FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化

これマジか!

Facebookがディープラーニングツールの一部をオープンソース化

機械学習の世界では今、”deep learning”(ディープラーニング, 深層学習)という言葉が流行っている。
(中略)
Facebookも、この分野にかなりの貢献をしていて、今日(米国時間1/16)同社は、機械学習のためのコンピューティングフレームワークTorch7プロジェクトの一部をオープンソースにする。Torchはこれまでも、大学の研究室や、Google、Twitter、Intelなどの企業で機械学習や人工知能のプロジェクトの中核として利用されてきた。

Facebookは今日、Torchを使っているディープラーニングプロジェクトを高速化するために最適化されている一連のツールを、ローンチする。たとえばその一つは、複数のGPUを同時に動かして学習ネットワーク(神経ネットワーク)の教育訓練を並列化する。また、今入手できる最速のコードの23倍速く、多くのディープラーニングシステムの中核であるconvolutional neural nets(畳み込みニューラルネット)を教育訓練できるツールもある。
さらにFacebookがローンチするツールの中には、Torchのそのほかの部分を高速化するものもある。それらの多くはデフォルトのツールの3倍から10倍速いそうだ。
詳しい技術情報に興味のある方は、ここへどうぞ。

FacebookのDeep Learningといえば、顔認識のDeepFaceってやつが有名だけど、関連してるのかな。

さて、このTorchって何だろうと思って少し調べてみた。


スポンサーリンク

Torch | A Scientific computing framework for LuaJIT

Torchとは?

Torchは、機械学習アルゴリズムを幅広くサポートする科学計算フレームワークです。簡単かつ高速なスクリプト言語「LuaJIT」と、C/CUDAをベースとした実装により、使いやすくて効率的です。


スポンサーリンク

コア機能の概要:

  • 強力なN次元配列
  • インデックス作成、スライシング、転移などに対応した多くのルーチン
  • LuaJITによるC言語への素晴らしいインターフェイス
  • 線形代数ルーチン
  • ニューラルネットワーク、およびエネルギーベースのモデル
  • 数値最適化ルーチン
  • 高速かつ効率的なGPUのサポート
  • iOS、Android、FPGAのバックエンドへのポートの組み込み

なぜTorchか?

Torchの目標は、あなたが科学的アルゴリズムを構築する際に、プロセスを非常にシンプルな作りに保ちつつ、最大限の柔軟性とスピードを得られるようにすることです。Torchには、コンピュータビジョン、信号処理、並列処理、画像、ビデオ、オーディオ、通信ネットワークなど、機械学習におけるコミュニティ主導型パッケージの巨大なエコシステムが付属し、Luaのコミュニティの上で構築されています。
Torchの心臓部は、使い方が簡単で人気のあるニューラルネットワークと最適化ライブラリで、複雑な神経回路網トポロジを実装する際に最大限の柔軟性を有しています。あなたは、ニューラルネットワークの任意のグラフを構築することができ、かつそれらをCPUとGPU上で効率的に並列化することができます。

Torchを使用する

入門ガイドを見ながらダウンロードしてTorchを自分の手で試してみましょう。Torchはオープンソースであるため、GitHubのリポジトリ上のソースコードから開始することもできます。

Torchは常に進化しています:
すでにTorchはFacebook、Google、Twitter、NYU、IDIAP、パデュー大学やその他の企業、研究室で使用されています。

どうやらLuaJITというスクリプト言語があって、こいつはC言語への組み込みを想定したスクリプト言語らしい。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
マイケル・ベイの動画の感覚
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
生物の骨格
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
ゴジラの全てがわかる博覧会『G博』
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
「うぶんちゅ!」
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
タマムシ
インターフェイスは世界を規定する
Kinect for Windows v2の日本価格決定
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
ハイテクな暑さ対策グッズ
最高にカッコイイガラス細工
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
PowerPointによるプレゼン
韓国のヒーロー
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
進撃のタカラトミー
機械学習手法『Random Forest』
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
OpenCV
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
OpenCVで動画の手振れ補正
OpenGVの用語
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
ドラマ『ファーストクラス』が始まった
ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』
FabCafe主催 Fabミニ四駆カップ 2014

コメント