海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ

エアブラシで大まかに塗り分けたから、細部の境界が結構はみ出していた。

海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
前回、皮膚のベース色としてメカサフ スーパーヘビィを全体に吹いた。メカサフのグレーから少しずつ色味を乗せて行きましょう。まずはお腹の甲羅を塗っていく。キットの説明書には「腹甲」と書かれていた。「ふっこう」と読むらしい。


はみ出した部分を筆でレタッチしていく。
腹甲と皮膚の境目、皮膚と甲羅の境目にベース色のグレー(メカサフ スーパーヘビィ)を筆塗り。



すでに暗緑色を吹いた上からグレーを筆塗りすると、当然浮きますね。


スポンサーリンク


その上からタミヤカラー アクリル塗料のクリアーグリーンを塗って馴染ませる。



こんな変なレタッチ方法するぐらいならエアブラシを吹く前にマスキングしておけって話ですが。

甲羅には泥汚れを加える。タミヤカラー アクリル塗料のブラウンをドライブラシの要領でザラザラした箇所に擦り付ける。



ちょっとウェット過ぎたか。。。

甲羅がまだ物足りないので、凸部を中心にMr.カラーのオリーブドラブを吹いてハイライトを強調。



これぐらいメリハリを利かせた方が気持ち良いな。
甲羅は皮膚と違う質感を出したくてパールを吹いたりもしてみたけど、全然効果が分からない感じになってしまった。

最後に、全体にMr.スーパークリアー つや消しスプレーを、眼と口内にはかからないように吹いてマットな質感に統一。ちょっと白かぶりしてしまった。。。



これで完成だな。眼の塗装が割と上手くいったから、他が大雑把でもかなり雰囲気が良い。

最近は肉眼で見てどうこうというより、写真映えする塗り方にシフトしている。
以前だったら、陰影塗装はドライブラシで少しずつ明度を変えて塗り重ねていたけど、今回は陰影のコントラストをかなりきつめにつけている。
インスタ映えする塗り方になってきている?

後でちゃんと写真撮ろう。


スポンサーリンク

関連記事

コメント