OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』

気づいたら、OpenCVにFace Alignment(顔のランドマーク検出)のためのFacemarkというAPIが実装されている。(Learn OpenCV情報↓)
https://www.learnopencv.com/facemark-facial-landmark-detection-using-opencv/

実装はGSOC 2017の成果らしいですね。



Face Alignmentとか顔のランドマークとか器官とか、ジャンルの呼び名は様々ですが。


スポンサーリンク

Facemark API


Facemarkでは以下3種類の検出アルゴリズムを選択できる。

FacemarkAAM

Active Appearance Model(AAM)ベースのアルゴリズム。
原著論文はICCV 2013で発表された“Optimization problems for fast AAM fitting in-the-wild


スポンサーリンク

FacemarkKazemi

Regression Forestベースのアルゴリズム。
原著論文はCVPR 2014で発表された“One Millisecond Face Alignment with an Ensemble of Regression Trees
Dlibに実装されている検出アルゴリズムもこれ。


FacemarkLBF

Regression Forestベースのアルゴリズム。
原著論文はCVPR 2014で発表された“Face alignment at 3000 fps via regressing local binary features

Learn OpenCVの記事では学習モジュールがまだ無いと書かれているけど、現時点で学習モジュールface_landmark_trainerがあるようです↓
https://docs.opencv.org/3.4.1/d6/d49/md__build_master-contrib_docs-lin64_opencv_contrib_modules_face_tutorials_face_landmark_face_landmark_trainer.html

多くの人が画像認識の実装に求める機能をOpenCVがどんどん取り込んでいくな。


スポンサーリンク

関連記事

Active Appearance Models(AAM)
参考書
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
このブログのデザインに飽きてきた
Kinect for Windows V2のプレオーダー開始
自前のShaderがおかしい件
Google App EngineでWordPress
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
COLMAP:オープンソースのSfM・MVSツール
3Dスキャンに基づくプロシージャルフェイシャルアニメーション
海外ドラマのChromaKey
UnityからROSを利用できる『ROS#』
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Iterator
HerokuでMEAN stack
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
手を動かしながら学ぶデータマイニング
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
Unityからkonashiをコントロールする
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
オーバーロードとオーバーライド
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
GoogleのDeep Learning論文
Unityの薄い本
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』

コメント