機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

久しぶりの機械学習ネタ。

Deep Learningが何かと話題の昨今ですが、実用方面ではSVMやRandom Forestなどの古典的な手法が活躍しているらしい。
それなら、古典を学べば身近なところですぐに応用ができるのではないかと思い始めた。リッチな処理じゃなくて、すごく質素な単純作業か何かが自動化できたら面白いなぁ、と。(機械学習の古典的手法というとむしろニューラルネットワークの方らしいけど)

Random Forestについては前に勉強したからそれなりに理解しているので、今回はSVMについて理解を深めておこうと思う。



この記事に触発されたというのもあります。↓

C++によるSMOを用いたSVMの実装

機械学習の手法にはいろいろありますが、その中でもサポートベクトルマシン(SVM; support vector machine)は高い精度で知られる有名な手法です。
以前C++で多層パーセプトロンを実装したので、今度はSVMをC++で実装してみました。


スポンサーリンク

というか、この記事で非常にわかりやすく解説されているので、もうあんまりやることがない(笑)


スポンサーリンク


SVMのような古典的な手法なら、以前見つけたMLDemosというツールに実装されているので、これをいじって試してみる。
https://blog.negativemind.com/2015/01/09/%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8f%af%e8%a6%96%e5%8c%96%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8eml/

少し調べてみたら、SVMを実装したLIBSVMっていうメジャーなライブラリがあるみたい。↓

LIBSVM — A Library for Support Vector Machines

LIBSVM

LIBSVMは、サポートベクトルの分類(C-SVC、NU-SVC)、回帰(イプシロン – SVR、NU-SVR)と分布推定(1クラスSVM)のための統合ソフトウェアで、マルチクラス分類をサポートしています。

ソースコードはGitHubにもある。色々な言語へのインターフェイスを用意しているみたいだけど、コアは読めなくもない量だ。
これ、javascriptでも動くのか。Wikipediaによると、Pythonの機械画集ライブラリscikit-learnもこのLIBSVMを利用しているらしい。


スポンサーリンク

関連記事

pythonもかじってみようかと
konashiのサンプルコードを動かしてみた
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
クリエイターのための機械学習ツール『Runway ML』
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
WinSCP
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
畳み込みニューラルネットワーク (CNN:Convolutional Neural Network)
Unreal Engineの薄い本
UnityでARKit2.0
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
CGAN (Conditional GAN):条件付き敵対的生成ネットワーク
3D復元技術の情報リンク集
WordPressの表示を高速化する
OpenCV 3.1のsfmモジュールを試す
WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
プログラミングスキルとは何か?
Verilog HDL
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
このブログのデザインに飽きてきた
Facebookの顔認証技術『DeepFace』
Amazon Web ServicesでWordPress
Google Colaboratoryで遊ぶ準備
OpenCVで平均顔を作るチュートリアル
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
Unityからkonashiをコントロールする
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
オープンソースのロボットアプリケーションフレームワーク『ROS (Robot Operating S...
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
オープンソースの人体モデリングツール『MakeHuman』のAPI開発プロジェクトがスタート
UnityのTransformクラスについて調べてみた
クラスの基本
ブラウザ操作自動化ツール『Selenium』を試す
ArUco:OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

コメント