OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す

以前Visual Studio2015環境でビルドに挑戦して、サンプルコードを試す前に力尽きてしまったのだけど。。。



QiitaOpenCV Advent Calendar 2016で良記事がアップされたので再び真似してやってみる。@ChaoticActivityさんありがとう。
あれ、Eigenってビルドするもんなの。。。(知らなかった)
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/3888e886925ef0f84926

ビルド環境は前回と同じく以下。

  • Windows 10 Pro
  • Visual Studio Community 2015


スポンサーリンク


ビルドするライブラリそれぞれのバージョンは全て記事に合わせた。

依存するライブラリそれぞれのVisual Studioソリューションの中のALL_BUILDINSTALLプロジェクトをバッチビルドした。記事にならって進めたらほとんどスムーズにビルドできたけど、環境依存なのか、いくつか苦戦した箇所があった。
Ceres-Solverのcmake設定がなかなか記事通りにいかなかった。cmakeで設定したい変数が全然表示されなくて何度もやり直したけど、cmake-guiの右上あたりにある”Advanced“にチェックを入れたら全変数を表示できたので解決。



この辺は元記事とcmake-guiのバージョンが違ったりしたのかな?(オイラは3.7.2を使った)
あと、オイラの環境では、Ceres-Solverのデフォルトでビルド対象になっているサンプルのsampled_functionプロジェクトがビルドエラーになった。これはどうせ使わないので無視。

OpenCVのビルド

こちらも記事通りにCMakeLists.txtを書き換えてcmake-guiで変数の設定を行ったんだけど、sfmがちっともに有効化されなかった。
(ファイルパスがopencv-3.2.0になっているのは気にするな)



痺れを切らしてCMakeCache.txtファイル内の


スポンサーリンク

を強制的に以下へ書き換え、無理やりsfm用の変数を表示させて設定を進めた。

これで何とかOpenCV.slnをGenerateできたのでビルド。

ビルドしたら、sfmモジュールのビルドでエラーが出た。(まあ、当然か?)
google::SetCommandLineOptionがnamespace googleに存在しないとかってエラー。これはgflags関係のエラーだと思うけど、どの段階で抜け落ちたのか。Ceras-Solverをビルドする際にgflagsのディレクトリ指定ミスったか?
gflagsのビルドから何度かやり直してみたけど上手くいかなかったので、結局付け焼刃な方法で強行突破することにした。
ビルドしたgflagsのinclude以下のgflagsディレクトリを丸ごとsfmのsrc下へ持ってきて、opencv_sfmプロジェクトの設定にgflags.libファイルへのパスも追加。(超対処療法だけど。。。)
今思えば、Ceras-Solverのビルドが上手くいってなかったらsfmモジュールが有効にならなかったのかもな。

sfm関係が解決したら、今度はCUDA関係でもエラーが出たのでもう1度cmakeに戻ってCUDAを無効にしてからやり直した。CUDA8.0からVisual Studio2015でのビルドに対応したと聞いていたのに…

サンプル trajectory_reconstrucion.cpp のビルド

件のQitta記事はsfmのサンプルを動かしてみるところまでフォローされているので、引き続き記事に倣ってtrajectory_reconstrucion.cppを動かしてみる。
http://qiita.com/ChaoticActivity/items/178d23508b92a09e59ea
http://docs.opencv.org/3.1.0/d5/dab/tutorial_sfm_trajectory_estimation.html

オイラはopencv/sfm.hppに

を追記して対応。

以下3つのライブラリファイルをプロジェクトに追加して、
opencv_core310.lib
opencv_sfm310.lib
opencv_viz310.lib

その他、各ライブラリへのdllのパスは通した状態でビルド・実行してみた。

サンプル trajectory_reconstrucion.cpp の実行

わぁ~い出た~!



と思ったらエラーで止まった。。。



やっぱりsfmモジュールのビルドに失敗してるのかな…

追記:少しデバッグしてこのエラーを調べてみたら、どうやらvizモジュール関連っぽい。VTKのバージョンを下げて、変な改造せずにビルドし直した方が良さげ。


スポンサーリンク

関連記事

複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
C++始めようと思うんだ
なんかすごいサイト
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
ブログが1日ダウンしてました
Raspberry Pi
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
Unityで学ぶC#
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
iPhoneアプリ開発 Xcode 5のお作法
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
ポイントクラウドコンソーシアム
ZBrush 2018での作業環境を整える
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Blender 2.8がついに正式リリース!
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Unityからkonashiをコントロールする
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
Mayaのシェーディングノードの区分
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
コンピュータビジョンの技術マップ
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』

コメント