『機動戦士ガンダム展』に行ってきた

六本木で開催中のガンダム展に行ってきた。

「機動戦士ガンダム展」THE ART OF GUNDAM

開催期間:2015年7月18日(土)—9月27日(日) 会期中無休
開館時間:10:00~20:00 (入館は19:00まで)
会場:森アーツセンターギャラリー (六本木ヒルズ森タワー52階)

Gundam Head

画像は、最終回のラストシューティング時に吹っ飛ばされたガンダムの頭部をイメージした実物大のオブジェ。ア・バオア・クーのどこかに転がっているとしたらこんか感じなんでしょうね。(写真撮影OKエリアの展示だった)


スポンサーリンク


もう学校は夏休みに入っちゃったから子供連れが多いかと思ったんだけど、そんなこともなく大人ばかりでした。まだ始まったばかりというのもあるけど。
展示の内容もファーストガンダムのみで構成されているので、子供が来ても退屈かもしれない。ファースト以外は、最後のコーナーに「Gのレコンギスタ」や「THE ORIGIN」の展示(というか宣伝)があったぐらい。あと新作の「鉄血のオルフェンズ」の情報がちょびっと。

音声ガイドが凝っていて、白、赤、黄の3種類から選べるようになっている。白はアムロ、赤はシャア、黄はミライさんの声でガイドが流れる。オイラは反射的に赤を選びました(笑)

ファーストガンダムの企画書、キャラクター設定、デザイン画の検討稿から決定稿に至るまでの過程も丁寧に展示されていた。
そして、この手の展示ではなかなか珍しい原画の展示。ファーストガンダムの原画を初めて見たけど、すごく美しく描かれているのね。少ない線で見事に画が決まっているのはホントすごい。

さて、こういう特別展でお決まりの公式図録を購入したです。

ガンダム展公式図録

図録の中に自称「若き老害」の常見陽平さんのインタビューが載っていた。
この著書つながりでしょうかね。↓



8月には上野の森美術館で大河原邦男展も控えていて、今年の夏はとってもガンダムである。


スポンサーリンク

メカニックデザイナー 大河原邦男展

開催期間:2015年8月8日(土)—9月27日(日)
料金:一般1500円、大高生1200円、中小生500円
開館時間:10:00〜17:00 (入館は閉館の30分前まで)

追記:行ってきた↓



スポンサーリンク

関連記事

3DCGのモデルを立体化するサービス
ゴジラ2000ミレニアム 完成 その2
ゴジラの造形
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
シフトカーの改造
ゴジラのプラモデルの組立動画
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
ホビージャパン2016年10月号はシン・ゴジラ特集
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 完成
ビリケン商会 メカゴジラⅡ メタルパーツの磨き上げ
ゴジラのガレージキット組み立て動画
GMKゴジラの口接着
『ピクサー展』へ行ってきた
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 失敗箇所のレタッチ
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
ふなっしーのプラモデル
『メカニックデザイナー 大河原邦男展』に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
機動武闘伝Gガンダム
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
仮面ライダーの玩具
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 頭部の加工・口内の塗装
ワンダーフェスティバル2018[冬]に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 甲羅の接着とパテ埋め
LMHG エヴァンゲリオン初号機 腕・肩の後ハメ加工
レジンキットの組み立て:パーツの洗浄〜バリ取り・接着まで
酒井ゆうじ 造形コレクション『ゴジラ1999』を購入
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
日本でMakersは普及するだろうか?
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
『ヒカリ展』に行ってきた
まだまだ積んでるキット達
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人

コメント