海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 首パーツの接着・爪と全身のベース塗装

前回までで口内の塗装は済ませた。


首の接着・パテ埋め

軸打ち加工しておいた首パーツを接着し、継ぎ目をエポキシパテで埋めた。



まずパーツの隙間をパテで埋め、硬化後にハンディールーターでモールドの流れに沿って削り込み、再びエポキシパテを薄く盛ってモールドの流れを繋ぐ。



という、結果的に2段階の作業になりました。


スポンサーリンク


首以外の他のパーツの継ぎ目も同様にエポキシパテを盛り、硬化したらハンディールーターで削って、再びエポキシパテを薄く盛ってモールディングした。



このソフビキットは成型上の都合なのか、パーツのつなぎ目付近のモールドが浅くツルンとしていたので、ハンディールーターでソフビ側をちょっと彫り直した。



ところどころサーフェイサーが剥がれている箇所がモールドを彫り直した部分。


再びサーフェイサー

彫り込みやパテ盛りした継ぎ目付近に瓶入りのサーフェイサーを軽く筆塗りしたけど、やっぱりちゃんとサーフェイサーを吹くことにした。塗装済みの口だけ大雑把にマスキング。



全体にサーフェイサーを吹いて下地を整える。



スポンサーリンク

爪の塗装

今回は今までオイラが良くやっていた怪獣塗装の手順をちょっと変えてみる。(先に口内を塗ったのもその1つですね)
皮膚の塗装の前に爪を先に塗る。今回は明るい色から先に塗るスタイルです。

Mr.カラーのホワイトにクリアーイエロー少量、クリアーオレンジ少量を加えて作ったアイボリーで手足の爪を筆塗り。






ベースの黒塗装

この辺からまた今までと似た手順になります。
ゴジラのベースの黒塗装(影色)は隠蔽力の強いガイアノーツのサーフェイサー エヴォ ブラックを吹く。
今回ついに爪と皮膚の境目をエアブラシでぼかすやつに挑戦する。なので、特にマスキングはせずに黒を吹きます。



下地のグレーが隠れるようにサーっと吹く。





どうせだから軸打ち加工しておいた背びれも付けて黒を吹いてしまう。



爪と皮膚の境目をぼかすやつはちょい失敗かも。。。
いっぺんに全部やろうとしちゃダメだな。



そして牙にも少し黒がかかってしまった。何故またキンゴジの時と同じ過ちを…



口内全体でなくても、歯だけマスキングすればよかった。皮膚と歯茎の境目を軽くボカすグラデーションができればOKなわけで、歯に皮膚色が乗る必要はないのだ。(反省)

次は全体の塗装を進めていくぞ。何色系にしようかな。できればキンゴジとは違うテイストにしたい。


スポンサーリンク

関連記事

積みキットの下地処理
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 歯茎の境界に影を入れる
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン 影のベース塗装
『大ゴジラ特撮王国』に行った話
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
ZBrushのキャンバスにリファレンス画像を配置する
海洋堂の20cm ゴジラ ソフビキットが続々再販
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』マーキング塗装
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その3
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 シルバー塗装・再び表面処理
ビークルモデル スター・ウォーズ『ミレニアム・ファルコン』墨入れ・ウェザリング
メカコレクション ジェットビートル 一部組立・表面処理
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
ゴジラの音楽
S.H.MonsterArts ゴジラ(2001)はプレミアムバンダイで発売
三丁目ゴジラ
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
シン・ゴジラのティザーポスターが公開された!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その2 & 口内の加工
ゴジラ(2014)の音響効果のメイキング
メカコレクション『ウルトラホーク3号』 表面処理
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコン マスキング・表面処理
仮面ライダーの玩具
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
海洋堂 20cmシリーズ『ガメラ 1995』 甲羅の塗装・下アゴの接着
メカコレクション ウルトラホーク1号 メタリック塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 赤のグラデーション塗装 その2・尻尾の先端の塗装
メカコレクション ジェットビートル デカール貼り・半光沢仕上げ
ホビージャパンのムック『怪獣大進撃』が復活
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
バンダイ HG 1/144 ガンダムバルバトス 完成
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
ゴジラ2000ミレニアムのつや消し仕上げ
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
手持ちの模型塗料を管理できるスマホアプリ『プラカラーストック』
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型の型取り・複製
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装

コメント