機械学習で遊ぶ

こういうのやってみたい。


スポンサーリンク

↑この例はRubyを使ってるみたいだけど、botのお作法もまだ知らないし、できれば知っている知識から広げていきたいと思って調べてみたら、Google App Engineで動くcharactorbotっていうのがあって、Javaのソースコードも公開されてるみたい。まずはここからかな。


スポンサーリンク

関連記事

読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
Iterator
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
WordPressプラグインによるサイトマップの自動生成
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
今年もSSII
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
定数
OpenCV 3.3.0 contribのsfmモジュールのサンプルを動かしてみる
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
ブログの復旧が難航してた話
ZScript
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
プログラミングスキルについて考える
3Dボリュームデータ処理ライブラリ『OpenVDB』
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
HD画質の無駄遣い
WordPressプラグインの作り方
UnityでARKit2.0
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
3Dデータ処理ライブラリ『Open3D』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Mayaのプラグイン開発
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
Linuxでテレビの視聴・録画ができるオープンソースプロジェクト『Myth TV』
動的なメモリの扱い
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
Raspberry PiでIoTごっこ
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
C++の抽象クラス
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)

コメント