機械学習手法『SVM(Support Vector Machine)』

久しぶりの機械学習ネタ。

Deep Learningが何かと話題の昨今ですが、実用方面ではSVMやRandom Forestなどの古典的な手法が活躍しているらしい。
それなら、古典を学べば身近なところですぐに応用ができるのではないかと思い始めた。リッチな処理じゃなくて、すごく質素な単純作業か何かが自動化できたら面白いなぁ、と。(機械学習の古典的手法というとむしろニューラルネットワークの方らしいけど)

Random Forestについては前に勉強したからそれなりに理解しているので、今回はSVMについて理解を深めておこうと思う。



この記事に触発されたというのもあります。↓

C++によるSMOを用いたSVMの実装

機械学習の手法にはいろいろありますが、その中でもサポートベクトルマシン(SVM; support vector machine)は高い精度で知られる有名な手法です。
以前C++で多層パーセプトロンを実装したので、今度はSVMをC++で実装してみました。


スポンサーリンク

というか、この記事で非常にわかりやすく解説されているので、もうあんまりやることがない(笑)


スポンサーリンク


SVMのような古典的な手法なら、以前見つけたMLDemosというツールに実装されているので、これをいじって試してみる。
https://blog.negativemind.com/2015/01/09/%e6%a9%9f%e6%a2%b0%e5%ad%a6%e7%bf%92%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6%e7%90%86%e8%a7%a3%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e5%8f%af%e8%a6%96%e5%8c%96%e3%83%84%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%80%8eml/

少し調べてみたら、SVMを実装したLIBSVMっていうメジャーなライブラリがあるみたい。↓

LIBSVM — A Library for Support Vector Machines

LIBSVM

LIBSVMは、サポートベクトルの分類(C-SVC、NU-SVC)、回帰(イプシロン – SVR、NU-SVR)と分布推定(1クラスSVM)のための統合ソフトウェアで、マルチクラス分類をサポートしています。

ソースコードはGitHubにもある。色々な言語へのインターフェイスを用意しているみたいだけど、コアは読めなくもない量だ。
これ、javascriptでも動くのか。Wikipediaによると、Pythonの機械画集ライブラリscikit-learnもこのLIBSVMを利用しているらしい。


スポンサーリンク

関連記事

WordPressのサーバ引っ越し方法を考える
ポリゴンジオメトリ処理ライブラリ『pmp-library (Polygon Mesh Process...
iPhone・iPod touchで動作する知育ロボット『ROMO』
書籍『OpenCV 3 プログラミングブック』を購入
Google App EngineでWordPress
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
機械学習について最近知った情報
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Google Chromecast
Open Shading Language (OSL)
『手を動かしながら学ぶエンジニアのためのデータサイエンス』ハンズオンセミナーに行ってきた
全脳アーキテクチャ勉強会
ディープラーニング
RefineNet (Multi-Path Refinement Network):ディープラーニン...
ニューラルネットワークで画像分類
Multi-View Stereoによる3次元復元ライブラリ『OpenMVS』
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
第1回 3D勉強会@関東『SLAMチュートリアル大会』
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
Python拡張モジュールのWindows用インストーラー配布サイト
WinSCP
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
HD画質の無駄遣い
ニューラルネットワークと深層学習
Seleniumを使ったFXや株の自動取引
OpenCV 3.1から追加されたSfMモジュール
機械学習で遊ぶ
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
Unityからkonashiをコントロールする
U-Net:ディープラーニングによるSemantic Segmentation手法
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
UnityでShaderの入力パラメータとして行列を渡す
仮想関数
Amazon Web ServicesでWordPress
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
画像からカメラの3次元位置・姿勢を推定するライブラリ『OpenGV』
iOSデバイスと接続して連携するガジェットの開発方法
iOSデバイスのためのフィジカル・コンピューティングツールキット『konashi(こなし)』
自前のShaderがおかしい件
OpenCVの超解像処理モジュール『Super Resolution』
書籍『ROSプログラミング』
Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク『OpenFace』

コメント