ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ

前回、ソフビ製の頭部パーツの目の部分をくり抜いた。

眼を電飾化するために型取り複製して、2次原型を造り始めたけど、 透明パーツの原型はごまかしが効かないので、ちゃんと磨き上げるために溶きパテを塗っては削ってをくり返し中。 さて、2次原型を磨いている間に、元の頭部パーツから目の...

ここから、眼を透明パーツ化するための2次原型がちゃんと穴にぴったりはまるかどうか確認しながら両者を削って形をすり合わせていく。地味だけど何度か反復が必要な作業。

とりあえず眼の2次原型の方を削って少し小さくし、頭部パーツの内側から入れられるようにする。

ハマるように眼のパーツを少し削って小さくした

ちゃんとはまるようにどんどん削って行ったら2次原型がだいぶ小さくなった。


スポンサーリンク



頭部パーツの裏側から差し込んでみて様子を見ながら眼の穴を広げていく。

頭部の内側から差し込む

何となく眼の位置にハマりそう。

一応眼の位置にハマりそうな感じ

横から見ると結構隙間があるな。

右サイド
左サイド

目元の隙間を埋める前に、パーツがずれないように裏側の隙間にパテを埋めていく。

眼のパーツがずれないように隙間にパテを埋めていく

2次原型の方はもう削らないので磨き上げの準備に入る。1500番のブラックサーフェイサーを少し厚めに吹いて細かい凹凸を埋めてしまう。

2次原型の方はもう削らないので磨き上げの準備に入る

乾いたら再び頭部パーツとのすり合わせを行う。
ガタつかないようにまた裏側から隙間をパテで埋めてやる。

頭部パーツの方もパテを盛る

写真撮り忘れたけど、目元にもパテを少し盛って隙間を埋め始めた。
ここまで来たら頭部パーツの方もサーフェイサーを吹いてしまう。

頭部もサーフェイサーを拭いてしまう

目元周りを中心に隙間をパテで埋める。
また隙間にパテを盛る

だいぶ埋まってきた。固まったらペリッと剥がしてまた修正。

外した

2次原型側もまた溶きパテを塗ってサーフェイサーを吹いた。

2次原型側もまた溶きパテ塗ったりした

またサーフェイサー

お正月休みはこの繰り返しだった。。。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.