SVM (Support Vector Machine)

久しぶりの機械学習ネタ。

Deep Learningが何かと話題の昨今ですが、実用方面ではSVMやRandom Forestなどの古典的な手法が活躍しているらしい。
それなら、古典を学べば身近なところですぐに応用ができるのではないかと思い始めた。リッチな処理じゃなくて、すごく質素な単純作業か何かが自動化できたら面白いなぁ、と。(機械学習の古典的手法というとむしろニューラルネットワークの方らしいけど)

Random Forestについては前に勉強したからそれなりに理解しているので、今回はSVMについて理解を深めておこうと思う。



この記事に触発されたというのもあります。↓

C++によるSMOを用いたSVMの実装

機械学習の手法にはいろいろありますが、その中でもサポートベクトルマシン(SVM; support vector machine)は高い精度で知られる有名な手法です。
以前C++で多層パーセプトロンを実装したので、今度はSVMをC++で実装してみました。


スポンサーリンク

というか、この記事で非常にわかりやすく解説されているので、もうあんまりやることがない(笑)


スポンサーリンク


SVMのような古典的な手法なら、以前見つけたMLDemosというツールに実装されているので、これをいじって試してみる。
MLDemos:機械学習について理解するための可視化ツール
たまたま面白いツールを見つけた。機械学習のパラメータをいじるとインタラクティブに学習結果が可視化して見れるお勉強アプリ。MLDemos - A visualization tool for machine learningMLDe...


少し調べてみたら、SVMを実装したLIBSVMっていうメジャーなライブラリがあるみたい↓

LIBSVM — A Library for Support Vector Machines

LIBSVM

LIBSVMは、サポートベクトルの分類(C-SVC、NU-SVC)、回帰(イプシロン – SVR、NU-SVR)と分布推定(1クラスSVM)のための統合ソフトウェアで、マルチクラス分類をサポートしています。

ソースコードはGitHubにもある。色々な言語へのインターフェイスを用意しているみたいだけど、コアは読めなくもない量だ。
これ、javascriptでも動くのか。Wikipediaによると、Pythonの機械画集ライブラリscikit-learnもこのLIBSVMを利用しているらしい。


スポンサーリンク

関連記事

GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
Konashiを買った
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
UnrealCV:コンピュータビジョン研究のためのUnreal Engineプラグイン
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
OpenGV:画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています
Mean Stack開発の最初の一歩
Open Shading Language (OSL)
立体視を試してみた
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
UnityでARKit2.0
konashiのサンプルコードを動かしてみた
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
OpenVDB:3Dボリュームデータ処理ライブラリ
PGGAN:段階的に解像度を上げて学習を進めるGAN
人体モデリングできるBlenderアドオン『ManuelBastioniLAB』
Boost オープンソースライブラリ
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
定数
OpenAR:OpenCVベースのマーカーARライブラリ
Pix2Pix:CGANによる画像変換
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
プログラムによる景観の自動生成
3Dグラフィックスの入門書
DensePose:画像中の人物表面のUV座標を推定する
RSSフィードを読込んで表示するWordpressプラグイン『RSSImport』
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
自前Shaderの件 解決しました
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
Unityで学ぶC#
MFnDataとMFnAttribute
Unityの薄い本
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
Open3D:3Dデータ処理ライブラリ
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ

コメント