機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

久しぶりの機械学習ネタ。

Deep Learningが何かと話題の昨今ですが、実用方面ではSVMやRandom Forestなどの古典的な手法が活躍しているらしい。
それなら、古典を学べば身近なところですぐに応用ができるのではないかと思い始めた。リッチな処理じゃなくて、すごく質素な単純作業か何かが自動化できたら面白いなぁ、と。(機械学習の古典的手法というとむしろニューラルネットワークの方らしいけど)

Random Forestについては前に勉強したからそれなりに理解しているので、今回はSVMについて理解を深めておこうと思う。



この記事に触発されたというのもあります。↓

C++によるSMOを用いたSVMの実装

機械学習の手法にはいろいろありますが、その中でもサポートベクトルマシン(SVM; support vector machine)は高い精度で知られる有名な手法です。
以前C++で多層パーセプトロンを実装したので、今度はSVMをC++で実装してみました。


スポンサーリンク

というか、この記事で非常にわかりやすく解説されているので、もうあんまりやることがない(笑)


スポンサーリンク


SVMのような古典的な手法なら、以前見つけたMLDemosというツールに実装されているので、これをいじって試してみる。
https://blog.negativemind.com/2015/01/09/%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8f%af%e8%a6%96%e5%8c%96%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8eml/

少し調べてみたら、SVMを実装したLIBSVMっていうメジャーなライブラリがあるみたい。↓

LIBSVM — A Library for Support Vector Machines

LIBSVM

LIBSVMは、サポートベクトルの分類(C-SVC、NU-SVC)、回帰(イプシロン – SVR、NU-SVR)と分布推定(1クラスSVM)のための統合ソフトウェアで、マルチクラス分類をサポートしています。

ソースコードはGitHubにもある。色々な言語へのインターフェイスを用意しているみたいだけど、コアは読めなくもない量だ。
これ、javascriptでも動くのか。Wikipediaによると、Pythonの機械画集ライブラリscikit-learnもこのLIBSVMを利用しているらしい。


スポンサーリンク

関連記事

python-twitterで自分のお気に入りを取得する
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
仮想関数
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Blender 2.8がついに正式リリース!
Unityで強化学習できる『Unity ML-Agents』
機械学習で遊ぶ
Mechanizeで要認証Webサイトをスクレイピング
バージョン管理の履歴を可視化するツール『Gource』
pythonもかじってみようかと
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
ROSの薄い本
OpenCLに対応したオープンソースの物理ベースレンダラ『LuxRender(ルクスレンダー)』
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
MRenderUtil::raytrace
オープンソースのPhotogrammetryフレームワーク『Alice Vision』
MFnDataとMFnAttribute
Google XML Sitemap Generatorプラグインを3.4.1へダウングレード
DCGAN (Deep Convolutional GAN):畳み込みニューラルネットワークによる敵...
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
タマムシっぽい質感
Unity Scriptコーディング→Unreal Engine Scriptコーディング
自前Shaderの件 解決しました
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
3Dグラフィックスの入門書
OpenCVでPhotoshopのプラグイン開発
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
Iterator
Model View Controller
AMIMOTO(PVM版)で作成したインスタンスをAMIMOTO (HVM版)へ移行する
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
AfterEffectsプラグイン開発
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
まだ続くブログの不調
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方

コメント