Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Unreal Engineの薄い本
ROSでガンダムを動かす
マルコフ連鎖モンテカルロ法
ブログが1日ダウンしてました
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
C++の抽象クラス
ミニ四駆で電子工作
光学式マウスのセンサーを応用すると…
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
世界のトレンドをリアルタイムに把握するサイト 『Googttrer』
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
OpenCVのための軽量GUIライブラリ『cvui』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
書籍『伝わる イラスト思考』読了
このブログのデザインに飽きてきた
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
Raspberry Pi 2を買いました
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. LEDテープで面光源を作る
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]