OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』

気づいたら、OpenCVにFace Alignment(顔のランドマーク検出)のためのFacemarkというAPIが実装されている。(Learn OpenCV情報↓)
https://www.learnopencv.com/facemark-facial-landmark-detection-using-opencv/

実装はGSOC 2017の成果らしいですね。

OpenCV Facemark API – LBF

Face Alignmentとか顔のランドマークとか器官とか、ジャンルの呼び名は様々ですが。


スポンサーリンク

Facemark API

OpenCV Facemark : Facial Landmark Detection using OpenCV

Facemarkでは以下3種類の検出アルゴリズムを選択できる。


スポンサーリンク

FacemarkAAM

Active Appearance Model(AAM)ベースのアルゴリズム。
原著論文はICCV 2013で発表された“Optimization problems for fast AAM fitting in-the-wild

FacemarkKazemi

Regression Forestベースのアルゴリズム。
原著論文はCVPR 2014で発表された“One Millisecond Face Alignment with an Ensemble of Regression Trees
Dlibに実装されている検出アルゴリズムもこれ。


FacemarkLBF

Regression Forestベースのアルゴリズム。
原著論文はCVPR 2014で発表された“Face alignment at 3000 fps via regressing local binary features

Learn OpenCVの記事では学習モジュールがまだ無いと書かれているけど、現時点で学習モジュールface_landmark_trainerがあるようです↓
https://docs.opencv.org/3.4.1/d6/d49/md__build_master-contrib_docs-lin64_opencv_contrib_modules_face_tutorials_face_landmark_face_landmark_trainer.html

多くの人が画像認識の実装に求める機能をOpenCVがどんどん取り込んでいくな。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCVで動画の手振れ補正
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Mayaのレンダリング アトリビュート
疑似3D写真が撮れるiPhoneアプリ『Seene』がアップデートでついにフル3Dモデルが撮影できる...
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
Raspberry Pi
clearcoat Shader
MRenderUtil::raytrace
Javaで作られたオープンソースの3DCGレンダラ『Sunflow』
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
UnityでARKit2.0
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
コンピュータビジョンの技術マップ
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
ドットインストールのWordPress入門レッスン
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
機械学習での「回帰」とは?
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
プログラムによる景観の自動生成
参考書
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ベイズ推定とグラフィカルモデル
Raspberry PiでIoTごっこ
adskShaderSDK
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
SSII2014 チュートリアル講演会の資料
MFnMeshクラスのsplit関数
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
Boost オープンソースライブラリ
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Leap MotionでMaya上のオブジェクトを操作できるプラグイン
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
機械学習について理解するための可視化ツール『MLDemos』

コメント