OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す

以前Visual Studio2015環境でビルドに挑戦して、サンプルコードを試す前に力尽きてしまったのだけど。。。



QiitaOpenCV Advent Calendar 2016で良記事がアップされたので再び真似してやってみる。@ChaoticActivityさんありがとう。
あれ、Eigenってビルドするもんなの。。。(知らなかった)
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/3888e886925ef0f84926

ビルド環境は前回と同じく以下。

  • Windows 10 Pro
  • Visual Studio Community 2015


スポンサーリンク


ビルドするライブラリそれぞれのバージョンは全て記事に合わせた。

依存するライブラリそれぞれのVisual Studioソリューションの中のALL_BUILDINSTALLプロジェクトをバッチビルドした。記事にならって進めたらほとんどスムーズにビルドできたけど、環境依存なのか、いくつか苦戦した箇所があった。
Ceres-Solverのcmake設定がなかなか記事通りにいかなかった。cmakeで設定したい変数が全然表示されなくて何度もやり直したけど、cmake-guiの右上あたりにある”Advanced“にチェックを入れたら全変数を表示できたので解決。



この辺は元記事とcmake-guiのバージョンが違ったりしたのかな?(オイラは3.7.2を使った)
あと、オイラの環境では、Ceres-Solverのデフォルトでビルド対象になっているサンプルのsampled_functionプロジェクトがビルドエラーになった。これはどうせ使わないので無視。

OpenCVのビルド

こちらも記事通りにCMakeLists.txtを書き換えてcmake-guiで変数の設定を行ったんだけど、sfmがちっともに有効化されなかった。
(ファイルパスがopencv-3.2.0になっているのは気にするな)



痺れを切らしてCMakeCache.txtファイル内の


スポンサーリンク
SFM_DEPS_OK:INTERNAL=FALSE

を強制的に以下へ書き換え、無理やりsfm用の変数を表示させて設定を進めた。

SFM_DEPS_OK:INTERNAL=TRUE

これで何とかOpenCV.slnをGenerateできたのでビルド。

ビルドしたら、sfmモジュールのビルドでエラーが出た。(まあ、当然か?)
google::SetCommandLineOptionがnamespace googleに存在しないとかってエラー。これはgflags関係のエラーだと思うけど、どの段階で抜け落ちたのか。Ceras-Solverをビルドする際にgflagsのディレクトリ指定ミスったか?
gflagsのビルドから何度かやり直してみたけど上手くいかなかったので、結局付け焼刃な方法で強行突破することにした。
ビルドしたgflagsのinclude以下のgflagsディレクトリを丸ごとsfmのsrc下へ持ってきて、opencv_sfmプロジェクトの設定にgflags.libファイルへのパスも追加。(超対処療法だけど。。。)
今思えば、Ceras-Solverのビルドが上手くいってなかったらsfmモジュールが有効にならなかったのかもな。

sfm関係が解決したら、今度はCUDA関係でもエラーが出たのでもう1度cmakeに戻ってCUDAを無効にしてからやり直した。CUDA8.0からVisual Studio2015でのビルドに対応したと聞いていたのに…

サンプル trajectory_reconstrucion.cpp のビルド

件のQitta記事はsfmのサンプルを動かしてみるところまでフォローされているので、引き続き記事に倣ってtrajectory_reconstrucion.cppを動かしてみる。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea
http://docs.opencv.org/3.1.0/d5/dab/tutorial_sfm_trajectory_estimation.html

オイラはopencv/sfm.hppに

#define CERES_FOUND 1

を追記して対応。

以下3つのライブラリファイルをプロジェクトに追加して、
opencv_core310.lib
opencv_sfm310.lib
opencv_viz310.lib

その他、各ライブラリへのdllのパスは通した状態でビルド・実行してみた。

サンプル trajectory_reconstrucion.cpp の実行

わぁ~い出た~!



と思ったらエラーで止まった。。。



やっぱりsfmモジュールのビルドに失敗してるのかな…

追記:少しデバッグしてこのエラーを調べてみたら、どうやらvizモジュール関連っぽい。VTKのバージョンを下げて、変な改造せずにビルドし直した方が良さげ。


スポンサーリンク

関連記事

FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
プログラムによる景観の自動生成
手を動かしながら学ぶデータマイニング
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
UnityでOpenCVを使うには?
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
Math.NET Numerics:Unityで使える数値計算ライブラリ
OANDAのfxTrade API
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Raspberry Pi
スクレイピング
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Raspberry Pi 2を買いました
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Regard3D:オープンソースのStructure from Motionツール
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
サンプルコードにも間違いはある?
html5のcanvasの可能性
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
ブログのデザイン変えました
SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般...
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
立体視を試してみた
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
ZBrushのZScript入門
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
機械学習手法『Random Forest』
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』

コメント