Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾を仕込む
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
機械学習手法『Random Forest』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
UnityのTransformクラスについて調べてみた
HD画質の無駄遣い
Amazon EC2ログイン用の秘密鍵を無くした場合の対処方法
Amazon Web ServicesでWordPress
cvui:OpenCVのための軽量GUIライブラリ
UnityユーザーがUnreal Engineの使い方を学ぶには?
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
このブログのデザインに飽きてきた
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
FreeMoCap Project:オープンソースのマーカーレスモーションキャプチャ
Unreal Engineの薄い本
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
ブログが1日ダウンしてました
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
OpenGVのライブラリ構成
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
オープンソースのネットワーク可視化ソフトウェアプラットフォーム『Cytoscape』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
ROSでガンダムを動かす
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ドットインストールのWordPress入門レッスン
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
タイミングとクオリティ
Raspberry Pi
偏愛マップ

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]