ビリケン商会 メカゴジラⅡ 耳パーツの型取り・複製

前回で眼の透明パーツ化は大体OKな感じ。

前回から2ヶ月以上あいたけど、何もしていなかったわけじゃないのです。 眼の透明化作業の続きをしていました。 眼をくり抜いた後の頭部パーツと2次原型の隙間がまだ気になるので、その修正作業と、2次原型の型取りとクリアーパーツ...

そっちを進めながらも、少し気になっていることがあった。耳(?)にあたる赤いパーツだ。映画メカゴジラの逆襲」の劇中に登場するメカゴジラⅡはこのパーツも透明なのだ。



透明な赤いパーツの中に黒いパイプ(砲身?)が通っている。


スポンサーリンク



とりあえずキットのパイプ部の直径を大まかに測ってみる。

耳(?)パーツの採寸

直径1.3~1.4mmってところだろうか。WAVEから発売されているC・パイプという真鍮製の細い中空パイプがちょうど良さそうだ。

WAVE C・PIPE

穴がやや小さいけど、後で広げよう。
方針としては、パイプ部は真鍮で、赤い透明パーツは例のごとく透明エポキシ樹脂で作る。透明パーツにはパイプが通る穴をあける。

ということで今回もキットの型を取って耳パーツの形状を複製する。以前の眼の透明パーツ化で結構失敗したので、今回は最初から2次原型を経由することにする。
幸い、耳パーツはほぼレリーフみたいなものなので、型を取るのは楽。型取りくんでさっさと型を取ってしまった。

型取りくんで耳の型を取った

2次原型には加工のしやすさを重視して、注型剤にポリパテを使うことにした。

メイクアップ材 タミヤ ポリエステルパテ (40g) 87097

オイラ、昔から割とエポパテ派だったのでポリパテの経験値が大変乏しいです。少量でも結構臭いするのね。

主剤と硬化剤を大体同じ長さだけ出す

主剤と硬化剤を色が均一になるまで混ぜる。

主剤と硬化剤を混ぜ合わせる

結構粘性が強いけど、とりあえずこれを型へ流し込む、というかなすりつけた。

粘性が高いポリパテを型へ

念のため1週間ぐらい放置し、型から取り出す。

型取り失敗

ところどころ気泡が入ってモールドが欠けてる。。。パテの粘性が高すぎて型との接点がムラになってしまったようだ。調べてみると、ポリパテの粘性はラッカー系の溶剤を使えば調節できるらしい。
ということで、Mr.カラーうすめ液を混ぜて再挑戦。粘性が下がって滑らかな感じです。

Mr.カラーうすめ液を混ぜて粘度を下げたポリパテ

これを型へ流し込む。今度はホントに流し込む感じになったぞ。

ポリパテを型に流し込む

また1週間ほど放置してから取り出す。

2回目の正直

ほんの1部だけ気泡が入っちゃったけど、これぐらいならラッカーパテの溶きパテで埋まるレベルだ。

溶きパテで気泡を埋める

と、ここまでやっておいて気づいたけど、円形のパーツなら元キットの型を取るより市販のディティールアップパーツをベースに作り直した方が楽な上に精密さが増して良いのでは?

うーん、続きは次回。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.