ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング

前回でマーキング塗装まで終えた。



エナメル塗料で墨入れしていく。
キットのサイズが小さいので、あんまり濃く墨入れするとスケール感も無くなってしまう気がする。なので、とりあえず薄く半透明な色(スモーク)で墨入れして様子を見る。

手始めに、まだ接着していない機銃パーツにタミヤカラー エナメル塗料のスモークを溶剤多めで溶いてジャブジャブと。



本体の方も同様に全体をスモークでジャブジャブ。




スポンサーリンク


ある程度乾いたら、エナメル塗料の溶剤を含ませた綿棒で拭き取る。機銃パーツはもう接着してしまった。



なんか、ほとんどわからないというか、墨入れの効果が薄過ぎて物足りない。。。

結局、スモークにさらにブラックを足して、濃いめにした色で墨入れ。



そして、ファインモールド版の時にもやったように、タミヤウェザリングマスターでちょこちょこと汚しを入れる。(写真だとほとんど分からんね)
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング
さあ、汚していくよ。とりあえず、裏面は土汚れが付いているだろうという想定で、タミヤカラー エナメル塗料のフラットアース + ブラウンを適当に塗ってみる。これを溶剤を含ませた綿棒で拭き取っていく。拭き取る写真撮り忘れてしまった。...




特に、モールドが少なく面積の広い部分の情報量を増やすよう意識してウェザリングを入れた。

エナメル塗料が完全に乾いたら、ウェザリングを定着させ、全体の質感を整えるためにMr.スーパークリアー つや消し スプレーを吹く。



これで作業は完了だな。後は完成写真をちゃんと撮ろう。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
バンダイ ビークルモデル 006 スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン
スター・ウォーズ旧三部作に登場する銀河一速い宇宙船ミレニアム・ファルコンを再現したバンダイの手のひらサイズのプラモデル。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 全身・腹甲のベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 下アゴの軸打ち加工・パーツの接着
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
一番くじのシン・ゴジラ ソフビフィギュアが新たなカラーリングで登場
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
リアルタイム レイトレーシングAPI『DirectX Raytracing (DXR)』
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
黒歴史
今年も怪獣大進撃
2500件以上の応募があれば『シン・ゴジラ』フィギュア付きMOOKが発刊!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内のレタッチ
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
ファンの力
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 仕切り直し
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 欠けた牙の修復・口内の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
バンダイ 1/12 グリーヴァス将軍 サフレス塗装
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 表面処理
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
『円谷英二展』で展示された初代ゴジラがソフビ化!
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
積みキット進捗
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製 やり直し
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン コックピットの塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 洗浄
映像ビジネスの未来
Zウィングマグナム
ロボットクリエーター
消費の記録
『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』のVFXブレイクダウン
S.H.MonsterArtsをターンテーブルで
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
機動武闘伝Gガンダム
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?

コメント