Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
書籍『データビジュアライゼーションのデザインパターン20』読了
AfterEffectsプラグイン開発
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
ビリケン商会 メカゴジラⅡ 電飾の手直し
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
JavaScriptのデータビジュアライゼーションライブラリ『D3.js』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Model View Controller
スクレイピング
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
タイミングとクオリティ
KelpNet:C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 洗浄・煮沸
C++の機械学習ライブラリ『Dlib』
Alice Vision:オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
インターフェイスは世界を規定する
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
プログラミングスキルとは何か?
オープンソースの取引プラットフォーム
WinSCP
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
Raspberry Pi 2を買いました
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
Verilog HDL

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]