バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成

完成したので写真と動画を撮った。


完成とか言いながら、付属してるオプションパーツのアンカー発射装置をガン無視してるけど。。。

1番決まる角度

台座は黒サーフェイサーを吹いただけ。機体色と同じシルバーにするより、こっちの方が際立って良いかなと思って。

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル

マスキングに失敗したり、垂直尾翼のカラーリングを間違えたり、デカールが1つ破けてダメになっちゃったり、エナメルシンナーでパーツが割れちゃったりと、塗装が一部はげちゃったりと、色々失敗したけど、今回初めて使ったガイアカラーのスターブライトシルバー、クリアーホワイトの知見は溜まった。


スポンサーリンク


いつもの角度

バーニアは金属の焼け表現とかにトライしても良かったかも。

正面上から

SIIIのデカールは1つ破れちゃったので片面がのっぺらぼう。。。

反対側

真反対

後ろ

デカールが上手く左右対称に貼れなかったのだ。。。

真上

ジェットビートルは前方にボリュームがあるので、こういうパースが似合う。

もともと先端側が太いのでこういうパースが似合う

箱に完成イメージのCGが載っているとはいえ、それなりにジェットビートルの資料を集めてから目標を定めても良かったかもしれない。今回は結果としてなんとなく、実際のミニチュアプロップよりも金属の質感表現にこだわる感じになった。


スポンサーリンク
ウルトラマン HD Remaster2.0 プロモーション映像

ところで、このキット自体の価格は500円ほどだったけど、完成させるための追加で購入したものをちょっと書き出してみる。

何だかんだで結構投資しましたね。

制作記事のまとめページ作った。↓



メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.01 ジェットビートル プラモデル


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 パーツの洗浄・煮沸 そして下アゴの加工
ガレージキットのフィニッシャー
恐竜造形の指南書
ゴジラのプラモデルの組立動画
サンダーバード ARE GO
模型制作の環境を考える
『酒井ゆうじ造型工房 20cm ゴジラ 2000ミレニアム』のドライブラシ
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
ゴジラ 2000ミレニアム 完成
模型SNSまとめ
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン ハイライト塗装
消費の記録
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツのバリ取り・脱脂
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが7月に再販
GMKゴジラの口の塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』下地処理
円谷プロダクション クリエイティブアワード 金城哲夫賞
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』口内の加工
続・ゴジラ2000ミレニアムの塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 眼の塗装
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
大河原邦男オリジナルデザイン『iXine(イグザイン)』
メカコレクション ウルトラホーク1号 墨入れ・コクピット塗装 そしてデカール貼り
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
メカコレクション ジェットビートル クリアーレッドを重ね吹き
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
黒歴史
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』パーツの洗浄・煮沸・レジンによる補強
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 パーツの洗浄・煮沸・下半身にレジン充填
今年も怪獣大進撃
メカコレクション ウルトラホーク1号 完成!
バンダイ『Human size ゴジラ (1991北海道ver.)』の詳細が発表された
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1999』 腹甲・甲羅の塗装

コメント