AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う

TensorFlowがWindowsに対応してから1年ほど経つ。



つい最近TensorFlowのバージョン1.4.0がリリースされ、良い機会(?)なので今までの開発環境を洗い替えることにした。今までPythonは単体でインストールしてたんだけど、何かと不便だったのでAnacondaで入れることにする。
洗い替えると言っても、インストーラーをポチポチするだけなのでお手軽です。

動作環境

オイラの環境は以下。(Quadroにしなきゃよかったと最近ちょっと後悔してる…)

インストールするもの

今回改めてインストールするのは以下。

Windows環境ならIDEとしてVisual Studioを使いたいので、Python Tools for Visual Studioをインストールするのです。


スポンサーリンク

CUDAとcuDNNのインストール

CUDA Toolkit 8.0 – Feb 2017Base Installer, Patch 2 (Released Jun 26, 2017)の順にインストール。
cuDNN v6.0 Library for Windows 10は、まずMembership登録してログインし、cuDNN一式のzipをダウンロードする。
そしてzipを展開して出てきたbin, include, libディレクトリを丸ごとCUDAのパスが通ったディレクトリに配置する。オイラはCUDAデフォルトのインストールパス
C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0
に置いた。

Anacondaのインストール

Python3系のAnaconda3-5.0.1-Windows-x86_64をインストールする。
インストールディレクトリはお好みで。オイラは
C:\dev\Anaconda3
にインストールした。

TensorFlowのインストール

公式インストールガイドの”Installing with Anaconda”に従い、Anacondaのコマンドプロンプトで以下を実行し、tensorflowという名前の仮想環境(Python3.5)を作成。

conda create -n tensorflow python=3.5

そして以下を実行し、作成した環境をアクティベート。

activate tensorflow

今回はGPUを有効にしたTensorFlowをインストールするので、以下のコマンドを実行。

pip install --ignore-installed --upgrade tensorflow-gpu


スポンサーリンク

これでTensorFlowのインストールは完了。

Python Tools for Visual Studio 2015のインストール

Python Tools for Visual Studio 2015は、Visual Studioのインストールは基本的にここに書いてある通りの手順。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/python/installation#visual-studio-2015

オイラはすでにVisual Studio 2015自体はインストール済みなので、コントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」からVisual Studio Community 2015を選び、「変更」を押した。
Python Tool for Visual Studioを追加でチェックして「次へ」。



ついでにUpdate3もインストールしました。

パスの設定

インストールが完了したらVisual Studioを開き、メニューバーからツール → Python Tools → Python Environmentsを選択。



先ほど作成したAnacondaのtensorflow環境のパスを設定してApplyを押す。



これでVisual StudioでPythonのプロジェクトを作成、デバッグできるようになった。
ちゃんとコード補完もできるようになる。単なるテキストエディタよりもIDEの方がストレス無くて良いよね。


スポンサーリンク

関連記事

画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
今年もSSII
UnityでOpenCVを使うには?
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
ROMOハッカソンに行ってきた
OpenMVSのサンプルを動かしてみる
AR (Augmented Reality)とDR (Diminished Reality)
UnityでARKit2.0
konashiのサンプルコードを動かしてみた
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
UnityでLight Shaftを表現する
AndroidもopenGLも初心者さ (でもJavaは知ってるよ)
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
3Dコンピュータービジョンライブラリ『PyTorch3D』
ブログのデザイン変えました
オープンソースのStructure from Motionツール『Regard3D』
1枚の画像からマテリアルを作成できる無料ツール『Materialize』
OpenCV3.3.0でsfmモジュールのビルドに成功!
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
Quartus II
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
Google App Engineのデプロイ失敗
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
SegNet:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
WordPress on Windows Azure
仮想関数
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
Raspberry Pi 2のGPIOピン配置
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
UnityからROSを利用できる『ROS#』
HerokuでMEAN stack
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Unityで学ぶC#
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』

コメント