Raspberry Pi 2のGPIOピン配置

前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。





メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光らせてみることにした。


スポンサーリンク


Raspberry Pi 2のピン配置はこんな感じ。↓


この前見つけたlighttpdでWebサーバを構築して、WebブラウザからLEDのOn/Off制御を試すことにした。
コーディングには色んなサイトで例として載っているnanoってエディタをを使ってみた。viに不慣れなので、こういうシンプルなツールが有難い。この辺は普通のLinuxとサーバサイドの知識があればそれほど混乱しないでスムーズに進むね。
ブラウザで表示するhtmlにはPythonのコードを起動するjavascriptを仕込む。この辺はフロントエンドの知識も絡んでくるな。

さて、ちゃんとブラウザからLEDを操作できたので満足。RPi.GPIOで指定するピン番号って、本当にピン番号なのね。
やってみて思ったけど、IoTって、質素な端末で凝った処理ができない分、広く浅い知識が求められるのね。まあ、ソフトウェアというジャンルは、低次な処理を隠蔽したツールがすぐに登場する分野だから、基本的には「広く浅く」なんだけど。

これにセンサーとかを繋ぐとなると、情報をWebブラウザでキレイに表示するためにフロントエンドの知識も必要だ。あり物をちょいと調べてみる。↓


スポンサーリンク

Javascriptで扱えるカッコイイグラフのまとめ

ここに載ってるccchartのBar Chartとかが良い感じだなぁ。

https://blog.negativemind.com/2015/05/26/raspberry-pi-rpi-gpio/


スポンサーリンク

関連記事

CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
Kornia:微分可能なコンピュータービジョンライブラリ
Arduinoで人感センサーを使う
MVStudio:オープンソースのPhotogrammetryツール
WordPressプラグインの作り方
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
Unityの薄い本
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
シフトカーを改造してラジコン化する人達
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その3
Faceshiftで表情をキャプチャしてBlender上でMakeHumanのメッシュを動かすデモ
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
OpenMesh:オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Google Chromecast
ROSの薄い本
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
まだ続くブログの不調
Accord.NET Framework:C#で使える機械学習ライブラリ
インターフェイスは世界を規定する
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
Mitsuba 2:オープンソースの物理ベースレンダラ
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
PyMC:Pythonのベイズ統計ライブラリ
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾のための工作 その1
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
OANDAのfxTrade API
3Dグラフィックスの入門書
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
オープンソースの取引プラットフォーム
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する

コメント

  1. […] ・Raspberry Pi 2のGPIOピン配置(□が部品面になっています。半田面が四角なので注意) […]

  2. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置 […]

  3. […] Raspberry Pi 2のGPIOピン配置前回に引き続き、Raspberry Pi 2でIoT的なモノを作ろうと調べている。メインで使う言語は、手軽で実装例も豊富なPythonに決めて、例のRPi.GPIOを使ってPythonからLEDを光 […]