OANDAのfxTrade API

この前ちょっと調べたシステムトレード系の情報ですが。



調べた直後にQiitaにとても有難い記事が掲載された。
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2
http://qiita.com/haminiku/items/b4b3a4e3c52252e1d7ee
http://qiita.com/haminiku/items/cf2b9a8b3c362b315d93

この記事によると、個人で取引のAPIを叩けるのはOANDAのFXトレードぐらいらしいです。(株は無いのね)
ということで、このQiitaの記事の影響されまくって、OANDAの口座開設申し込みまでしてしまった。


スポンサーリンク


OANDAでは、現在REST、JAVA、FIX、MT4の4つのAPIを提供しているらしい。↓

OANDA fxTrade API のご紹介

OANDA fxTrade API

カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
スタートするために必要な情報        
利用条件

①OANDA Japanに口座をお持ちのお客様で、口座残高が25万円以上ある方
②API契約書の内容に同意していただける方
③プログラムを設計、実装できるだけの専門知識をお持ちの方

OANDA Japanに口座をお持ちのお客様

料金 ①初期費用 無料
②月額利用料金 無料
③必要な口座残高 25万円以上
なし
仕様書(日本語)
※差分がある場合は英語が優先となります。ご了承ください。
RESTAPI仕様書(日本語) なし FIX API仕様書 なし
仕様書(英語 RESTAPI仕様書(英語) Java SDK仕様書(英語) FIX API仕様書(英語) MT4仕様書(英語:β版)
ライセンス契約書 OANDA Japanで口座開設後、fxTradeLoginからログインし、『APIアクセスの管理』を選択し、『RESTAPI』を選択し、パーソナルトークンを発行してください。 OANDA Japanで口座開設後、fxTradeLoginからログインし、『APIアクセスの管理』より『JAVA/FIX API』を選択し、必須項目をご記入の上、お問い合わせください。


スポンサーリンク

後日、接続に必要な情報を送付させていただきます。

MT4ソフトウェアダウンロード時に確認
APIアクセス認証の方法 オンライン・セルフサービス
OS 全て(オンライン) 全て (Java) 全て Windows
アクセス オンライン ソフトウェアをダウンロード オンライン ソフトウェアをダウンロード
利用可能なOANDA拠点 全て 全て 全て 全て
API契約書締結など のサポート 日本語サポートあり 日本語サポートあり 日本語サポートあり ×
プログラムの内容などの技術的なサポート 英語メールでのサポートのみ 英語メールでのサポートのみ 一部日本語サポートあり ×

OANDAの口座開設はすんなり完了したわけだけど、どうやらOANDAのMT4以外のAPIは口座残高が25万円未満だと発行できないらしい。結構初期費用かかるのね。。。

調べてみたら、MT4と書かれているのはMetaTrader 4という有名なFXトレーディングソフトのことらしい。
http://www.metatrader4.com/
Windows, Mac, Linux, iPhone/iPad, Androidに対応してる。
使い方の情報が日本語でもたくさん出てくるので、FXやる人達には基本的な知識なのかも。

そもそもFXというものを理解できていないから、ちゃんと勉強して臨まなければ。

ところで、遺伝的アルゴリズムって機械学習とは別ジャンルなんですかね?


スポンサーリンク

関連記事

AWSでシステムトレード
まだ続くブログの不調
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
書籍『3次元コンピュータビジョン計算ハンドブック』を購入
為替レートの読み方 2WAYプライス表示
Google App Engineのデプロイ失敗
3分の動画でプログラミングを学習できるサイト『ドットインストール』
TeleSculptor:空撮動画からPhotogrammetryするツール
WordPress on Google App Engineを1週間運用してみて
UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
このブログのデザインに飽きてきた
法線マップを用意してCanvas上でShadingするサンプル
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
UnityからROSを利用できる『ROS#』
openMVGをWindows10 Visual Studio 2015環境でビルドする
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
C++ 標準テンプレートライブラリ (STL)
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
Python for Unity:UnityEditorでPythonを使えるパッケージ
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
オープンソースの取引プラットフォーム
PythonでMayaのShapeノードプラグインを作る
書籍『ゼロから作るDeep Learning』で自分なりに学ぶ
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』
CycleGAN:ドメイン関係を学習した画像変換
Model View Controller
Unityの薄い本
WordPressの表示を高速化する
複数画像から3次元形状を再構築するライブラリ『Multi-View Environment』
クラスの基本
Webスクレイピングの勉強会に行ってきた
OpenCVの顔検出過程を可視化した動画
ROSでガンダムを動かす
Windows10でPyTorchをインストールしてVSCodeで使う
Quartus II
PyTorch3D:3Dコンピュータービジョンライブラリ
ROSの薄い本
ブログのデザイン変えました
オープンソースのSLAMライブラリ『Cartographer』
UnityでOpenCVを使うには?
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する

コメント