ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング

前回でマーキング塗装まで終えた。



エナメル塗料で墨入れしていく。
キットのサイズが小さいので、あんまり濃く墨入れするとスケール感も無くなってしまう気がする。なので、とりあえず薄く半透明な色(スモーク)で墨入れして様子を見る。

手始めに、まだ接着していない機銃パーツにタミヤカラー エナメル塗料のスモークを溶剤多めで溶いてジャブジャブと。



本体の方も同様に全体をスモークでジャブジャブ。




スポンサーリンク


ある程度乾いたら、エナメル塗料の溶剤を含ませた綿棒で拭き取る。機銃パーツはもう接着してしまった。



なんか、ほとんどわからないというか、墨入れの効果が薄過ぎて物足りない。。。

結局、スモークにさらにブラックを足して、濃いめにした色で墨入れ。



そして、ファインモールド版の時にもやったように、タミヤウェザリングマスターでちょこちょこと汚しを入れる。(写真だとほとんど分からんね)
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
さあ、汚していくよ。 とりあえず、裏面は土汚れが付いているだろうという想定で、タミヤカラー エナメル塗料のフラットアース + ブラウンを適当に塗ってみる。 これを溶剤を含ませた綿棒で拭き取っていく。拭き取る写真撮り忘...




特に、モールドが少なく面積の広い部分の情報量を増やすよう意識してウェザリングを入れた。

エナメル塗料が完全に乾いたら、ウェザリングを定着させ、全体の質感を整えるためにMr.スーパークリアー つや消し スプレーを吹く。



これで作業は完了だな。後は完成写真をちゃんと撮ろう。


スポンサーリンク

関連記事

メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
エアブラシの思い出
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
ドリフトパッケージナノとシフトカー
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
ゴジラのガレージキットの塗装
ゴジラ トレーディングバトル
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 口内の改造・塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』"あのキャラクター"のメイキング
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
ムービーモンスターシリーズ ゴジラ 2016 発売
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
ジュラシック・パークの続編『ジュラシック・ワールド』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
模型SNSまとめ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュア
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その4
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
S.H.MonsterArts 輝響曲 ゴジラ(1989)
顔モデリングのチュートリアル
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工

コメント