最近のフィギュアの製造工程

もう2ヶ月前になりますが、12月の頭に魂ネイション2017に行ってきたのです。
http://tamashii.jp/special/tamashii_nation/

主な目当ては予約していたS.I.C.の受け取りだったんだけど、
http://tamashii.jp/t_item/117/

会場で販売されていた図録がなかなか興味深かった。
http://tamashii.jp/item/12422/

図録の中で、S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダー新1号ができるまでの過程が丁寧に解説されていた。

S.H.フィギュアーツ(真骨彫製法) 仮面ライダー 仮面ライダー新1号 約145mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


スポンサーリンク


S.H.Figuartsシリーズの中でも特に「真骨彫製法」は骨格から肉付けするという特殊なプロセスを経ているというのは以前から宣伝されていたけど。

魂フィーチャーズ2016 「S.H.Figuarts真骨彫製法シリーズ」スペシャルステージ

原型師による粘土原型を3DスキャンしてCADに置き換え、可動関節の仕込みを行い、その後の形状修正は原型師の指示のもとCAD上でデータ修正が行われてるんですね。

外見の原型は粘土による手作業で制作して、内部のギミックは工業製品的にCADで設計を進めるのが最近のバンダイのやり方なんだろうか。

TAMASHII NATIONS QUALITY スペシャルムービー

S.H.Figuarts 真骨彫製法 仮面ライダーキバをつくった男たち

アルティメットルミナスの工程

発光ギミック付きのガシャポンフィギュアシリーズ アルティメットルミナスもTwitterで製造工程を解説していた。
http://hobby.dengeki.com/reviews/469159/



3Dスキャンでいったんデジタルデータ化するなら、粘土原型はやりやすいサイズでやっても良さそうなもんだけど、原寸大で進めてるんですね。

S.H.Figuarts ウルトラマンシリーズ

追記:S.H.Figuarts『ウルトラマン』シリーズの工程について、スペシャルページが公開された↓
http://tamashii.jp/special/shf_ultra/concept/

ウルトラマンは撮影用スーツを3Dデータに置き換えたものを基にしながらも、フィギュアサイズ化した時に映えるよう様々な修正が入るのね。
怪獣はやはり手原型か。

S.H.Figuarts ウルトラマンシリーズ コンセプト紹介

昨今、ZBrushなどのツールのおかげでデジタル原型師がじわじわと増えているようだけど、まだ粘土原型を得意とする原型師の方が多かったり、質が高かったりするのだろうか。

粘土原型をデジタルデータへ変換するサービス

どうやら、粘土原型を3Dスキャンでデータ化するプロセス自体に需要があるらしい。
原型をデジタルデータへ変換するサービスも始まっている↓
http://hobby.dengeki.com/news/516379/

デジナルのご紹介

https://www.diginal.net/

粘土原型をわざわざデジタル化するメリットって、サイズ調整とかパーツ分割のしやすさ、あとはやっぱりギミックを仕込むとかですかね?

最近の例だと、一番くじONLINEのビオゴジは酒井ゆうじ造型工房の30cmビオゴジを3Dスキャンして20cmサイズへ縮小したものだった。
https://www.banprestore.com/kuji/Item/detail/57

一番くじONLINE 酒井ゆうじ超絶造形 怪獣コレクション ゴジラ(1989) 『ゴジラVSビオランテ』


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 失敗のリカバー
『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』を観てきた
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
GMKゴジラの口接着
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装
大人の知識で玩具の改造
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 透明化した耳パーツの加工
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
ZBrush 2018での作業環境を整える
PS4用ソフト『ゴジラ-GODZILLA-VS』をプレイした
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 筆でレタッチ
アニメ版ゴジラのフィギュア情報が続々解禁
1/7 サイズのゴジラが六本木に登場『MIDTOWN meets GODZILLA』
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 背びれ・下アゴパーツの軸打ち加工
ふなっしーのプラモデル
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
バンダイ ビークルモデル 001 スター・ウォーズ スター・デストロイヤー 墨入れ・完成
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の型取り
『S.H.Figuarts 仮面ライダー1号』は10月発売予定
積みキットの下地処理
NHKのゴジラ特番
ZBrushで仮面ライダー3号を造る ベース編
『魂ネイション2015』に行ってきた
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
Autodesk Mementoでゴジラを3次元復元する
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
シン・ゴジラがS.H.MonsterArtsで11月発売予定
酒井ゆうじ造型工房 23cm シン・ゴジラ レジンキットが届いた!
酒井ゆうじ造形コレクションにゴジラ 2001が登場
ZBrushのUV MasterでUV展開
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の2次原型と頭のすり合わせ
黒歴史
GMKゴジラのドライブラシ
アニゴジ関連情報
『S.H.Figuarts 仮面ライダー3号』が発売された
ゴジラの音楽
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 背びれパーツの軸打ち
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 気泡のパテ埋め

コメント