Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
仮想関数
3D復元技術の情報リンク集
組み込み向けのWindows OS 『Windows Embedded』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
libigl:軽量なジオメトリ処理ライブラリ
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
OpenCV
NumSharp:C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
UnityでARKit2.0
フィクションに登場するUIデザインのまとめサイト
Managing Software Requirements: A Unified Approach
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
HD画質の無駄遣い
Google App Engineのデプロイ失敗
Cartographer:オープンソースのSLAMライブラリ
マルコフ連鎖モンテカルロ法
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
スクレイピング
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
Amazon Web ServicesでWordPress
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
Manim:Pythonで使える数学アニメーションライブラリ
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 身体の電飾
UnityのuGUIチュートリアル
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ドラマ『ファーストクラス』のモーショングラフィックス
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
インターフェイスは世界を規定する
Polyscope:3Dデータ操作用GUIライブラリ
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
CLO:服飾デザインツール
サンプルコードにも間違いはある?

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]