メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装

前回まででベースのメタリック塗装を終えたので、この上からクリアーカラーで色を載せていく。

前回、粗めのグレーサーフェイサーで表面の傷を埋めた。 そして、何だかんだでガイアノーツのサーフェイサーエヴォ ブラックでまた下地を黒で統一したのでした。 最近このサーフェイサーがお気に入りで、早くも一瓶使い切ってしま...

前回からだいぶ時間が空いたのは、エアブラシ塗装するのに湿度の高い日は避けたかったからなのだ。そうやって待っていたら、梅雨以降、ずっと湿度が高くて全然塗装作業に入れなかった。(そうこうしているうちに宇宙ビートルとかも発売されちゃいましたが)

ウルトラホーク1号のカラーリングは、縁に細く白いラインが入っていて、塗装での再現が面倒ではあるんだけど、せっかくベースをメタリックにしたので、基本色の塗り分けぐらいはメタリックを活かして塗装で再現したい。
ジェットビートルの時と同様に、機体のマーキング類だけ付属のデカールに頼る方針。
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズから「ウルトラマン」に登場する科学特捜隊の主力メカ「ジェットビートル」が発売され、サイズもお値段もお手頃なので買ってみた。 初めてガイアノーツのガイアカラーを使って仕上げた。 ...

ウルトラホーク1号は、ベースのシルバーに加えて、赤、青、黄、黒の4色の塗り分けと、それぞれのカラーリングに対して白いラインでの縁取りが入ったデザイン。

メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.02 ウルトラホーク1号 プラモデル

赤、青、黄、黒は、メタリック地にクリアーカラーを吹き重ねてそれぞれ、メタリックレッド、メタリックブルー、メタリックイエロー、メタリックブラック(?)にしてみる。
白い縁取りラインは、塗り分けのラインがパーツのモールドとして彫られているのを利用して、エナメル塗料で墨入れのようなやり方で再現しようと思う。コクピットの黒も同様。


スポンサーリンク



という方針でまずはマスキング。まずは黒で1番広い部分を塗るためのマスキング。
これにガイアカラーのクリアーブラックを吹いたんだけど、写真撮り忘れた。。。

黒を塗るためのマスキング

それぞれマスキング。

全体的にマスキング

他の部分もすべてガイアカラーで統一し、クリアーレッド、クリアーブルー、クリアーイエローを吹いた。

乾かす

乾いてから、マスキングテープを剥がしてみる…

ちょっとはみ出してる…

何か所かはみ出しちゃってる。。。

失敗は小さいのでここは筆でレタッチを試みる。ガイアカラーのスターブライトシルバーを筆で塗り足す。

筆塗りでレタッチする

うーん、ベース色はスターブライトアイアンとスターブライトシルバーの重ね吹きだったから、スターブライトシルバーだけを筆塗りしても明るすぎて浮いてしまう。。。

塗り足した部分が目立つ…

過去のオイラがしっかりとスターブライトアイアンを残すように陰影塗装してくれたためにスターブライトシルバー単体じゃ馴染まない。

何とかごまかす方法を考えないと

どうしようかな。スターブライトアイアンとスターブライトシルバーを混色した色を用意しても、重ね吹きと同じ色はもう作れないだろうし。。。
ちょっと対策を考えます。

ところで、ガイアノーツ製品だと、スターブライトシルバーよりもさらに粒子が細かいEx-シルバーなんてのがあるんですね。スターブライトシルバーの粒子の粗さがちょっと気になってたから、次はEx-シルバーを試してみたいな。

Ex-07 Ex-シルバー 50ml


スポンサーリンク

関連記事