Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

オープンソースハードウェア Arduino (アルドゥイーノ)
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Blender 2.8がついに正式リリース!
東京オリンピックと案内表示
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
今年もSSII
現在公開されているWeb API一覧
粘土をこねるようなスカルプトモデリング
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
UnityからROSを利用できる『ROS#』
html5のcanvasの可能性
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
ZScript
偏愛マップ
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 胸の電飾加工
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 発煙ギミックを検討する
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
WebGL開発に関する情報が充実してきている
軽量なジオメトリ処理ライブラリ『libigl』
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
WordPressの表示を高速化する
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
Raspberry Pi

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]