Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

Raspberry Pi
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
ヒーローに変身なりきりアーケードゲーム『ナレルンダー』
このブログのデザインに飽きてきた
タイミングとクオリティ
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
プログラムによる景観の自動生成
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
Google Chromecast
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
OANDAのfxTrade API
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Blender 2.8がついに正式リリース!
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
C++始めようと思うんだ
Raspberry Pi 2を買いました
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Unityの新しいGUI作成システム『uGUI』
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Amazon Web ServicesでWordPress
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ROSの薄い本
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
ポイントクラウドコンソーシアム
HerokuでMEAN stack
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]