メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装

前回、粗めのグレーサーフェイサーで表面の傷を埋めた。



そして、何だかんだでガイアノーツのサーフェイサーエヴォ ブラックでまた下地を黒で統一したのでした。

ガイアノーツのサーフェイサーエヴォブラックを吹いた

最近このサーフェイサーがお気に入りで、早くも一瓶使い切ってしまった。


スポンサーリンク


基本的にはジェットビートルの時と同じように、ガイアカラーのスターブライトアイアンを影色として、ハイライト色にスターブライトシルバーを吹いてベースのメタリック塗装を施していく。
メカコレクション ジェットビートル メタリック塗装
前回から2ヶ月空いたけど、せっせと表面処理をやってました。今まで怪獣系ばっかり作ってたので、いわゆるツルンとした平滑なメカのプラモデルにそこそこ苦戦してしまいました。この手のものはどういう手順でやるとスマートに表面処理が進むのだろうか...


ただ、ジェットビートルの時は、せっかくメタリック塗装専用の溶剤 メタリックマスターを使ったのに、希釈率を間違えてその効果が得られなかったので、今回はちゃんと推奨の希釈率を守って挑む。メタリックマスター推奨の希釈率は3〜4倍なので、通常の顔料塗料よりも溶剤の比率高め。

基本色は全体に吹くので、全部のパーツを繋げてから吹いても良いんだけど、塗装時の持ち手の問題があるのである程度バラバラな状態で塗装する。逆に、全部組み立ててからやるような墨入れとかデカール貼りの時の持ち手はどうしようかな。。。

未だにパーツ塗装時の持ち手が悩ましい

溶剤の比率が高いので、エア圧と塗料の量、吹く距離をやや慎重に様子を見ながら調節して吹いた。何も考えずに吹くとすごい飛び散りとムラができてしまう。

ハイライト色まで吹き終えた。影色の効果がほとんどわからないな(笑)↓

スターブライトアイアン、スターブライトシルバーを吹いた

メタリックマスターを使うのはこれで2回目だけど、なんとなく活用方法というか、特性が分かってきたぞ。たぶん、今のような塗り方じゃその効果を発揮できない(笑)

この辺はいずれ図解にしてまとめたいところだけど、陰影塗装みたいにグラデーションになるように軽く吹き重ねるようなやり方じゃダメで、塗面上で溶剤とメタリック粒子が混ざり合うぐらいジャブジャブと吹かないと意味がない感じ。(ミクロなレベルで)まばらに吹きつけられたメタリック粒子の凹凸を、この溶剤が均すことできめ細かい金属の質感になるっぽい。

このキットの制作記事まとめページを作りました↓
バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.2 ウルトラホーク1号
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズからウルトラマンシリーズの初期作品に登場するビークルが発売され、そのNo.2がこのウルトラホーク1号。 価格が500円で、パーツ数も少なくてお手軽なキット。なんだけど表面処理に気を遣...


ところでこのウルトラホーク1号、2016年6月25日に海洋堂から発売予定の40cmサイズのウルトラセブンとほぼ同スケールぐらいじゃないかな。↓

メガソフビアドバンス ウルトラセブン 約400mm PVC製 塗装済み組立モデル MSA-010


スポンサーリンク

関連記事

S.H.MonsterArts ゴジラ (2016) 発売
シフトカーの改造
LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
メカコレクション ジェットビートル クリアーホワイトを重ね吹き
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ワンダーフェスティバル2018[夏]に行ってきた
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
ワンダーフェスティバル2019[夏]に行ってきた
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
GMKゴジラ完成!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身の塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ハリウッド版ゴジラ 最新クリップ
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その4
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し
機動武闘伝Gガンダム
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』全身のベース塗装
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 続・下地処理 ベース塗装
GMKゴジラの口の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
ウルトラ×ライダー
ゴジラ 2000 ミレニアムの背びれの塗装
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 口内の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 エポキシ接着剤でパーツの接着
GMKゴジラの爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 完成
黒歴史
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』眼の塗装のやり直し
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
各種サイズの初代ウルトラマン(Cタイプ)フィギュア
Artty Station:模型作業用のモジュール式収納システム
シン・ゴジラの雛型レプリカの予約受付開始
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 全身のドライブラシ・爪の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして接着

コメント