機械学習で遊ぶ

こういうのやってみたい。


スポンサーリンク

↑この例はRubyを使ってるみたいだけど、botのお作法もまだ知らないし、できれば知っている知識から広げていきたいと思って調べてみたら、Google App Engineで動くcharactorbotっていうのがあって、Javaのソースコードも公開されてるみたい。まずはここからかな。


スポンサーリンク

関連記事

Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
クラスの基本
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
ブログのデザイン変えました
GAN (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
プログラムによる景観の自動生成
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
hloc:SuperGlueで精度を向上させたSfM実装
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
ブログの復旧が難航してた話
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
Quartus II
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
仮想関数
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
Unreal Engineの薄い本
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
Boost オープンソースライブラリ
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
このブログのデザインに飽きてきた
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
OpenCVで顔のランドマークを検出する『Facemark API』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Raspberry Pi 2を買いました
UnityでLight Shaftを表現する
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧

コメント