まるで成長していない

5年ぶりにTOEICテストを受けた。

驚いたことに、その点数が5年前と全く変わっていなかったのだ。本当に全く上下せず、同じ点数。5年間なにやってたんだよ、と。TOEICは素点がダイレクトに点数になる採点方式ではないけど、まあ、自分は全然成長していない、というのは間違いないのです。
筆記試験を受けること自体がかなり久しぶりで、試験中、2時間下を向いたままの姿勢もちょっとしんどかった。久しぶりに受けて思い出したけど、そもそもオイラは時間内にTOEICテストすべての問題をこなせないのだった。そこで止まっている。

昔より英文(Webや論文)を読むのに抵抗は無くなった気でいたけど、読むのが早くなったわけではなかったのだ。どちらかというと、「途中で投げ出さずに辛抱できるようになった」ということなのだろう。「制限時間内にこなす」という訓練は欠落したままだった。ここ数年は語彙力もGoogle翻訳依存だったので「道具を上手く使うようになった」ということ。自分の能力が向上したわけではなく、道具の性能が飛躍的に向上しただけなのに、なんとなくスキルアップと錯覚していたのかも。

働き始めると、昔の自分と数値で比べることがほとんど無くなるので、こういう部分は見落としがちになる。仕事の成果は自分以外の外部環境の影響の方がはるかに大きいし。


スポンサーリンク


というわけで、時間内に英文の意味を読み取る訓練をしていかないと。
世の中に英語学習の教材は山ほどあるけど、日本人のコンプレックスに付け込んでいる節もあるので、教材選びは慎重に。自分が途中で挫折してしまっては意味がないので、あまり高望みし過ぎない適度な負荷のものが良い。
語彙をもっと増やしたいのと、意味の通る英文をさっとつなげて作れる程度の文法、というか例文の知識を補充したい。言い回しのパターンとして覚えられそうな例文を。

教材として、いわゆる単語帳やドリルみたいなものでも悪くはないけど、オイラ自身の性格・経験的にこの手のものは続いた試しがないのだ。。。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

ここはなるべく以前挫折したようなやり方とは違うアプローチをしたいところ。
ゲームみたいなもので良い教材無いかな?できればスマホアプリとかだと習慣化しやすくて良い。有料でもかまわないからそういうの探してみよう。


スポンサーリンク

関連記事

「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
動画配信ぐらい当たり前の時代
言葉が支配する世界
2019年7月 行動振り返り
2018年の振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する
日本はアニメ大国(笑)
立体視を試してみた
クライマックスヒーローズ
書籍『天才を殺す凡人』読了
『社会人』を諦めました
手軽な娯楽
CEDEC 3日目
9月の振り返り
自分の性質
文章を書く時の相手との距離感
職場におけるセルフブランディング
『今年の新入社員』入社年度別新入社員タイプ一覧
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
二次創作というやつ
書籍『メモの魔力』読了
皆声.jp
Mr.ビーン
6月の振り返り
ブログをWordpressに引っ越して1周年
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
成果を待てない長学歴化の時代
5月の振り返り
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
社会人基礎力
瞬発力の時代
エニアグラム
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
CEDEC 2日目
書籍『転職の思考法』読了
to do listって結構大事だよね
タマムシ
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
Windows Server 2008に触ってみた
文系・理系・それ以外

コメント