IBM Watsonで性格診断

IBMの人工知能(?)のWatsonを使ってtextデータから性格診断するデモサイトがある。

Personality Insights

テキストから筆者の性格を推定してみましょう。Personality Insightsは、言語学的分析とパーソナリティ理論を応用し、テキストデータから、その筆者の特徴を推測します。

スコアはすべて百分位数であり、膨大な集団の中での位置を表しています。たとえば、外向性が90%という結果は、その人が90%外交的であることではなく、100人中その人より外向性の低い人が90人(高い人が10人)ということを意味しています。
我々は言語毎にTwitterデータを集めて学習を行い独自のモデルを用いて性格を診断しています。


スポンサーリンク

https://internetcom.jp/202258/ibm-personality-insights

面白そうなので、自分のTwitterのアカウントで試してみた。


スポンサーリンク


結果がこちら↓



協調性と社会性が1%というのがちょっと気になります(笑)



この性格診断は、心理学の分野で世界的なスタンダードとなっているBig 5(ビッグファイブ)という5つの指標に基づいて、さらにビジネス領域で役に立つ指標としてNeeds(欲求)に関する12の評価軸、Values(価値観)に関する5つの評価軸を加えたものらしい。
https://www.ibm.com/think/jp-ja/watson/Personality-Insights/

Big 5の指標

  • 好奇心の強さ(Openness to experience)
  • 勤勉さ(Conscientiousness)
  • 外交的(Extraversion)
  • 人当たりの良さ(Agreeableness)
  • 繊細さ(Neuroticism)

性格診断って、診断精度が高いのかどうかが一般人には分からないね(笑)
何年か前から診断メーカーってお遊びサービスがあるけど、精度云々というよりもある種のコミュニケーションツールとして定着した感がある。

就職活動の時はエントリーシートを書くために自己分析なんてのをやったけど、下手に自力でやるよりもこういう機械的(客観的)なツールでさっさと済ませた方が楽だね。自己紹介の指針でしかないのだから。


スポンサーリンク

関連記事

進撃のタカラトミー
2019年7月 行動振り返り
偏愛マップ
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
天体写真の3D動画
ミニ四駆で電子工作
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
マインドマップ作成ツール『MindNode』
『ヒカリ展』に行ってきた
ストレングス・ファインダー
ゴジラのスマホゲーム『Godzilla: Strike Zone』
新年の衝動買い
ミニ四駆にステアリングを仕込んだ人
書籍『転職の思考法』読了
書籍『メモの魔力』読了
カッコ良過ぎるデスクトップパソコン
世界で最も正確な性格テスト
趣味でCEDECに来ている者だ
ドラマ『ファーストクラス』が面白い
2019年11月 行動振り返り
PCの自作
2019年8月 行動振り返り
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
素敵なパーティクル
Virtual Network Computing
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
CEDEC 2日目
タマムシ
2018年6月~7月 振り返り
シフトカーの改造
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
なりきり玩具と未来のガジェット
アスペルガー症候群 WEB自己診断
エニアグラム
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
iPhoneをエレキギターのアンプにする
書籍『天才を殺す凡人』読了

コメント