ROSでガンダムを動かす

2014年に始まった実物大ガンダムを動かすプロジェクト「ガンダムGLOBAL CHALLENGE」の成果が公開され始めた。横浜に実物大の(少し)動くガンダムが現れるんですね↓

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA

『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』イメージPV

山下ふ頭に誕生する「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」では実物大18mのガンダムが動き出す場面を目撃するとともに、その開発までのプロセスを体感・共有することができます。約1年余にわたって展開する予定です。

GUNDAM FACTORY YOKOHAMA スペシャルエクスペリエンス

2020年7〜8月の土・日に開催予定
オープン前の施設を特別に見学できる限定プログラムを開催します。一足早く会場に入場し雰囲気を味わえる他、特別観覧デッキ 「GUNDAM-DOCK TOWER」に登ることが出来ます。チケットは2020年4月頃より販売開始予定です。

オープン期間

2020年10月1日(木)〜2021年10月3日(日)
営業時間:10:00~21:00
有料入場

実物大のガンダムがお台場で初めてお披露目されてからもう10年以上経ったんだな。


ダイバーシティ東京 ユニコーンガンダム
2018年10月、お台場のダイバーシティ東京にある実物大ユニコーンガンダム。使用カメラ:Nikon D2005年ぶりに一眼レフで風景写真。今時はiPhoneの方が解像度の高い写真、動画が撮れてしまうんだけど。。。



スポンサーリンク


YouTubeでガンダムGLOBAL CHALLENGEのメイキングが更新されるのを割と楽しみにしている。

動くのか?ガンダム 夢への挑戦!│ 第1話

そして、この発表に合わせてシミュレーターも公開された↓


スポンサーリンク
『GUNDAM FACTORY YOKOHAMA』概要発表会

GGCリサーチオープンシミュレーター

「GGCリサーチ オープンシミュレータ」とは

GGCリサーチ オープンシミュレータは、GGCメンバーである東京大学大学院情報理工学系研究科 岡田慧教授によるGGCプロジェクトです。
ガンダムのCGデータを用いてソフトウェア並びにハードウェアのオープンロボットプラットフォームを開発し、世界の若者が夢を持って自由にロボット開発に参加できる体制の創出と、ロボティクス分野のさらなる発展へ寄与し「リアルガンダム」の実現に繋げることを目指します。


ガンダムシミュレータプログラムの開発と共有

3Dガンダムモデルを用いたロボットシミュレーションプロジェクトを開始します。
プロジェクトに参加するユーザー(資格不問)は、GGCの管理するGGC GitHub上で公開されるROS(世界のロボット研究者に広く使われているオープンソースミドルウェア)対応のソースコードを用いて、プログラムの開発、共有を行うことができます。また,各ユーザのローカル環境においてGazeboシミュレータ(ロボットのための3Dモデルのバーチャルシミュレーションソフトウェア)を構築し,動作確認することができます。

GGC リサーチ オープン シミュレータ詳細ページ/ 3Dデータダウンロード ページ

利用規約に同意して、メールアドレス、氏名、会社・団体(任意)を登録するとシミュレーション用のガンダムの3Dデータをダウンロードできる。

WindowsでROS

今オイラの手元にUbuntuマシンは無いけど、最近はIoT向けにWindowsで動作可能なROS for Windowsがリリースされている。
https://tarukosu.hatenablog.com/entry/ROSforWindows

ドキュメントはこちら。rvizやGazeboなど、ROSのメジャーなパッケージは動かせるみたい。

たるこすさんはさっそくUnityに持って行っている(笑)





スポンサーリンク

関連記事

PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
今年もSSII
OANDAのfxTrade API
機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
デザインのリファイン再び
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
Web経由でRaspberry PiのGPIOを操作したい
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
BlenderのPython環境にPyTorchをインストールする
Google App Engineのデプロイ失敗
『機動戦士ガンダム展』に行ってきた
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
オープンソースの顔の動作解析ツールキット『OpenFace』
機動武闘伝Gガンダム
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Pythonのソースコードに特化した検索エンジン『Nullege』
PythonのHTML・XMLパーサー『BeautifulSoup』
OpenCV バージョン4がリリースされた!
ディープラーニング
pythonもかじってみようかと
画像中の人物表面のUV座標を推定する『DensePose』
UnityからROSを利用できる『ROS#』
ロボットクリエーター
バンダイ HGCC 1/144 ターンエーガンダム 仮組み
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
携帯電話ロボット『RoBoHoN(ロボホン)』
Raspberry PiでIoTごっこ
3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ『Kaolin』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
シュールな光景
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
ディープラーニングに対応したPythonの機械学習ライブラリ『Pylearn2』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン

コメント