CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』

このLightmetrica(ライトメトリカ)というレンダラは、2015年度の未踏に採択されたプロジェクトだそうで、東大の大津 久平さんが大域照明手法の研究開発のためのフレームワークとして開発しているそうです。

Lightmetrica : レンダラ研究開発のためのレンダラ

lightmetrica

Lightmetrica(ライトメトリカ)はレンダラ開発に特化したフレームワークで、拡張性に重きを置いて設計されています。 多数の手法がシンプルに、また手法の本来の定式化に基づいて実装されています。 拡張に重きを置いて設計されていますが、独立したレンダラとしても使用することができます。 シーン定義ファイルは読みやすさ、編集しやすさを考慮した設計で、 学習向けにも適したものとなっています。

本プロジェクトは情報処理推進機構(IPA)主催の 未踏プロジェクトの支援を受け開発されました。

マルチプラットフォーム (Windows, Mac OS X, Linux) に対応しており。 また開発はオープンソースであり、ソースコードはGithubにて公開されています。

主な特徴:


スポンサーリンク
  • 読みやすさ、編集しやすさに主眼を置いたシーンフォーマット
  • ほとんどのレンダラの構成要素を拡張できる拡張性、それを行うためのプラグインシステム
  • ユーザが拡張可能なアセット管理システム
  • レンダラの構成要素の正当性を保証するユニットテスト群
  • 様々なレンダリング手法の正しく、完全な実装

MITライセンスとのことなので、著作権表記があれば商用利用も可能。


スポンサーリンク


商用利用可だけど、このレンダラの1番の魅力は、様々なレンダリング手法を端折らずに正しく完全な実装を行っている点だと思うので、お勉強の教材として最適な気がする。
もちろん研究の土台として利用すれば、オリジナル手法と既存手法の比較も容易になるでしょうね。(比較のために既存手法を実装してたら上手くできなくて途方に暮れることあるよね…)

GitHub見てみたら、Lightmetricaってバージョン2なんですね。↓
https://github.com/hi2p-perim/lightmetrica-v2

以前調べ物している時に、大津さんのレイトレ合宿用スライド資料に行き着いたことがあったな。

ライブラリを作れる人に憧れます。


スポンサーリンク

関連記事

第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Blenderでよく使うaddon
Maya 2015から標準搭載されたMILA
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 ZRemesher
HD画質の無駄遣い その2
MPC社によるゴジラ(2014)のVFXブレイクダウン
写真に3Dオブジェクトを違和感無く合成する『3DPhotoMagic』
書籍『メイキング・オブ・ピクサー 創造力をつくった人々』を読んだ
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenMayaRender
Maya には3 種類のシェーダSDKがある?
GeoGebra:無料で使える数学アプリ
HTML5・WebGLベースのグラフィックスエンジン『Goo Engine』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
白組による『シン・ゴジラ』CGメイキング映像が公開された!
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
フルCGのウルトラマン!?
OpenCV
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
CEDEC 3日目
ディープラーニング
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
ラクガキの立体化 胴体の追加
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
Pix2Pix:CGANによる画像変換
単純に遊びに行くのはだめなのか?
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
書籍『開田裕治 怪獣イラストテクニック』
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 DynaMesh
ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
『PIXARのひみつ展』に行ってきた
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
フィーリングに基づくタマムシの質感表現
BlenderProc:Blenderで機械学習用の画像データを生成するPythonツール
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ

コメント