機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning open source software)』

また機械学習ネタ。

オープンソースの機械学習ソフトウェアの情報を共有するためのmlossというフォーラムを見つけた。

mloss.org

背景

近年、オープンソースのツールが成熟し、大規模な実世界のシステムを構築するのに適したレベルとなってきています。と同時に、機械学習の分野では、広範囲の用途に利用できる強力な学習アルゴリズムの巨大な仕組みが開発されました。mlossは、バイオインフォマティクス(BOSC)分野や(Rを用いる)統計分野での類似の取り組みに触発され、機械学習におけるオープンソースソフトウェアのためのフォーラムの構築を目的に発足しました。

  • 機械学習におけるオープンソースソフトウェアの必要性について、より詳細な背景は我々の方針説明をお読みください。
  • もしあなたが機械学習ソフトウェアが開発しているのであれば、mloss.orgプロジェクト追加することを検討してください。
  • あなたの機械学習ソフトウェアが有用と考えるなら、JMLR track for machine learning open source softwareへの提出を検討してください。

  • スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    目標

    私たちの目標は、オープンソースの機械学習環境を開発する総合的コミュニティをサポートすることです。最終的には、オープンソースの機械学習ソフトウェアは、既存の商用ソフトウェア·ソリューションに匹敵するほどになるはずです。そのため、既存、及び新規開発されたツールボックスとアルゴリズムの実装だけでは、人々の注目を集める上で十分とは言えません。MLOSSプラットフォームでもっと重要なのは、相互に動作するツールセットの開発を目標とした、コラボレーションの促進です。
    まだ単一パッケージへの統合には程遠いが、この種の相互運用性、特にオープンソースソフトウェア開発の実践には、協調的な方法が適しており、達成できると我々は考えています。

    関連リソース

    私達のサイトはいかがですが?ソースコードのダウンロードはこちら

    今のところ、オープンソースの機械学習ライブラリも乱立状態だけど、統合されていくのかなぁ。


    スポンサーリンク

    関連記事

    オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
    ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
    触れば分かる ユニバーサルデザインな腕時計『The Bradley』
    ミニ四駆で電子工作
    Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
    天体写真の3D動画
    PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
    透明標本
    OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
    GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
    Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
    CM
    スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
    ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
    Boost オープンソースライブラリ
    UnityでLight Shaftを表現する
    Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
    Facebookの顔認証技術『DeepFace』
    サンライズの勇者シリーズ30周年
    第2回Webスクレイピング勉強会の資料
    書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
    PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
    Pix2Pix:CGANによる画像変換
    SUMMER TERRACE 2017 LIVE TERRACE
    動画で学ぶお絵かき講座『sensei』
    バーガーキングのCM
    画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
    機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
    OpenCV
    SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
    ちょっと凝り過ぎなWebキャンペーン:全日本バーベイタム選手権 (MITSUBISHI KAGAKU...
    最高にカッコイイガラス細工
    統計学に入門したい
    バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
    トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
    続・ディープラーニングの資料
    Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
    pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
    ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
    OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
    消費の記録
    3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』

    コメント