機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning open source software)』

また機械学習ネタ。

オープンソースの機械学習ソフトウェアの情報を共有するためのmlossというフォーラムを見つけた。

mloss.org

背景

近年、オープンソースのツールが成熟し、大規模な実世界のシステムを構築するのに適したレベルとなってきています。と同時に、機械学習の分野では、広範囲の用途に利用できる強力な学習アルゴリズムの巨大な仕組みが開発されました。mlossは、バイオインフォマティクス(BOSC)分野や(Rを用いる)統計分野での類似の取り組みに触発され、機械学習におけるオープンソースソフトウェアのためのフォーラムの構築を目的に発足しました。

  • 機械学習におけるオープンソースソフトウェアの必要性について、より詳細な背景は我々の方針説明をお読みください。
  • もしあなたが機械学習ソフトウェアが開発しているのであれば、mloss.orgプロジェクト追加することを検討してください。
  • あなたの機械学習ソフトウェアが有用と考えるなら、JMLR track for machine learning open source softwareへの提出を検討してください。

  • スポンサーリンク

    スポンサーリンク

    目標

    私たちの目標は、オープンソースの機械学習環境を開発する総合的コミュニティをサポートすることです。最終的には、オープンソースの機械学習ソフトウェアは、既存の商用ソフトウェア·ソリューションに匹敵するほどになるはずです。そのため、既存、及び新規開発されたツールボックスとアルゴリズムの実装だけでは、人々の注目を集める上で十分とは言えません。MLOSSプラットフォームでもっと重要なのは、相互に動作するツールセットの開発を目標とした、コラボレーションの促進です。
    まだ単一パッケージへの統合には程遠いが、この種の相互運用性、特にオープンソースソフトウェア開発の実践には、協調的な方法が適しており、達成できると我々は考えています。

    関連リソース

    私達のサイトはいかがですが?ソースコードのダウンロードはこちら

    今のところ、オープンソースの機械学習ライブラリも乱立状態だけど、統合されていくのかなぁ。


    スポンサーリンク

    関連記事

    ディープラーニング
    トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
    ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
    DMMが秋葉原にMakerスペース『DMM.make AKIBA』をオープン
    なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
    全脳アーキテクチャ勉強会
    マインドマップ作成ツール『MindNode』
    OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
    UnityでOpenCVを使うには?
    まだまだ続く空想科学読本
    ニューラルネットワークで画像分類
    「うぶんちゅ!」
    科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
    研究者のための英文校正業者比較サイト
    『ヒカリ展』に行ってきた
    Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
    『革新的発明と製品情報』というサイト
    日立のフルパララックス立体ディスプレイ
    CEDEC 2日目
    機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
    なりきり玩具と未来のガジェット
    FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014
    Blender 2.8がついに正式リリース!
    OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
    FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
    ドラマ『ファーストクラス』が始まった
    ミニ四駆を改造してBluetoothラジコン化する
    FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
    3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
    Open Shading Language (OSL)
    ファースト・クラス・ゴシップ「白雪の部屋」第2弾
    ハイテクな暑さ対策グッズ
    もちもち泡のネコ
    コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン『UnrealCV』
    マイケル・ベイの動画の感覚
    ストレングス・ファインダー
    IBM Watsonで性格診断
    OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
    軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
    スマホでカラーチューニングできるペンライト『KING BLADE X10 III』
    最高にカッコイイガラス細工
    OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド

    コメント