかと。(というのはアヴァン・ガメラでの反省)
アヴァン・ガメラ
まだ作り途中…模刻の練習として、映画「小さき勇者たち ~ガメラ~」の冒頭に登場する通称アヴァンガメラをモデリング。「特撮のDNA」で撮影したレプリカヘッドの写真を参考に。ZBrushでフォームの作成、ディティールの追加まで...


頭を横から見たシルエットで後頭部のラインが不自然だったのを修正しつつ、首のラインも少しずつ整えていく。首についてはまだシルエット出しの最中と言える。



顔についてもアバウトに作っているモールドの彫りを少しだけ深くしたり。



こういうチビチビした作り方をしていると、荒々しさは全く表現できない気がするけど、怪獣系の原型師の人達は一体どうやって作っているのだろうか。


スポンサーリンク


身体の方は一体のSubToolだと作業しづらいので、腕、脚を胴体から切り離して別SubToolへ分割しておく。



こういう分割はPolyGroupでやるべきなのか未だに良く分からないけど、SubToolを分けておいた方が直感的なのでこのやり方で進めていく。



全身のバランスはこちらの書籍に載っている全身写真を参考にしている↓

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃超全集

頭を作るのに参考にしている写真と全身写真のポーズが違うのでイマイチ雰囲気が掴めないけど。



スポンサーリンク

作業の振り返り

頭頂部から後頭部にかけてのボリュームに迷っていったん膨らませ過ぎた。
ある程度表面を荒して手がかりを作らないと、写真との比較も難しいと気づき始めた。シルエットだけじゃなく、ランドマークとなる大きなモールドは早めに入れておいた方が作業を進めやすそう。



身体のバランス調整は参考写真の都合でポーズありきになってしまいそうだ。

試したいこと

Mayaでのモデリング方法の延長で考えていた頃は、ZBrush上にリファレンス画像を表示してスカルプトしようとしていた。


ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
ZBrushは全画面表示を前提としたUIだから、リファレンスの画像ファイルを横で開いて見ながら作業するのがやりづらいとずっと思ってたんだけど、このチュートリアル動画を見てたらZBrushのキャンバス上にリファレンスを並べているではないか↓...


マルチディスプレイで作業するようになってからは、別の画面でリファレンス画像を表示して目分量でスカルプトしていく方法に落ち着いていた。

最近になって、ZBrushにはシースルー表示という機能があると知った。PureRefと組み合わせればかなり便利そう。
PureRef:リファレンス画像専用ビューア
絵を描くなり、CGをモデリングするなり、何か作るときには参考資料を見ながら作業するものだけど、このPureRefというツールは参考画像を表示するための専用ビューア。PureRefPureRefは、アーティストが参考画像を整理・表...


目分量ではなく、やはり完全に重ねた状態でバランスを見た方が手っ取り早いはずだ。

GMKゴジラのフィギュア

5月末までプレミアムバンダイでセキケンジ氏が原型を手掛けた怪獣番外地 ゴジハムくん & ゴジラ(2001)の予約受付をしていた。





とりあえず予約した(笑)

まとめページ↓



スポンサーリンク

関連記事

三丁目ゴジラ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
2012のメイキングまとめ(途中)
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その2
Mayaのシェーディングノードの区分
プログラムによる景観の自動生成
Stanford Bunny
映画『ゴジラvsコング』を観てきた! (一応ネタバレ無し)
写真から3Dメッシュの生成・編集ができる無料ツール『Autodesk Memento』
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
ラクガキの立体化 モールドの追加
プレイステーション3用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-』
オープンソースのテクスチャマッピングシステム『Ptex』
Phongの表現力パネェ 材質別のPhong Shader用パラメータ一覧
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
UnityのAR FoundationでARKit 3
ゴジラ・フェス 2018
トランスフォーマー/ロストエイジのメイキング
BSDF: (Bidirectional scattering distribution funct...
ゴジラのプラモデルの組立動画
ZBrushCore
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
海外ドラマのChromaKey
Unreal Engine Tokyo MeetUp!へ行ってきた
シン・ゴジラの全身ビジュアルがついに公開!
3D復元技術の情報リンク集
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
4K HDR『ガメラ 大怪獣空中決戦』
GMKゴジラ完成!
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
自前Shaderの件 解決しました
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の特報が公開された!
Amazon プライム・ビデオでゴジラシリーズが全作見れるぞ!
ガメラ生誕50周年
MPFB2:Blenderの人体モデリングアドオン
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
Zibra Liquids:Unity向け流体シミュレーションプラグイン
ポリ男からMetaHumanを作る

コメント