AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う

TensorFlowがWindowsに対応してから1年ほど経つ。



つい最近TensorFlowのバージョン1.4.0がリリースされ、良い機会(?)なので今までの開発環境を洗い替えることにした。今までPythonは単体でインストールしてたんだけど、何かと不便だったのでAnacondaで入れることにする。
洗い替えると言っても、インストーラーをポチポチするだけなのでお手軽です。

動作環境

オイラの環境は以下。(Quadroにしなきゃよかったと最近ちょっと後悔してる…)

インストールするもの

今回改めてインストールするのは以下。

Windows環境ならIDEとしてVisual Studioを使いたいので、Python Tools for Visual Studioをインストールするのです。


スポンサーリンク

CUDAとcuDNNのインストール

CUDA Toolkit 8.0 – Feb 2017Base Installer, Patch 2 (Released Jun 26, 2017)の順にインストール。
cuDNN v6.0 Library for Windows 10は、まずMembership登録してログインし、cuDNN一式のzipをダウンロードする。
そしてzipを展開して出てきたbin, include, libディレクトリを丸ごとCUDAのパスが通ったディレクトリに配置する。オイラはCUDAデフォルトのインストールパス
C:\Program Files\NVIDIA GPU Computing Toolkit\CUDA\v8.0
に置いた。

Anacondaのインストール

Python3系のAnaconda3-5.0.1-Windows-x86_64をインストールする。
インストールディレクトリはお好みで。オイラは
C:\dev\Anaconda3
にインストールした。

TensorFlowのインストール

公式インストールガイドの”Installing with Anaconda”に従い、Anacondaのコマンドプロンプトで以下を実行し、tensorflowという名前の仮想環境(Python3.5)を作成。

conda create -n tensorflow python=3.5

そして以下を実行し、作成した環境をアクティベート。

activate tensorflow

今回はGPUを有効にしたTensorFlowをインストールするので、以下のコマンドを実行。

pip install --ignore-installed --upgrade tensorflow-gpu


スポンサーリンク

これでTensorFlowのインストールは完了。

Python Tools for Visual Studio 2015のインストール

Python Tools for Visual Studio 2015は、Visual Studioのインストールは基本的にここに書いてある通りの手順。
https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/python/installation#visual-studio-2015

オイラはすでにVisual Studio 2015自体はインストール済みなので、コントロールパネルの「プログラムのアンインストールまたは変更」からVisual Studio Community 2015を選び、「変更」を押した。
Python Tool for Visual Studioを追加でチェックして「次へ」。



ついでにUpdate3もインストールしました。

パスの設定

インストールが完了したらVisual Studioを開き、メニューバーからツール → Python Tools → Python Environmentsを選択。



先ほど作成したAnacondaのtensorflow環境のパスを設定してApplyを押す。



これでVisual StudioでPythonのプロジェクトを作成、デバッグできるようになった。
ちゃんとコード補完もできるようになる。単なるテキストエディタよりもIDEの方がストレス無くて良いよね。


スポンサーリンク

関連記事

機械学習手法『Random Forest』
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Google Chromecast
Unityで画面タッチ・ジェスチャ入力を扱う無料Asset『TouchScript』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
PythonのStructure from Motionライブラリ『OpenSfM』
プログラムによる景観の自動生成
Google App EngineでWordPress
ZScript
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
WordPressのテーマを自作する
Unityで使える数値計算ライブラリ『Math.NET Numerics』
WordPress on Windows Azure
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
WordPressの表示を高速化する
UnityのGlobal Illumination
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
Webサイトのワイヤーフレームが作成できるオンラインツール
動的なメモリの扱い
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
UnityでLight Shaftを表現する
Pythonのベイズ統計ライブラリ『PyMC』
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
ZBrush 2018での作業環境を整える
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
オープンソースの3Dメッシュデータライブラリ『OpenMesh』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する

コメント