バンダイ メカコレクション 『ウルトラホーク1号-α号・β号・γ号』 接着・後ハメ加工

ウルトラセブン」に登場する防衛組織 ウルトラ警備隊のウルトラホーク1号の分離形態 α号、β号、γ号を再現したそれぞれ単体のキット。
バンダイ メカコレクションシリーズで発売されていたもので、もう何年も前に購入していた。(そして少し作業をしてから数年放置していた)

メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.13 ウルトラホーク1号 α号 プラモデル

メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.14 ウルトラホーク1号 β号 プラモデル

メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.15 ウルトラホーク1号 γ号 プラモデル

これら3つのキットはウルトラホーク1号へ合体させることも可能。


スポンサーリンク


それ以前にバンダイのメカコレクションシリーズから(分離・合体ギミックの無い)ウルトラホーク1号が発売されておりましたが、
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.2 ウルトラホーク1号
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズからウルトラマンシリーズの初期作品に登場するビークルが発売され、そのNo.2がこのウルトラホーク1号。価格が500円で、パーツ数も少なくてお手軽なキット。なんだけど表面処理に気を遣ったら結...


改めてα号、β号、γ号がそれぞれ別商品となったことでサイズが少し大きくなり、パーツ分割が一段と色分け単位に近づいたので塗装もしやすそう。コクピットのキャノピーがクリアーブラックのパーツになっているのも嬉しい。

3つまとめて仮組みし、工作プランを考える。



スポンサーリンク

後ハメ加工・接着

α号の尾翼パーツA➐は、A➑とA➒で挟み込むことになる。



A➑とA➒は接着して底部の合わせ目を消したいけど、塗装のことを考えるとA➐は別パーツのままにしておきたいので、後ハメ加工しておく。



A➐の根本を少し削って後から差し込めるようにし、A➑とA➒を接着。



差し込んだA➐がグラつかないようにA➑とA➒側の隙間をエポキシパテで埋めた。



接着したA➑とA➒はそのままα号の先端になるA➎、A➏とも接着して合わせ目を消してしまおう↓



その他、ウルトラホーク1号の翼となるβ号のA➊とA➋パーツを接着、γ号のA➊、A➌、A➑パーツは塗装前に接着しておく。



接着の合わせ目には溶きパテも塗り、乾いたらパーティングラインや接着の合わせ目に400番のサンドペーパーをざっとかけて、表面処理へ進む。(尾翼撮り忘れた)



このキットの制作記事まとめページ↓



8月末からDeAGOSTINIでウルトラホーク1号の試験販売が始まるらしい↓
https://deagostini.jp/uh1mt/



夢のかけら 円谷プロダクション篇


スポンサーリンク

関連記事

円谷コンベンション2019の円谷ワンフェスに行ってきた
GMKゴジラの口の塗装
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 背びれの塗装・接着
映画『シン・ウルトラマン』が2021年公開予定!
映画『ダウンサイズ』を観た
ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた
アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』の予告編が公開された!
『ウルトラマンG』と『ウルトラマンパワード』のBlu-ray BOX
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
シフトカーを改造する人達
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
アニゴジ関連情報
大人の知識で玩具の改造
シフトカーの改造
2019年 観に行った映画振り返り
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
酒井ゆうじ造型工房 30cm ゴジラ2016 レジンキットが届いた!
ミニ四駆ブーム?
ゴジラ2000ミレニアムの眼の塗装
ゴジラ三昧
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
『ウルトラマンZ』にハマっている
シン・ゴジラ第5形態雛型がワンダーフェスティバル2017[冬]で展示されるぞ!
マジョーラ
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装
恐竜骨格のプラモデル
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
恐竜造形の指南書
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2

コメント