Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
OANDAのfxTrade API
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
WordPress on Windows Azure
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 遮光塗装
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
UnityのuGUIチュートリアル
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Verilog HDL
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
Unreal Engineの薄い本
ブログの復旧が難航してた話
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Raspberry Pi
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
Runway ML:クリエイターのための機械学習ツール
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
Blender 2.8がついに正式リリース!
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
UnityでARKit2.0
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
3DCG Meetup #4に行ってきた
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
モータードライバ
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]