酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装 やり直し

前回塗った爪がやっぱり汚らしいのでやり直す。

酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』 爪の塗装
お正月からミレニアム・ファルコンに没頭してしまって3ヶ月ほどあいてしまったけど、ビオゴジの塗装を再開する。 前回までで顔周りはだいぶ良い感じになってきたので、別部分に取り掛かる。 今回は爪。レジンキットの爪の塗装はもう何度もやっ...

結局いつも通りのやり方で塗ることにする。。。
再び爪部分の塗料を溶剤で落とし、レジンの地を露出させる。

再び塗料を落とした爪再び塗料を落とした爪

拭き取る時に使った綿棒の繊維が微妙に残ってるな。

再び塗料を落とした爪再び塗料を落とした爪

根元の皮膚側に以前の塗料が少し残ってるけど、そこは後でリカバーするつもりなので気にしない。


スポンサーリンク



まずはMr.カラーのブラウンを塗りたくる。

ラッカー系のブラウンを塗りたくるラッカー系のブラウンを塗りたくる

ラッカー系のブラウンを塗りたくるラッカー系のブラウンを塗りたくる

ちょっと明る過ぎたので、このブラウンに同じくMr.カラーのブラックを少し足した色で塗り直す。

ブラウンにブラックを少し足して暗くするブラウンにブラックを少し足して暗くする

ブラウンにブラックを少し足して暗くするブラウンにブラックを少し足して暗くする

根元にかけてブラウンを残す先端から溶剤で拭き取る。

根元にかけてさっきのブラウンが残るように拭き取る根元にかけてさっきのブラウンが残るように拭き取る

根元にかけてさっきのブラウンが残るように拭き取る根元にかけてさっきのブラウンが残るように拭き取る

この上からタミヤカラー アクリル塗料のクリアーオレンジを爪全体に塗る。

アクリル系のクリアーオレンジを塗るアクリル系のクリアーオレンジを塗る

アクリル系のクリアーオレンジを塗るアクリル系のクリアーオレンジを塗る

そして、このクリアーオレンジが根元に多く残るように、全体にも薄らと残るように溶剤で拭き取る。ここでグラデーションが作れるとステキ。

根元は多く残しつつ、全体にも薄ら残るようにクリアーオレンジを拭き取る根元は多く残しつつ、全体にも薄ら残るようにクリアーオレンジを拭き取る

根元は多く残しつつ、全体にも薄ら残るようにクリアーオレンジを拭き取る根元は多く残しつつ、全体にも薄ら残るようにクリアーオレンジを拭き取る

その上からタミヤカラー エナメル塗料のスモークを溶剤多めで溶いたものをジャブジャブと塗り、爪の先端を中心に拭き取る。

スモークで皮膚との境目をぼかすスモークで皮膚との境目をぼかす

ついでに皮膚側のはみ出しもMr.カラー ウィノーブラックでリカバーしておく。皮膚側は後でドライブラシをかけるので、この段階では隠ぺい力重視で光沢とかは気にしない。

スモークで皮膚との境目をぼかすスモークで皮膚との境目をぼかす

うーん、まだちょっとイマイチな気がしたので、もっと黒を濃くするため、今の手順をタミヤカラー エナメル塗料のフラットブラックでやり直す。

フラットブラックを塗ってから拭き取るフラットブラックを塗ってから拭き取る

写真が上手く撮れてないな。

フラットブラックを塗ってから拭き取るフラットブラックを塗ってから拭き取る

あれ、ちょっと際の黒がきつ過ぎたかな?まあ、良いか?

次回は皮膚側のはみ出してる部分のリカバーとドライブラシに入るかな。


スポンサーリンク

関連記事