昔Mayaでモデリングしたモデルをリファインしてみようか

オイラが初めてMayaに触ったのはもう10年以上前になる。大学の授業で初めてMayaを使った。Mayaで最初に作ろうとしたのは何故かオリジナルキャラクターでした。既存のものを模倣することすらままならないのに。

自分でデザインを考えるのと、Maya上で思い通りにモデリングするのはちょっと別の話なのだが、当時のオイラにそんな区別はつかず、とにかく自分で何か作りたくて、オリジナルのヒーローっぽいキャラクターを考えた。
S.I.Cシリーズみたいな情報量のキャラクターをCG上で動かしてみたいという理想があった。

で、まあ、自分の技量の無さに直面したのです(笑)

最近、Mayaの廉価版「MayaLT」のライセンスを1年分購入してみたので、その頃に作った古いMayaデータをZBrushでリファインしてみたら面白いんじゃないかと思ってデータを引っ張り出してみた。

これは昔作ろうとしていたキャラクターの頭のモデルデータ。

kadaiの正面顔

ZBrush全盛の今の時代の基準で言うとかなりローポリなモデルだ。10年も経てばデザインのパラダイムも変わる。


スポンサーリンク


特にキャラクターに名前は無く、ファイル名には”kadai”とだけ付いているだけだった。(学校の「課題」として作っていたから)
大学の授業の評価が終わった後も手直しを続けたので、完全に当時のままではないけど。

作り始めのモチーフはムカデだったんだけど、上手く行かなくて結局モチーフ無視で進めて、割と牛骨っぽい感じになった。
横顔のバランスがイマイチなままだ。今の目で見ると色々と分かることもあって、この手のアゴが付いたキャラクターは、ある程度頭を前に突き出した猫背気味の姿勢じゃないと身体が上手くはまらないような気がする。

横顔のバランスがイマイチ

当時、まだ紙の上でラフなデザインすら描けなかったオイラは、スカルピーで雛型っぽいものを作ってからMaya上で作業した。紙の上で立体を上手く構成できなかったし、まだMayaの操作に慣れていなかった当時のオイラにとって、それが1番直感的なやり方だったのだ。

スカルピーで作った雛型

もちろん、頭だけでなく身体のパーツも中途半端に作ってある。(こっちのデータの頭はアタリ用の仮モデル)
別々に作ってから配置しているのでバランスが変だな。一昔前の超合金玩具みたい(笑)

変なバランスの身体

上半身が妙に大きい割に下半身が貧弱(笑)
腕とか手も別に作ってあったはずだけど、どこやったっけ。

当時は全体のバランス云々以前にもっと別のことがすごく気になっていたはずなんだけど、今見返すと、当時目指していた尺度が一体何だったのか、まるで思い出せない。時が経つと以前見えていたものが見えなってしまうのは寂しいものだ。
あの頃は色々なことを妄想していて、作業の手がちっとも追いつかなかった。

とりあえずMaya上で大まかなバランスを整えてからZBrushに持って行ってディティールアップしてみたい。
Maya上である程度パーツを分割してからOBJ形式で持っていけば良いかな?

ということで、ちょっとバランスを修正。



元々はS.I.C.的な造形に憧れてたけど、いざ真似しようとしてもS.I.C.の体型って足がメチャクチャ長いから、イマイチ動きを想像できない事が分かった。S.I.C.よりももっと足が短い方が落ち着きが良い感じ。


スポンサーリンク

関連記事

TVML (TV program Making language)
Mayaのシェーディングノードの区分
『電光超人グリッドマン』のBlu-ray BOXが12月20日発売予定
UnityでLight Shaftを表現する
Blender 2.8がついに正式リリース!
マイケル・ベイの動画の感覚
自前Shaderの件 解決しました
書籍『ゴジラの工房 若狭新一造形写真集』
動画配信ぐらい当たり前の時代
六本木ヒルズの『空想脅威展』を見てきた
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
ZBrushCore
Unityをレンダラとして活用する
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
マジョーラ
映画『パワーレンジャー』スーツのメイキング
Blender 2.81でIntel Open Image Denoiseを使う
『株式会社カラー10周年記念展』を見てきた
ZBrushのハードサーフェイス用ブラシ
ニンテンドー3DSのGPU PICA200
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』のVFXブレイクダウン まとめ
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
積みキット進捗
2019年10月 行動振り返り
GMKゴジラの口接着
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
ZBrushの作業環境を見直す
無能の作り方
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
Mayaでリアルな布の質感を作るチュートリアル
『社会人』を諦めました
ジュラシック・パークのメイキング
UnityでARKit2.0
生物の骨格
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頬の突起を作り始める
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
成果を待てない長学歴化の時代
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス

コメント