海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 レタッチと仕上げ

エアブラシで大まかに塗り分けたから、細部の境界が結構はみ出していた。



はみ出した部分を筆でレタッチしていく。
腹甲と皮膚の境目、皮膚と甲羅の境目にベース色のグレー(メカサフ スーパーヘビィ)を筆塗り。



すでに暗緑色を吹いた上からグレーを筆塗りすると、当然浮きますね。


スポンサーリンク


その上からタミヤカラー アクリル塗料のクリアーグリーンを塗って馴染ませる。



こんな変なレタッチ方法するぐらいならエアブラシを吹く前にマスキングしておけって話ですが。

甲羅には泥汚れを加える。タミヤカラー アクリル塗料のブラウンをドライブラシの要領でザラザラした箇所に擦り付ける。



ちょっとウェット過ぎたか。。。

甲羅がまだ物足りないので、凸部を中心にMr.カラーのオリーブドラブを吹いてハイライトを強調。



これぐらいメリハリを利かせた方が気持ち良いな。
甲羅は皮膚と違う質感を出したくてパールを吹いたりもしてみたけど、全然効果が分からない感じになってしまった。

最後に、全体にMr.スーパークリアー つや消しスプレーを、眼と口内にはかからないように吹いてマットな質感に統一。ちょっと白かぶりしてしまった。。。



これで完成だな。眼の塗装が割と上手くいったから、他が大雑把でもかなり雰囲気が良い。

最近は肉眼で見てどうこうというより、写真映えする塗り方にシフトしている。
以前だったら、陰影塗装はドライブラシで少しずつ明度を変えて塗り重ねていたけど、今回は陰影のコントラストをかなりきつめにつけている。
インスタ映えする塗り方になってきている?

後でちゃんと写真撮ろう。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
海洋堂20cmシリーズ『ガメラ1995』
「Sci-Fi MONSTER soft vinyl model kit collection ガメラ1995」は1995年に海洋堂から発売された20cmサイズのソフビキットの再販品です。映画「ガメラ 大怪獣空中決戦」に登場するガメ...


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 筆でレタッチ・全身のウォッシング
溶剤
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 口内の微調整・身体のライン修正
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製
サンダーバード ARE GO
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
ワンダーフェスティバル2017[冬]に行ってきた
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
仮面ライダーの玩具
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
ミニ四駆ブーム?
『特撮のDNA 平成ガメラの衝撃と奇想の大映特撮』を見てきた
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
ラクガキの立体化 塗装と破損個所の修復 そして完成
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼・口の周りのレタッチ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ガレージキットの「やり過ぎ」の精神
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる パーツ分割
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
GMKゴジラの口の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 表面処理
模型をターンテーブルで撮影
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加
ゴジラ・フェス 2018
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 全体のバランス調整
3DCGのモデルを立体化するサービス
恐竜造形の指南書
酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) の予約受付開始
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り 再挑戦
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン その他もろもろ
ワンダーフェスティバル2019[冬]に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアムの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
ペイントマネージャー:模型塗料を管理できるスマホアプリ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれ・眼の塗装
ゴジラ・フェス オンライン 2020

コメント