FFS理論

日経ビジネスオンラインでの連載をまとめたこちらの書籍を購入↓

宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み【自己診断ID付き】

人それぞれ固有の特性(思考行動パターン)を5つの因子とストレスで数値化して捉えるFFS(Five Factors & Stress)理論を、漫画「宇宙兄弟」の登場人物の行動を通じて解説したもの。



要するに、また自己分析本です(笑)

この手の話の信憑性はもはや占いみたいなものだと分かってはいるものの、色々な手法を知る度に試してみたくなる。まあ、話のタネですね。
自分について他人に説明する際のボキャブラリーは増える。


スポンサーリンク


FFS理論では、以下5つの因子の割合によって人の個性を説明する↓


スポンサーリンク
  1. 凝縮性:固定・強化させようとする力の源泉
  2. 受容性:外部を受け容れようとする力の源泉
  3. 弁別性:相反する二律にはっきりと分けようとする力の源泉
  4. 拡散性:飛び散っていこうとする力の源泉
  5. 保全性:維持するために工夫改善していく力の源泉

保全性拡散性は先天的な影響が強く、凝縮性受容性弁別性は後天的な影響が大きいらしい。
各因子は人によって異なるストレス要因にも対応している。それぞれの因子がポジティブに発揮されている状態、ネガティブな状態で他者からの見え方は変わってしまう。

この書籍「宇宙兄弟とFFS理論が教えてくれる あなたの知らないあなたの強み」を購入すると、Web上で自己診断できるIDも付いてくる。(ストレングスファインダーと似てますね)
これもあくまで簡易的な診断らしいので、もっと正確に調べたい場合は別途診断する必要があるらしい。FFS診断はETHOS(エトス)と呼ばれることもあるそうです。

とりあえず診断してみた結果↓

弁別性、保全性、拡散性

オイラは「宇宙兄弟」をまだ読んだことがないので、登場人物で例示されてもちょっとピンと来ない(笑)

普段から「境い目」とか言っているので、弁別性が入ってくるのは当然か。保全性は、なかなか行動に移せないオイラの特性をよく表している(笑)
保全性と拡散性が僅差な気もする。

ストレングス・ファインダーを試したのももう2年前なので、今試したら少し変わっているかもな。



この機会に「宇宙兄弟」を読んでみるか。実写映画化もされてたよな。

宇宙兄弟


スポンサーリンク

関連記事

映画『仮面ライダー1号』を観て来た(ネタバレあり)
2021年12月 振り返り
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
2020年6月 振り返り
映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』を観た
瞬発力の時代
ふなっしーのプラモデル
映画『GODZILLA 星を喰う者』を観た (ややネタバレ)
2020年5月 振り返り
2019年8月 行動振り返り
仮面ライダー4号
『STAR WARS Identities: The Exhibition』に行ってきた
趣味でCEDECに来ている者だ
映画『ブレードランナー 2049』を観た (ネタバレ無し)
映画『カメラを止めるな!』を観た (ネタバレあり)
小説『GODZILLA 怪獣黙示録』読了(ネタバレ無し)
Managing Software Requirements: A Unified Approach
映画『パシフィック・リム:アップライジング』を観た (ネタバレ無し)
タイミングとクオリティ
書籍『転職の思考法』読了
注文してた本が届いた
2020年1月 振り返り
映画『ダウンサイズ』を観た
2019年3月~4月 行動の振り返り
読書は趣味か?
プロシージャル手法に特化した本が出てるみたい(まだ買わないけど)
2017年8月 振り返り
世界で最も正確な性格テスト
『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』を観た
2018年6月~7月 振り返り
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
2021年7月 振り返り
2022年9月 振り返り
なりたい自分?
2020年2月 振り返り
映画『ジュラシック・ワールド』を観た
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を観てきた (ネタバレ無し)
2017年3月 振り返り
書籍『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』読了
『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』を観てきた
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
2019年9月 行動振り返り

コメント