かっこいい大人にはなれなかったけど

もう十分に「大人」と言える年齢になってしまった。少なくとも「子供」を名乗れるような年齢じゃない。
会社ではまだ若手気分でいられるけど、体力的に、勢いだけではどうにもならなくなってきたし、最近ちょっと白髪も気になる。
同年代はとっくに子を持つ親になっている人もいるし、多くは社会的役割として「大人」をしている。これぐらいの年齢が「人生のピーク」と言う人もいるんじゃないだろうか。

オイラはと言えば、思ったほど「大人」へ変化しなかった気がする。
タバコは吸わないし、お酒も付き合いでしか飲まない。お金の使い道も、生活費を除けば昔とほとんど変わっていない。趣味はちっともアップデートされず、昔も今も1人遊びに没頭しがちだ。変なところで「大人の金遣い」にはなったけど。

昔から、節目節目で進路に悩み、最後まで他の可能性を捨てきれずにいた。
中学校卒業後には、高校か、高専か、はたまた各種学校か。高校に進学してからも、卒業後には、理系の大学か、美大か、専門学校か。大学に進学してからも、卒業後は、働くとばかり思っていた。まさか自分が大学院まで行くとは夢にも思わなかった。
そして結局、あの頃想像していた未来とはまるで違う仕事に着いている。

想像していた未来と違っていても、夢破れても、人ってのは意外としぶとく生きていくものだ。不思議と、あの頃想像した未来の並行世界にいるような、気持ちは想像の未来にも手が届いているような感覚。


スポンサーリンク


もう、大きな分岐点は訪れないのだろうか。

昔は、今のオイラぐらいの年齢をもっとずっと大人だと思ったけど、まだ全然、先は長いように思える。昔思い描いていたほどかっこいい大人にはなれなかったけど、「昔に戻りたい」と思うほど今の自分が嫌でもない。「昔の自分に恥ずかしい」というほどダメな今でもないと思う。

オイラは大人になった。


スポンサーリンク

関連記事

中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を観た (ネタバレ無し)
2020年4月 振り返り
なりたい自分?
2019年の振り返り
マジョーラ
過程を晒す
素敵な本を買いました
『きたぞ!われらのウルトラマン』を観てきた
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
副業の基本と常識
2019年11月 行動振り返り
Amazonプライム・ビデオで『仮面ライダーアマゾンズ』が配信開始
Structured Approach
ストレングス・ファインダー
平成ガメラ
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
劇場版『仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング』を観た (ネタバレ無し)
2019年12月 行動振り返り
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
人材輩出企業
自分を育てる技術
恐竜造形の指南書
CEDEC 2日目
Google ブック検索
2016年の振り返り
3月の振り返り
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
スターウォーズ エピソードVIIの予告編
『特撮のDNA ウルトラマン Genealogy』を見てきた
ネタとしてはあり
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
2020年3月 振り返り
iPhone5S → iPhone6S
Web配信時代のコンテンツ構成
PowerPointによるプレゼン
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
Mayaのポリゴン分割ツールの進化
職場におけるセルフブランディング

コメント