スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』

映画「シン・ゴジラ」の発声可能上映のチケットが買えたので、装備を準備する。

シン・ゴジラ』発声可能上映ガイド映像

コスプレはちょっとハードルが高いけど、サイリウムを持ち込むぐらいなら手軽だから、サイリウムを購入しようと思ってドン・キホーテに行ってみた。

種類が多過ぎて分からん!

というわけで、何も買わずに帰ってきました。
どうやら、本当の「サイリウム」というのは化学反応で光る使い捨ての棒のことで、今はそれだけでなく、同様にライブ等の用途で電池式のペンライトも販売されているみたい。一般的に「サイリウム」と言われているものは、ペンライトのことも含むんですかね。


スポンサーリンク


ドン・キホーテ店頭にはKING BLADEっていうブランド名のペンライトが何種類も並んでたんだけど、調べてみたら、種類だけでなく徐々にバージョンアップもしているらしい。間違って古いバージョンのを買わなくてよかった。

KING BLADEシリーズの最新バージョンはKING BLADE X10 IIIで、その同一バージョンでも以下の3種類があるらしい。

KING BLADE X10 IIIシリーズは、それまでのバージョンと違い、なんとスマホを使って色をチューニングできる機能があるらしい。

KING BLADE X10 III

3種全部値段は変わらないけど、それぞれ違う特徴があるらしい。


スポンサーリンク

シャイニングフィルム

シャイニングフィルムは、輝度を重視したタイプで、明るさ代わりに若干色ムラが出てしまうらしい。

キングブレードX10III Neo シャイニング

スモークチューブ

スモークチューブは発色を重視したタイプで、色ムラが無く発光する。シャイニングより色が柔らかめらしい。

キングブレードX10III Neo スモーク

スーパーチューブ
スーパーチューブは、より発色を重視したタイプで、他の2種に比べて発光部がコンパクトになっており、光が集まりやすく色味が綺麗らしい。

キングブレードX10III Neo スーパーチューブ

カラーの発色重視の人は「スモークチューブ」か「スーパーチューブ」、明るさを追求している人は「シャイニングフィルム」がおススメ。ということらしい。(ネット情報)

追記:色の切り替え操作は多少もたつくので、ストーリー展開に合わせて事前に発光パターンを登録しておくと良い。


スポンサーリンク

関連記事

偏愛マップ
酒井ゆうじ造型工房『20cm ビオゴジ出現』の眼の塗装
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
なりきり玩具と未来のガジェット
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼をくり抜く
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その2
CM
CEDEC 2日目
サービスを成長させるための『グロースハック』という仕事
映画『シン・ゴジラ』のワールドプレミア イベント
マインドマップ作成ツール『MindNode』
全脳アーキテクチャ勉強会
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 眼の注型
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
Virtual Network Computing
ドットインストールのWordPress入門レッスン
映画『GODZILLA』のゴジラ登場シーンだけをまとめた8分の動画
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
『特撮のDNA』を見てきた
PowerPointによるプレゼン
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 表面処理 その1
シン・ゴジラのファンアート
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 続・耳パーツの加工
ビオゴジがついにS.H.MonsterArts化!
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
『シン・ゴジラ』のコンセプトアニメーションのメイキング動画が公開された
積みキット進捗
クライマックスヒーローズ
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
初代ゴジラもS.H.MonsterArts化!
海洋堂 20cmシリーズ『84ゴジラ』 気泡の処理 その1
まだまだ積んでるキット達
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 爪の塗装・全身に黒のグラデーション塗装
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 パーツの継ぎ目をエポキシパテで埋める
2019年 観に行った映画振り返り
ビリケン商会 30cm メカゴジラⅡ ソフビキットを組み立て始める
HaskellのAPI検索サイト 『Hoogle』

コメント