CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』

このLightmetrica(ライトメトリカ)というレンダラは、2015年度の未踏に採択されたプロジェクトだそうで、東大の大津 久平さんが大域照明手法の研究開発のためのフレームワークとして開発しているそうです。

Lightmetrica : レンダラ研究開発のためのレンダラ

lightmetrica

Lightmetrica(ライトメトリカ)はレンダラ開発に特化したフレームワークで、拡張性に重きを置いて設計されています。 多数の手法がシンプルに、また手法の本来の定式化に基づいて実装されています。 拡張に重きを置いて設計されていますが、独立したレンダラとしても使用することができます。 シーン定義ファイルは読みやすさ、編集しやすさを考慮した設計で、 学習向けにも適したものとなっています。

本プロジェクトは情報処理推進機構(IPA)主催の 未踏プロジェクトの支援を受け開発されました。

マルチプラットフォーム (Windows, Mac OS X, Linux) に対応しており。 また開発はオープンソースであり、ソースコードはGithubにて公開されています。

主な特徴:


スポンサーリンク
  • 読みやすさ、編集しやすさに主眼を置いたシーンフォーマット
  • ほとんどのレンダラの構成要素を拡張できる拡張性、それを行うためのプラグインシステム
  • ユーザが拡張可能なアセット管理システム
  • レンダラの構成要素の正当性を保証するユニットテスト群
  • 様々なレンダリング手法の正しく、完全な実装

MITライセンスとのことなので、著作権表記があれば商用利用も可能。


スポンサーリンク


商用利用可だけど、このレンダラの1番の魅力は、様々なレンダリング手法を端折らずに正しく完全な実装を行っている点だと思うので、お勉強の教材として最適な気がする。
もちろん研究の土台として利用すれば、オリジナル手法と既存手法の比較も容易になるでしょうね。(比較のために既存手法を実装してたら上手くできなくて途方に暮れることあるよね…)

GitHub見てみたら、Lightmetricaってバージョン2なんですね。↓
https://github.com/hi2p-perim/lightmetrica-v2

以前調べ物している時に、大津さんのレイトレ合宿用スライド資料に行き着いたことがあったな。

ライブラリを作れる人に憧れます。


スポンサーリンク

関連記事

機械学習で遊ぶ
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
CGALDotNet:計算幾何学ライブラリ CGALのC#ラッパー
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
ROSの薄い本
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
Dlib:C++の機械学習ライブラリ
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
Mayaのシェーディングノードの区分
SIGGRAPH 2020はオンライン開催
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 頭頂部と首周りを作り込む
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
3Dモデルを立体視で確認できるVRアプリを作っている
フルCGのウルトラマン!?
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
UnityのTransformクラスについて調べてみた
ラクガキの立体化 進捗
Google製オープンソース機械学習ライブラリ『TensorFlow』のWindows版が公開された
.NETで使えるTensorFlowライクなニューラルネットワークライブラリ『NeuralNetwo...
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Raspberry PiでIoTごっこ
池袋パルコで3Dのバーチャルフィッティング『ウェアラブル クロージング バイ アーバンリサーチ』
ZBrushでアヴァン・ガメラを作ってみる 歯茎を別パーツへ分割
NICOGRAPHって有名?
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
布のモデリング
ZBrushのTranspose Masterでポーズを付ける
Open Shading Language (OSL)
SculptrisとBlenderで作ったGodzilla 2014 (Fan Made)
『パシフィック・リム: アップライジング』のVFXブレイクダウン まとめ
WordPress on Windows Azure
Kubric:機械学習用アノテーション付き動画生成パイプライン
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
顔モデリングのチュートリアル
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
プログラムによる景観の自動生成
色んな三面図があるサイト
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
Managing Software Requirements: A Unified Approach

コメント