酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 完成!

ついに完成したのでちゃんと写真撮りました。

前回、全身に黒を吹いたけど、まだ何かイメージと違う。 まだ赤が強過ぎるのだろうか。手元に雛型レプリカもあるので、そっちとの赤味の量の差が気になるのかも。 黒味の微調整 ということで、もっと黒を重ねることにする。 前回はタ...

だいぶ赤が強めに写ってしまったな。肉眼で見るとそんなに赤くないんだけど。



シン・ゴジラは他のゴジラと違って照明の加減も難しいね。


スポンサーリンク



毎度おなじみターンテーブル動画です↓



こちらは一番くじA賞のソフビ版↓



こうやって見比べると、塗装はソフビ版に負けているような気もする…
赤と黒のコントラストが低いというか、混ざり合って全体的に茶色になってしまった。



照明の加減の違いもあるけど、今回は最後の仕上げでちょいと失敗した気がする。つや消しがあんまり上手くいってないな。



遠目から見ると情報量が多くてそれなりに見えなくもない。元々劇中のゴジラは赤が発光しているので、普通の塗装で再現すること自体が難しいのだ。(と、言い訳)



逆光ぎみだと良い感じの黒味だけど、目元が影で潰れてしまう。



本キットの尻尾の先の形状は、どういうわけか映画とは裏焼きになっているみたい。





足の爪の塗装は、まあ上手くいった方だろうか。



ジ・アート・オブ・シン・ゴジラっぽい角度。







目つきは割と上手くいったかと思う。と言っても、小さいので影響少ないんですが。



ホント長い尻尾。





最初のティザーポスターと似た角度から。





左目は奥に引っ込んでいるのでかなりクッキリと影が落ちる。



背びれの先端はもっと黒くても良かったかもしれない。



ということで、こちらが制作記事まとめページです↓

https://blog.negativemind.com/portfolio/sakai-yuji-zokei-kobo-23cm-shin-godzilla-resin-kit/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.