スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』

映画シン・ゴジラ」の発声可能上映のチケットが買えたので、装備を準備する。



コスプレはちょっとハードルが高いけど、サイリウムを持ち込むぐらいなら手軽だから、サイリウムを購入しようと思ってドン・キホーテに行ってみた。

種類が多過ぎて分からん!

というわけで、何も買わずに帰ってきました。
どうやら、本当の「サイリウム」というのは化学反応で光る使い捨ての棒のことで、今はそれだけでなく、同様にライブ等の用途で電池式のペンライトも販売されているみたい。一般的に「サイリウム」と言われているものは、ペンライトのことも含むんですかね。


スポンサーリンク



ドン・キホーテ店頭にはKING BLADEっていうブランド名のペンライトが何種類も並んでたんだけど、調べてみたら、種類だけでなく徐々にバージョンアップもしているらしい。間違って古いバージョンのを買わなくてよかった。

KING BLADEシリーズの最新バージョンはKING BLADE X10 IIIで、その同一バージョンでも以下の3種類があるらしい。

KING BLADE X10 IIIシリーズは、それまでのバージョンと違い、なんとスマホを使って色をチューニングできる機能があるらしい。



3種全部値段は変わらないけど、それぞれ違う特徴があるらしい。

シャイニングフィルム

シャイニングフィルムは、輝度を重視したタイプで、明るさ代わりに若干色ムラが出てしまうらしい。

キングブレードX10III Neo シャイニング

スモークチューブ

スモークチューブは発色を重視したタイプで、色ムラが無く発光する。シャイニングより色が柔らかめらしい。

キングブレードX10III Neo スモーク

スーパーチューブ
スーパーチューブは、より発色を重視したタイプで、他の2種に比べて発光部がコンパクトになっており、光が集まりやすく色味が綺麗らしい。

キングブレードX10III Neo スーパーチューブ

カラーの発色重視の人は「スモークチューブ」か「スーパーチューブ」、明るさを追求している人は「シャイニングフィルム」がおススメ。ということらしい。(ネット情報)

追記:色の切り替え操作は多少もたつくので、ストーリー展開に合わせて事前に発光パターンを登録しておくと良い。


スポンサーリンク

関連記事


Also published on Medium.