OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す

以前Visual Studio2015環境でビルドに挑戦して、サンプルコードを試す前に力尽きてしまったのだけど。。。



QiitaOpenCV Advent Calendar 2016で良記事がアップされたので再び真似してやってみる。@ChaoticActivityさんありがとう。
あれ、Eigenってビルドするもんなの。。。(知らなかった)
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/3888e886925ef0f84926

ビルド環境は前回と同じく以下。

  • Windows 10 Pro
  • Visual Studio Community 2015


スポンサーリンク


ビルドするライブラリそれぞれのバージョンは全て記事に合わせた。

依存するライブラリそれぞれのVisual Studioソリューションの中のALL_BUILDINSTALLプロジェクトをバッチビルドした。記事にならって進めたらほとんどスムーズにビルドできたけど、環境依存なのか、いくつか苦戦した箇所があった。
Ceres-Solverのcmake設定がなかなか記事通りにいかなかった。cmakeで設定したい変数が全然表示されなくて何度もやり直したけど、cmake-guiの右上あたりにある”Advanced“にチェックを入れたら全変数を表示できたので解決。



この辺は元記事とcmake-guiのバージョンが違ったりしたのかな?(オイラは3.7.2を使った)
あと、オイラの環境では、Ceres-Solverのデフォルトでビルド対象になっているサンプルのsampled_functionプロジェクトがビルドエラーになった。これはどうせ使わないので無視。

OpenCVのビルド

こちらも記事通りにCMakeLists.txtを書き換えてcmake-guiで変数の設定を行ったんだけど、sfmがちっともに有効化されなかった。
(ファイルパスがopencv-3.2.0になっているのは気にするな)



痺れを切らしてCMakeCache.txtファイル内の


スポンサーリンク
SFM_DEPS_OK:INTERNAL=FALSE

を強制的に以下へ書き換え、無理やりsfm用の変数を表示させて設定を進めた。

SFM_DEPS_OK:INTERNAL=TRUE

これで何とかOpenCV.slnをGenerateできたのでビルド。

ビルドしたら、sfmモジュールのビルドでエラーが出た。(まあ、当然か?)
google::SetCommandLineOptionがnamespace googleに存在しないとかってエラー。これはgflags関係のエラーだと思うけど、どの段階で抜け落ちたのか。Ceras-Solverをビルドする際にgflagsのディレクトリ指定ミスったか?
gflagsのビルドから何度かやり直してみたけど上手くいかなかったので、結局付け焼刃な方法で強行突破することにした。
ビルドしたgflagsのinclude以下のgflagsディレクトリを丸ごとsfmのsrc下へ持ってきて、opencv_sfmプロジェクトの設定にgflags.libファイルへのパスも追加。(超対処療法だけど。。。)
今思えば、Ceras-Solverのビルドが上手くいってなかったらsfmモジュールが有効にならなかったのかもな。

sfm関係が解決したら、今度はCUDA関係でもエラーが出たのでもう1度cmakeに戻ってCUDAを無効にしてからやり直した。CUDA8.0からVisual Studio2015でのビルドに対応したと聞いていたのに…

サンプル trajectory_reconstrucion.cpp のビルド

件のQitta記事はsfmのサンプルを動かしてみるところまでフォローされているので、引き続き記事に倣ってtrajectory_reconstrucion.cppを動かしてみる。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea
http://docs.opencv.org/3.1.0/d5/dab/tutorial_sfm_trajectory_estimation.html

オイラはopencv/sfm.hppに

#define CERES_FOUND 1

を追記して対応。

以下3つのライブラリファイルをプロジェクトに追加して、
opencv_core310.lib
opencv_sfm310.lib
opencv_viz310.lib

その他、各ライブラリへのdllのパスは通した状態でビルド・実行してみた。

サンプル trajectory_reconstrucion.cpp の実行

わぁ~い出た~!



と思ったらエラーで止まった。。。



やっぱりsfmモジュールのビルドに失敗してるのかな…

追記:少しデバッグしてこのエラーを調べてみたら、どうやらvizモジュール関連っぽい。VTKのバージョンを下げて、変な改造せずにビルドし直した方が良さげ。


スポンサーリンク

関連記事

Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Blender 2.8がついに正式リリース!
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
Iterator
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Raspberry PiでIoTごっこ
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVで動画の手ぶれ補正
CGのためのディープラーニング
Mean Stack開発の最初の一歩
UnityからROSを利用できる『ROS#』
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Google App Engineのデプロイ失敗
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
続・ディープラーニングの資料
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ニューラルネットワークで画像分類
Google Chromecast
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート

コメント