海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口内の改造

前回までで、口以外のパーツの接着と継ぎ目のパテ埋めを終えた。

海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 パーツの接着・パテ埋め
前回、口以外のパーツを大方接着してしまったので、次は接着したパーツ同士の隙間をエポキシパテで埋めていく。 オイラがいつも使ってるエポキシパテはセメダインのコレ↓ オイラが初めてガレージキットの組み立て方を知ったホビー...

次は口のパーツを少し改造する。
ソフビ製のパーツは、レジンキットなんかと比べるとシャープさに欠けるので、牙がちょっと丸っこくなり過ぎている。先端に気泡が入って欠けている牙もあるね。

上顎の牙と下顎パーツ

牙をちょっと延長して尖らせるぐらいなら大した工作じゃないし、手軽な割に効果的なのでぜひやっておきたい。

初めてソフビキットを組み立てた頃はそんなこと考えもせず、そのまま組み立てちゃったけど↓
海洋堂20cmシリーズ 初代ゴジラ ソフビキット
初めて購入した怪獣ガレージキット。2005年ぐらいに秋葉原の海洋堂ホビーロビー東京で購入。酒井ゆうじ氏が海洋堂時代に出した1954年公開の「ゴジラ」に登場するゴジラの20cmサイズのソフトビニールキット。 追記:このキ...


スポンサーリンク



以前、ビオゴジのレジンキットの折れた牙を修復するのに使ったMr.SSP 瞬間接着パテをここでも使う。
まだまだ積んでるキット達
前述の通り、自分でハードルを上げちゃう癖のおかげでちっともガレージキット制作が進まなかったのである。 これもその1つ。酒井ゆうじ造型工房の20cmビオゴジ出現。

そもそもビオゴジの牙の修復のためだけに購入したので、まだだいぶ余っているのです。

Mr.SSP 瞬間接着パテ MJ200

ソフビの牙の先端に瞬間接着パテを盛り、硬化したらデザインナイフやペーパーで削って牙の形へ整形する。盛って削ってを何回か繰り返してそれぞれの牙を延長・シャープ化した。
後々ポロッと取れちゃったりしないように、念のため繋ぎ目には瞬間接着剤を流し込んでおいた。

瞬間接着パテで牙を延長

牙の加工が終わったら、ソフビのバリを切り取ってしまう。

ソフビのバリを切り取る

上あごに牙を接着。

牙を上あごに接着

上あごの歯茎と牙パーツの間が隙間だらけだったので、エポキシパテで隙間を埋める。

牙と歯茎の隙間をエポキシパテで埋める

下あごのパーツは、ソフビなので中が中空で、そのままだとグニャグニャと変形してしまう。

下あごのパーツ

なので、エポキシパテを充填して固定してしまう。

エポキシパテを充填

下あごを仮組みして様子を見る。

下あごを仮組み

接着は口内塗装後にする予定だが、今のうちに下あごの隙間はある程度パテで埋めておく。

下あごの隙間にエポキシパテを埋める

上あごの牙と歯茎を馴染ませるために溶きパテを塗る。

さらに溶きパテでなじませる

下あごのパーツも、牙の延長を馴染ませるために溶きパテを塗っておく。

溶きパテで牙の延長加工を馴染ませる

口の加工はだいたいこんな感じかな。上あごに牙のパーツを接着する前に、下あごパーツがズレないようにダボ加工とかしておけば良かったな。この反省はまた別のキットへ活かそう。

続きは次回。

追記:制作記事まとめページ作りました↓

https://blog.negativemind.com/portfolio/sci-fi-monster-soft-vinyl-model-kit-collection-godzilla-1962/


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.