昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか

オイラが初めてMayaに触ったのはもう10年以上前になる。大学の授業で初めてMayaを使った。Mayaで最初に作ろうとしたのは何故かオリジナルキャラクターでした。既存のものを模倣することすらままならないのに。

自分でデザインを考えるのと、Maya上で思い通りにモデリングするのはちょっと別の話なのだが、当時のオイラにそんな区別はつかず、とにかく自分で何か作りたくて、オリジナルのヒーローっぽいキャラクターを考えた。
S.I.Cシリーズみたいな情報量のキャラクターをCG上で動かしてみたいという理想があった。

で、まあ、自分の技量の無さに直面したのです(笑)

最近、Mayaの廉価版「MayaLT」のライセンスを1年分購入してみたので、その頃に作った古いMayaデータをZBrushでリファインしてみたら面白いんじゃないかと思ってデータを引っ張り出してみた。

これは昔作ろうとしていたキャラクターの頭のモデルデータ。

kadaiの正面顔

ZBrush全盛の今の時代の基準で言うとかなりローポリなモデルだ。10年も経てばデザインのパラダイムも変わる。


スポンサーリンク


特にキャラクターに名前は無く、ファイル名には”kadai”とだけ付いているだけだった。(学校の「課題」として作っていたから)
大学の授業の評価が終わった後も手直しを続けたので、完全に当時のままではないけど。

作り始めのモチーフはムカデだったんだけど、上手く行かなくて結局モチーフ無視で進めて、割と牛骨っぽい感じになった。
横顔のバランスがイマイチなままだ。今の目で見ると色々と分かることもあって、この手のアゴが付いたキャラクターは、ある程度頭を前に突き出した猫背気味の姿勢じゃないと身体が上手くはまらないような気がする。

横顔のバランスがイマイチ

当時、まだ紙の上でラフなデザインすら描けなかったオイラは、スカルピーで雛型っぽいものを作ってからMaya上で作業した。紙の上で立体を上手く構成できなかったし、まだMayaの操作に慣れていなかった当時のオイラにとって、それが1番直感的なやり方だったのだ。

スカルピーで作った雛型

もちろん、頭だけでなく身体のパーツも中途半端に作ってある。(こっちのデータの頭はアタリ用の仮モデル)
別々に作ってから配置しているのでバランスが変だな。一昔前の超合金玩具みたい(笑)

変なバランスの身体

上半身が妙に大きい割に下半身が貧弱(笑)
腕とか手も別に作ってあったはずだけど、どこやったっけ。

当時は全体のバランス云々以前にもっと別のことがすごく気になっていたはずなんだけど、今見返すと、当時目指していた尺度が一体何だったのか、まるで思い出せない。時が経つと以前見えていたものが見えなってしまうのは寂しいものだ。
あの頃は色々なことを妄想していて、作業の手がちっとも追いつかなかった。

とりあえずMaya上で大まかなバランスを整えてからZBrushに持って行ってディティールアップしてみたい。
Maya上である程度パーツを分割してからOBJ形式で持っていけば良いかな?

ということで、ちょっとバランスを修正。



元々はS.I.C.的な造形に憧れてたけど、いざ真似しようとしてもS.I.C.の体型って足がメチャクチャ長いから、イマイチ動きを想像できない事が分かった。S.I.C.よりももっと足が短い方が落ち着きが良い感じ。

デザインのリファイン再び
もう2年以上経っているこっちをいい加減進めましょう↓あっちへ行ったりこっちへ行ったり、やっていることがブレブレですね。。。ただ、生煮えの志に終止符を打ちたいのです。この執着心をいい加減断ち切りたい。それにしても行動が遅くて嫌になるな...


スポンサーリンク

関連記事

HD画質の無駄遣い その2
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 横顔のシルエットをリファレンスに合わせる
ラクガキの立体化 3D出力物の表面処理
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 甲羅のバランス調整
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のVFXブレイクダウン まとめ
MeshroomでPhotogrammetry
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
サンライズの勇者シリーズ30周年
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
3DCG Meetup #4に行ってきた
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
ウルトラマンパワードがBlu-Ray Box化!
ゴジラ2000 ミレニアム ひな形のレプリカが発売されるぞ!
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
Maya 2015から標準搭載されたMILA
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
Shader.jp:リアルタイム3DCG技術をあつかうサイト
フリーで使えるスカルプト系モデリングツール『Sculptris 』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 下アゴの付け根を修正
ラクガキの立体化 目標設定
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 リファレンス画像の表示
Photoshopで作る怪獣特撮チュートリアル
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 爪とトゲを追加
ZBrushの練習 手のモデリング
ZBrush 2021.6のMesh from Mask機能を使ってみる
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
自前のShaderがおかしい件
2020年9月 振り返り
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
NICOGRAPHって有名?
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
ハリウッド版「GAIKING」パイロット映像
酒井ゆうじ造型工房 ゴジラ2000ミレニアム造形デザイン 口閉じバージョン 表面の洗浄
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
映画『シン・ウルトラマン』 メイキング記事まとめ
ZBrushで基本となるブラシ
ラクガキの立体化 反省

コメント