OANDAのfxTrade API

この前ちょっと調べたシステムトレード系の情報ですが。



調べた直後にQiitaにとても有難い記事が掲載された。
http://qiita.com/haminiku/items/a032d94e4f0d862df2b2
http://qiita.com/haminiku/items/b4b3a4e3c52252e1d7ee
http://qiita.com/haminiku/items/cf2b9a8b3c362b315d93

この記事によると、個人で取引のAPIを叩けるのはOANDAのFXトレードぐらいらしいです。(株は無いのね)
ということで、このQiitaの記事の影響されまくって、OANDAの口座開設申し込みまでしてしまった。


スポンサーリンク


OANDAでは、現在REST、JAVA、FIX、MT4の4つのAPIを提供しているらしい。↓

OANDA fxTrade API のご紹介

OANDA fxTrade API

カテゴリ REST API Java SDK FIX MT4
スタートするために必要な情報        
利用条件

①OANDA Japanに口座をお持ちのお客様で、口座残高が25万円以上ある方
②API契約書の内容に同意していただける方
③プログラムを設計、実装できるだけの専門知識をお持ちの方

OANDA Japanに口座をお持ちのお客様

料金 ①初期費用 無料
②月額利用料金 無料
③必要な口座残高 25万円以上
なし
仕様書(日本語)
※差分がある場合は英語が優先となります。ご了承ください。
RESTAPI仕様書(日本語) なし FIX API仕様書 なし
仕様書(英語 RESTAPI仕様書(英語) Java SDK仕様書(英語) FIX API仕様書(英語) MT4仕様書(英語:β版)
ライセンス契約書 OANDA Japanで口座開設後、fxTradeLoginからログインし、『APIアクセスの管理』を選択し、『RESTAPI』を選択し、パーソナルトークンを発行してください。 OANDA Japanで口座開設後、fxTradeLoginからログインし、『APIアクセスの管理』より『JAVA/FIX API』を選択し、必須項目をご記入の上、お問い合わせください。


スポンサーリンク

後日、接続に必要な情報を送付させていただきます。

MT4ソフトウェアダウンロード時に確認
APIアクセス認証の方法 オンライン・セルフサービス
OS 全て(オンライン) 全て (Java) 全て Windows
アクセス オンライン ソフトウェアをダウンロード オンライン ソフトウェアをダウンロード
利用可能なOANDA拠点 全て 全て 全て 全て
API契約書締結など のサポート 日本語サポートあり 日本語サポートあり 日本語サポートあり ×
プログラムの内容などの技術的なサポート 英語メールでのサポートのみ 英語メールでのサポートのみ 一部日本語サポートあり ×

OANDAの口座開設はすんなり完了したわけだけど、どうやらOANDAのMT4以外のAPIは口座残高が25万円未満だと発行できないらしい。結構初期費用かかるのね。。。

調べてみたら、MT4と書かれているのはMetaTrader 4という有名なFXトレーディングソフトのことらしい。
http://www.metatrader4.com/
Windows, Mac, Linux, iPhone/iPad, Androidに対応してる。
使い方の情報が日本語でもたくさん出てくるので、FXやる人達には基本的な知識なのかも。

そもそもFXというものを理解できていないから、ちゃんと勉強して臨まなければ。

ところで、遺伝的アルゴリズムって機械学習とは別ジャンルなんですかね?


スポンサーリンク

関連記事

UnityでTweenアニメーションを実装できる3種類の無料Asset
TensorSpace.js:ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
iPhone x ロボットハッカソン~RomoのiPhone用SDKで目覚ましアプリを作る~
Structure from Motion (多視点画像からの3次元形状復元)
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
WordPressのテーマを自作する
OpenFace:Deep Neural Networkによる顔の個人識別フレームワーク
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
プログラムによる景観の自動生成
html5のcanvasの可能性
続・ディープラーニングの資料
R-CNN (Regions with CNN features):ディープラーニングによる一般物体...
Unityの各コンポーネント間でのやり取り
Kaolin:3Dディープラーニング用のPyTorchライブラリ
Russian3DScannerのトポロジー転送ツール『WrapX』
Unity ARKitプラグインサンプルのドキュメントを読む
Python.NET:Pythonと.NETを連携させるパッケージ
タマムシっぽい質感
Deep Fluids:流体シミュレーションをディープラーニングで近似する
Super Resolution:OpenCVの超解像処理モジュール
Twitter APIのPythonラッパー『python-twitter』
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
PyDataTokyo主催のDeep Learning勉強会
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
ブログをGoogle App EngineからAmazon EC2へ移行
GoB:ZBrushとBlenderを連携させるアドオン
pythonの機械学習ライブラリ『scikit-learn』
Quartus II
OpenSfM:PythonのStructure from Motionライブラリ
MB-Lab:Blenderの人体モデリングアドオン
動的なメモリの扱い
Raspberry Piでセンサーの常時稼働を検討する
Unity ARKitプラグインサンプルのチュートリアルを読む
openMVG:複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ
Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
ZBrushのZScript入門
機械学習手法『Random Forest』
AfterEffectsプラグイン開発
頭蓋骨からの顔復元と進化過程の可視化
科学技術計算向けスクリプト言語『Julia』

コメント