ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ウェザリング

さあ、汚していくよ。

ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 墨入れ
マーキングを含めた基本の塗装が終わったので、いよいよ演出的な塗装に入る。影や凹凸を強調したり、汚しを入れたりする作業ね。 これだけ細かいモールドだらけのスターウォーズメカなので、墨入れすると一気に情報量が増えて印象が大きく変わるは...

とりあえず、裏面は土汚れが付いているだろうという想定で、タミヤカラー エナメル塗料のフラットアース + ブラウンを適当に塗ってみる。

エナメル塗料のブラウンを適当に塗る

これを溶剤を含ませた綿棒で拭き取っていく。拭き取る写真撮り忘れてしまった。。。


スポンサーリンク



この段階でコックピットのキャノピーパーツも含め、ほとんどのパーツを接着してしまう。

コックピット

キャノピーを取り付ける

エナメル塗料のブラウンを、筋が残るように拭き取って雨水で流れた錆汚れ風にしてみたけど、何かイマイチ。

錆汚れ風にブラウンを塗る

そもそもミレニアムファルコンのこのグレーのパーツって材質何なんだろうな。

自分でエナメル塗料を混色しても雰囲気が出無さそうなので、ここでタミヤウェザリングマスターという便利アイテムを使ってみる。

タミヤメイクアップ材シリーズ No.80 タミヤ ウェザリングマスター B(スノー) 87080

ウェザリングマスターCセット アカサビ

タミヤメイクアップ材シリーズ No.88 タミヤ ウェザリングマスター D(青焼け) 87088

何か化粧品みたいなアイテムですが、ミリタリーモデルなどのウェザリングで頻繁に使う色をセットにしたもの。顔料の粉をこすり付けて汚していくわけです。今回はB,C,Dセットを使い、すす、オイル、錆汚れを加えた。

ウェザリング完了

付属のスポンジ(?)はすぐにボロボロになっちゃうので、綿棒を使って顔料の粉をこすり付けた。すす汚れが良い感じにボケてエアブラシいらずであった。

良い感じに汚したら、顔料を定着させるため&質感を整えるためにMr.スーパークリアー スプレー つや消しを吹く。

Mr.スーパークリアー スプレー つや消し B514

表も裏も。

表側につや消しクリアーを吹く

裏面もつや消し

つやが消えることで少し彩度とコントラストは落ちるけど、塗りムラとかはあんまり気にならなくなる(気がする)

つや消しをが乾いた表側

もはや最初にエアブラシで付けた陰影なんて皆無ですけどね(泣)

つや消しが乾いた裏側

残りの作業もあとわずか。着陸態勢時の足と、飛行形態時に足を格納しておくカバーの処理だ。カバーの着脱ギミックを磁石でどうにかしたいのだが、上手く行くだろうか。

スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン (1/144 プラスチックモデル組み立てキット SW11)

制作記事まとめページ↓
https://blog.negativemind.com/portfolio/finemolds-1-144-millennium-falcon/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.