バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.01 科学特捜隊 ジェットビートル 完成

完成したので写真と動画を撮った。

メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
窓の塗装と墨入れが済んだので、苦手な水転写デカールを貼る作業に突入する。 ホントに、デカールを貼る作業に良い思い出が無いので、びびって色んなツールを揃えた。 このデカールトレイは、水に浸したデカールをすくい上げるザルと櫛みたいな...
完成とか言いながら、付属してるオプションパーツのアンカー発射装置をガン無視してるけど。。。

1番決まる角度

台座は黒サーフェイサーを吹いただけ。機体色と同じシルバーにするより、こっちの方が際立って良いかなと思って。



マスキングに失敗したり、垂直尾翼のカラーリングを間違えたり、デカールが1つ破けてダメになっちゃったり、エナメルシンナーでパーツが割れちゃったりと、塗装が一部はげちゃったりと、色々失敗したけど、今回初めて使ったガイアカラーのスターブライトシルバー、クリアーホワイトの知見は溜まった。


スポンサーリンク



いつもの角度

バーニアは金属の焼け表現とかにトライしても良かったかも。

正面上から

SIIIのデカールは1つ破れちゃったので片面がのっぺらぼう。。。

反対側

真反対

後ろ

デカールが上手く左右対称に貼れなかったのだ。。。

真上

ジェットビートルは前方にボリュームがあるので、こういうパースが似合う。

もともと先端側が太いのでこういうパースが似合う

箱に完成イメージのCGが載っているとはいえ、それなりにジェットビートルの資料を集めてから目標を定めても良かったかもしれない。今回は結果としてなんとなく、実際のミニチュアプロップよりも金属の質感表現にこだわる感じになった。



ところで、このキット自体の価格は500円ほどだったけど、完成させるための追加で購入したものをちょっと書き出してみる。

何だかんだで結構投資しましたね。

制作記事のまとめページ作った。↓

バンダイ メカコレクション ウルトラマンシリーズ No.1 ジェットビートル
バンダイの手のひらサイズ プラモデルシリーズから「ウルトラマン」に登場する科学特捜隊の主力メカ「ジェットビートル」が発売され、サイズもお値段もお手頃なので買ってみた。 初めてガイアノーツのガイアカラーを使って仕上げた。 ...

メカコレクション ウルトラマンシリーズ NO.01 ジェットビートル プラモデル


スポンサーリンク