CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』

このLightmetrica(ライトメトリカ)というレンダラは、2015年度の未踏に採択されたプロジェクトだそうで、東大の大津 久平さんが大域照明手法の研究開発のためのフレームワークとして開発しているそうです。

Lightmetrica : レンダラ研究開発のためのレンダラ

lightmetrica

Lightmetrica(ライトメトリカ)はレンダラ開発に特化したフレームワークで、拡張性に重きを置いて設計されています。 多数の手法がシンプルに、また手法の本来の定式化に基づいて実装されています。 拡張に重きを置いて設計されていますが、独立したレンダラとしても使用することができます。 シーン定義ファイルは読みやすさ、編集しやすさを考慮した設計で、 学習向けにも適したものとなっています。

本プロジェクトは情報処理推進機構(IPA)主催の 未踏プロジェクトの支援を受け開発されました。

マルチプラットフォーム (Windows, Mac OS X, Linux) に対応しており。 また開発はオープンソースであり、ソースコードはGithubにて公開されています。

主な特徴:


スポンサーリンク
  • 読みやすさ、編集しやすさに主眼を置いたシーンフォーマット
  • ほとんどのレンダラの構成要素を拡張できる拡張性、それを行うためのプラグインシステム
  • ユーザが拡張可能なアセット管理システム
  • レンダラの構成要素の正当性を保証するユニットテスト群
  • 様々なレンダリング手法の正しく、完全な実装

MITライセンスとのことなので、著作権表記があれば商用利用も可能。


スポンサーリンク


商用利用可だけど、このレンダラの1番の魅力は、様々なレンダリング手法を端折らずに正しく完全な実装を行っている点だと思うので、お勉強の教材として最適な気がする。
もちろん研究の土台として利用すれば、オリジナル手法と既存手法の比較も容易になるでしょうね。(比較のために既存手法を実装してたら上手くできなくて途方に暮れることあるよね…)

GitHub見てみたら、Lightmetricaってバージョン2なんですね。↓
https://github.com/hi2p-perim/lightmetrica-v2

以前調べ物している時に、大津さんのレイトレ合宿用スライド資料に行き着いたことがあったな。

ライブラリを作れる人に憧れます。


スポンサーリンク

関連記事

After Effects全エフェクトの解説(6.5)
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Windows Server 2008にAutodesk Maya 2009をインストール
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
ポリゴン用各種イテレータと関数セット
CNN Explainer:畳み込みニューラルネットワーク可視化ツール
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Managing Software Requirements: A Unified Approach
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
ZBrush4新機能ハイライト 3DCG CAMP 2010
タマムシっぽい質感
布のモデリング
プログラミングスキルとは何か?
海外ドラマのChromaKey
クラスの基本
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる おでこ(?)のバランス調整
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
ZBrushトレーニング
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
UnrealCLR:Unreal Engineで.NET Coreを利用できるプラグイン
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ゴジラの造形
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
フルCGのウルトラマン!?
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ブログが1日ダウンしてました
Vancouver Film Schoolのデモリール
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
まだ続くブログの不調
Transformers ”Reference & Bulid” Siggraph 2007
Raytracing Wiki
サンプルコードにも間違いはある?
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Autodesk CompositeとAutodesk MatchMoverが無料
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部の作り込み・舌の追加

コメント