機械学習で遊ぶ

こういうのやってみたい。


スポンサーリンク

↑この例はRubyを使ってるみたいだけど、botのお作法もまだ知らないし、できれば知っている知識から広げていきたいと思って調べてみたら、Google App Engineで動くcharactorbotっていうのがあって、Javaのソースコードも公開されてるみたい。まずはここからかな。


スポンサーリンク

関連記事

iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
オープンソースの取引プラットフォーム
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
Unityからkonashiをコントロールする
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
WordPressの表示を高速化する
Iterator
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
AfterEffectsプラグイン開発
MythTV:Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト
Unreal Engineの薄い本
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
続・ディープラーニングの資料
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
2D→3D復元技術で使われる用語まとめ
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
UnityでPoint Cloudを表示する方法
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
WordPressのテーマを自作する
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
機械学習手法『Random Forest』

コメント