機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

久しぶりの機械学習ネタ。

Deep Learningが何かと話題の昨今ですが、実用方面ではSVMやRandom Forestなどの古典的な手法が活躍しているらしい。
それなら、古典を学べば身近なところですぐに応用ができるのではないかと思い始めた。リッチな処理じゃなくて、すごく質素な単純作業か何かが自動化できたら面白いなぁ、と。(機械学習の古典的手法というとむしろニューラルネットワークの方らしいけど)

Random Forestについては前に勉強したからそれなりに理解しているので、今回はSVMについて理解を深めておこうと思う。



この記事に触発されたというのもあります。↓

C++によるSMOを用いたSVMの実装

機械学習の手法にはいろいろありますが、その中でもサポートベクトルマシン(SVM; support vector machine)は高い精度で知られる有名な手法です。
以前C++で多層パーセプトロンを実装したので、今度はSVMをC++で実装してみました。


スポンサーリンク

というか、この記事で非常にわかりやすく解説されているので、もうあんまりやることがない(笑)


スポンサーリンク


SVMのような古典的な手法なら、以前見つけたMLDemosというツールに実装されているので、これをいじって試してみる。
https://blog.negativemind.com/2015/01/09/%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8f%af%e8%a6%96%e5%8c%96%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8eml/

少し調べてみたら、SVMを実装したLIBSVMっていうメジャーなライブラリがあるみたい。↓

LIBSVM — A Library for Support Vector Machines

LIBSVM

LIBSVMは、サポートベクトルの分類(C-SVC、NU-SVC)、回帰(イプシロン – SVR、NU-SVR)と分布推定(1クラスSVM)のための統合ソフトウェアで、マルチクラス分類をサポートしています。

ソースコードはGitHubにもある。色々な言語へのインターフェイスを用意しているみたいだけど、コアは読めなくもない量だ。
これ、javascriptでも動くのか。Wikipediaによると、Pythonの機械画集ライブラリscikit-learnもこのLIBSVMを利用しているらしい。


スポンサーリンク

関連記事

チャットツール用bot開発フレームワーク『Hubot』
ニューラルネットワークで画像分類
Verilog HDL
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
書籍『イラストで学ぶ ディープラーニング』
なんかすごいサイト
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
OpenMayaRender
Konashiを買った
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
機械学習で流体シミュレーションを近似する『Physics Forests』
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
機械学習で遊ぶ
網元AMIで作ったWordpressサイトのインスタンスをt1microからt2microへ移行した
OpenCV
書籍『ROSプログラミング』
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
Unity MonoBehaviourクラスのオーバーライド関数が呼び出される順番
FCN (Fully Convolutional Network):ディープラーニングによるSema...
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
Math Inspector:科学計算向けビジュアルプログラミングツール
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
OpenCVで顔のモーフィングを実装する
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
プログラムによる景観の自動生成
UnityのMonoBehaviourクラスをシングルトン化する
Blender 2.8がついに正式リリース!
SONYの自律型エンタテインメントロボット『aibo』
AmazonEC2のインスタンスをt1.microからt2.microへ移行する
Google App Engineのデプロイ失敗
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
ROSの薄い本
OpenCVベースのマーカーARライブラリ『OpenAR』
UnityのGameObjectの向きをScriptで制御する
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
ROSでガンダムを動かす
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
インタラクティブにComputer Visionコーディングができるツール『Live CV』
Mayaのプラグイン開発

コメント