UnityからROSを利用できる『ROS#』

.NETアプリケーション(特にUnity)からROSを利用するためのC#でできたライブラリ・ツール ROS#が公開された。→ROS-INDUSTRIALのアナウンス

ライセンスは Apache 2.0で、freeで商用利用も可能。

ROS#

ros-sharp

ROS#は、.NETアプリケーション、特にUnityからROSと通信するためのC#のオープンソースライブラリとツールのセットです。
ROS#の使用例はこちらをご覧ください。


スポンサーリンク

Unityが主なターゲットになってる!ちゃんとunitypackageがありますよ。
ここ最近、ゲームエンジンがどんどん工学系の研究開発ツールとして拡張されていってる感じがする。



もともとGazeboシミュレーターやROSのrvizパッケージなんかはUnityで置き換えたい感あったしね。(最近はこういうのDigital Twinって言うんですかね?)

対応するROSのバージョンはROS Kineticらしい。(ROS2じゃないのね)


スポンサーリンク


Unityのサンプルプロジェクト↓
https://github.com/siemens/ros-sharp/tree/master/Unity3D

使い方のWiki↓
https://github.com/siemens/ros-sharp/wiki

UnityはWindows上で動かし、VM上のUbuntuでroscoreを動かすようだ。







シミュレーション環境として最近のゲームエンジンって優秀だもんね。ゲームエンジンをエコシステムとして取り込んだ方が効率が良いはず。



追記:すでに試されている方もいます↓
https://kato-robotics.hatenablog.com/entry/2018/10/30/170446
https://kuwamai.hatenablog.com/entry/2018/11/28/200011

2018年6月26日 追記:HoloLens対応のサンプルを公開した方がいらっしゃいます↓
https://github.com/tarukosu/ros-sharp/tree/support-for-uwp/Unity3D
https://tarukosu.hatenablog.com/entry/RosSharpUWP

最近オイラはROSからだいぶ遠ざかってはいるのですが。。。

ROSロボットプログラミングバイブル

追記:ROS#もv1.3になってUnity2018.2.6以降に対応とのこと。
http://kuwamai.hatenablog.com/entry/2018/11/28/200011


スポンサーリンク

関連記事

Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
OpenCVの超解像(SuperResolution)モジュールを試す
WinSCP
Mean Stack開発の最初の一歩
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
まだ続くブログの不調
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
3D復元技術の情報リンク集
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
タマムシっぽい質感
uGUI:Unityの新しいGUI作成システム
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Unityからkonashiをコントロールする
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
サンプルコードにも間違いはある?
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
WordPressの表示を高速化する
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
python-twitterで自分のお気に入りを取得する
Raspberry PiでIoTごっこ
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
定数
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
pythonもかじってみようかと
Google App Engine上のWordPressでAmazonJSを利用する
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
fSpy:1枚の写真からカメラパラメーターを割り出すツール
Blenderの人体モデリングアドオン『MB-Lab』
オープンソースの物理ベースGIレンダラ『appleseed』
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び

コメント